インプレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社インプレスホールディングス
Impress Holdings, Inc.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 9479
2000年10月6日上場
略称 インプレスHD
本社所在地 日本の旗 日本
101-0051
東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング ※2014年11月25日に移転
設立 1992年(平成4年)4月1日
(株式会社インプレスとして設立)
業種 情報・通信業
事業内容 グループ全体の経営を統轄する持株会社
代表者 唐島夏生(代表取締役社長)
資本金 53億4,102万1千円
売上高 連結:103億55百万円
単独:8億16百万円
(2014年3月期)
総資産 連結:120億11百万円
単独:92億18百万円
(2014年3月31日現在)
従業員数 連結:494名 単独:44名
(2014年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 塚本 慶一郎 28.00%
(有)T&Co. 25.02%
日本トラスティ・サービス信託銀行(株)(信託口) 2.40%
(2014年3月31日現在)
主要子会社 (株)インプレス 100%
(株)リットーミュージック 100%
(株)山と溪谷社 100%
外部リンク http://www.impressholdings.com/
特記事項:2004年10月1日、旧商号・株式会社インプレスから商号変更。
テンプレートを表示

株式会社インプレスImpress Corporation)は、日本のメディア関連企業グループであるインプレスグループの企業。グループの持株会社株式会社インプレスホールディングス。グループの創業者はアスキー共同創業者でもあった塚本慶一郎。グループの主要事業であるコンピュータ関連の雑誌、書籍の制作で知られる。

概要[編集]

「株式会社インプレス」(初代)は、1992年に設立され、インプレスグループの中核会社であったが、2004年に純粋持株会社に移行し、現商号の株式会社インプレスホールディングスに変更した。同時に「株式会社インプレス」(2代)が事業部門を継承して設立されたが、2006年に株式会社インプレスジャパンへ商号変更した。2014年7月、株式会社インプレスジャパンは3社を吸収合併し、「株式会社インプレス」(3代)に商号変更している。

インプレスホールディングスは「株式会社インプレス」(初代)時代の2000年10月に、東証第1部で株式公開(上場)している。

沿革[編集]

  • 1992年4月 - 株式会社インプレス設立
  • 1992年7月 - 株式会社インプレス、株式会社リットーミュージック(1978年4月設立)、株式会社エムディエヌコーポレーション(1992年1月設立)、株式会社ラジオ技術社(1954年5月設立)の4社で、インプレスグループを結成
  • 1993年10月 - 株式会社ラジオ技術社、株式会社インプレス販売に商号変更
  • 1995年10月 - IPG Network, Inc.(後のImpress Capital, Inc.)設立
  • 2000年4月 - 株式会社インプレス販売、株式会社インプレスエイアンドディと合併し、株式会社インプレスコミュニケーションズに商号変更
  • 1999年2月 - 株式会社インプレスを事業持株会社とするグループ経営を開始
  • 2000年4月 - 株式会社クリエイターズギルド設立
  • 2000年10月 - 株式会社インプレス、東京証券取引所市場第一部に上場
  • 2004年3月 - 株式会社リーディングスタイル設立
  • 2004年4月 - 株式会社シンクイット設立
  • 2004年5月 - 株式会社近代科学社設立
  • 2004年6月 - 株式会社近代科学社を子会社化
  • 2004年8月 - 株式会社シンクイットを子会社化
  • 2004年10月 - 株式会社インプレス、株式会社インプレスホールディングスに商号変更し純粋持株会社へ移行。事業を承継する新会社として株式会社インプレス(2代)を設立
  • 2005年3月 - 株式会社編集工学研究所(1987年7月設立)、株式会社メディカルトリビューン(1991年10月設立)を子会社化
  • 2005年8月 - 株式会社ミュージックメディアリサーチ(1983年12月設立)、株式会社モバイルメディアリサーチに商号変更
  • 2005年10月 - 株式会社インプレス(2代)からITニュースサービス事業を分割し、株式会社Impress Watchを設立
  • 2006年4月 - 株式会社インプレス(2代)、株式会社インプレスジャパンに商号変更、事業分割し株式会社インプレスR&Dと株式会社air impressを設立
  • 2006年9月 - 中国に現地法人インプレステクノロジー北京を設立、China Byteグループと提携しImpress Watch中国語版の運営を開始
  • 2006年11月 - 株式会社山と溪谷社の株式を取得、連結子会社化
  • 2007年8月 - 株式会社シンクイットを株式会社インプレスITに商号変更
  • 2008年4月 - 株式会社air impressを株式会社インプレスイメージワークスに商号変更
  • 2008年7月 - 株式会社インプレスR&Dを新設会社の株式会社インプレスR&Dと分割会社(商号変更)の株式会社インプレスビジネスメディアに会社分割
  • 2010年3月 - 株式会社インプレスIT、Impress Capital, Inc.の清算結了
  • 2010年7月1日 - 株式会社モバイルメディアリサーチを株式会社IMAに商号変更
  • 2010年8月 - 株式会社メディカルトリビューンの全事業を新設会社に譲渡し、新設会社が商号を継承。連結子会社から持分法適用会社になる
  • 2010年12月 - 株式会社インプレスイメージワークスの清算結了
  • 2011年5月 - 株式会社クリエイターズギルドを株式の一部譲渡により連結の範囲から除外。
  • 2011年10月1日 - 株式会社Impress Comic Engineを株式会社ICEに商号変更
  • 2011年10月1日 - 株式会社IMAの全株式を譲渡。
  • 2013年2月 - 医療分野から撤退、株式会社メディカルトリビューンの株式を一部譲渡し、非関連会社化
  • 2013年10月 - 株式会社IAD、Style us株式会社を設立
  • 2014年7月1日 - 株式会社インプレスホールディングスと株式会社インプレスコミュニケーションズが会社分割により、グループの経営管理及び販売・物流管理を行う株式会社Impress Professional Worksを新設するとともに、株式会社インプレスジャパンが、株式会社Impress Watch・株式会社インプレスビジネスメディア・株式会社インプレスコミュニケーションズを吸収合併し、株式会社インプレス(3代)に商号変更

グループ企業[編集]

  • 株式会社インプレスホールディングス(グループ戦略の策定、持株会社)
  • 株式会社Impress Professional Works(グループの経営・販売・物流管理)

IT分野[編集]

  • 株式会社インプレス(出版及びパートナー出版事業、ITニュースサービス事業、企業向け雑誌メディア事業)
  • 株式会社インプレスR&D(ICT関連出版事業、マーケティング調査事業)
  • 株式会社IAD(アジア市場向け事業)
  • インプレステクノロジー北京(英普麗斯(北京)科技有限公司)(中国現地法人)

音楽分野[編集]

デザイン分野[編集]

モバイルサービス分野[編集]

  • 株式会社ICE(デジタルコミック配信におけるITコンサルティング及びソリューション事業)
  • 株式会社デジタルディレクターズ(デジタルコンテンツのオーサリング事業)

その他の分野[編集]

  • 株式会社山と溪谷社(登山、スキー、旅行等に関する雑誌・書籍の出版・販売)
  • 株式会社近代科学社(理工学書籍出版事業)
  • Style us株式会社(インターネットメディア事業)
  • Impress Business Development合同会社

過去のグループ企業[編集]

  • 株式会社インプレスIT(2010年3月清算)
  • Impress Capital, Inc(2010年3月清算)
  • 株式会社インプレスイメージワークス(2010年12月清算)
  • 株式会社メディカルトリビューン(2013年2月に独立)
  • 株式会社Impress Watch(2014年7月にインプレスジャパンに吸収合併)
  • 株式会社インプレスビジネスメディア(2014年7月にインプレスジャパンに吸収合併)
  • 株式会社インプレスコミュニケーションズ(2014年7月にインプレスジャパンに吸収合併)

事業分野[編集]

外部リンク[編集]