InternetFAX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

InternetFAX(いんたーねっとふぁっくす)とは、FoIPとも呼ばれる、ファクシミリパケットに変換した上でIP(Internet Protocol:インターネットプロトコル)ネットワークで伝送する技術である。

この項では「InternetFAX」の技術とVoIPとの違いを記述する。その他については関連項目も参照のこと。

概要および経緯[編集]

InternetFAXには、リアルタイム伝送方式と電子メールのような蓄積交換方式とがある。

1995年ごろには、狭い帯域のパケット通信での自然な音声のリアルタイム伝送の研究が盛んに行われ、VoIP技術に目処が立った。次に、狭帯域の遅延のある通信網で静止画像を伝送する、T.37T.38のFAX規格がITU-Tに提案された。

2000年以降、ブロードバンドインターネット接続とともに、ISDNと同じG.711符号化のIP電話サービスが利用されるようになった。そのようなVoIPで、モデムをみなし音声として伝送するものをinbandFAXと呼ぶ。

方式間の比較[編集]

インターネットファクシミリ方式間の比較
ITU-T 別名


通信速度 安定性 リアルタイム 電話網ゲートウェイ 用途 通信先指定 特徴
G.711
インバンド
みなし
音声
方式
9.6
kb/s
以下
保証されてはいない VoIP IP電話 電話番号 FAX端末を選ばない
T.37
Simple Mode
メール
方式
高速 保証されている 遅延が大きい場合がある FAX
専用
ASP 電話番号
メールアドレス
基本的な伝送機能のみ
T.37
Full Mode
送達確認・能力交換などの双方向機能
高精細度・カラー伝送などの付加機能
T.37
ダイレクトSMTP
IPアドレス
方式
通信不可 イントラネット IPアドレス
ドメイン名
同一ローカルネットワーク内で
メールサーバ不要の直接通信
T.38 FoIP 電話網FAXによっては通信不能 FAX
専用
内線電話
NGN
電話番号 internet facsimile protocolパケットで伝送

網構成[編集]

電話網からのFAX発信を、VoIPゲートウェイで音声パケットに変換し、IPで中継するものが、IP電話サービスで利用可能である。

FAX装置 - VoIPゲートウェイ - インターネットプロトコル - VoIPゲートウェイ - FAX装置

電話網からのFAX発信を、InternetFAXゲートウェイでパケットに変換し、IPで中継するものが、内線電話とデータ通信網の統合のために利用されている。

FAX装置 - InternetFAXゲートウェイ - インターネットプロトコル - InternetFAXゲートウェイ - FAX装置

電話網からのFAX発信を、InternetFAXゲートウェイで変換して電子メールで受信する、ASPがある。

FAX装置 - InternetFAXゲートウェイ - インターネット - メールサーバ - 電子メールとして受信

電子メールとして発信し、InternetFAXゲートウェイでファクシミリ信号に変換してFAX装置で受信するものが、同報通信・不達時再送信・時間指定送信などを付加してASPとして提供されている。

電子メールとして発信 - メールサーバ - インターネット - InternetFAXゲートウェイ - FAX装置

ダイレクトSMTP T.37 Full Mode 対応装置間で、同一ローカルネットワークの固定IPアドレスホスト名指定でダイナミックドメインネームシステム(動的グローバルIPアドレス)対応ルーター接続での直接通信が可能である。T.38 対応装置間で、グローバル固定IPアドレスもしくは固定ローカルIPアドレス、SIPよる内線電話番号、NGN網の電話番号での直接通信が可能である。

InternetFAX装置 - インターネットプロトコル - InternetFAX装置


リアルタイム転送方式[編集]

FAX端末間をリアルタイムに接続し、伝送を行うものである。リアルタイム伝送であるので、送信結果の確認が容易である。

G.711インバンド方式[編集]

G.711インバンド方式は、G3ファクシミリのモデム信号をみなし声として伝送するものである。多くのIP電話サービスで利用可能であるが、伝送が保証されているものはない

  • 利点
    • 網側にFAX専用のゲートウェイが不要。
    • 音声のままなのでFAX端末を選ばない。
  • 欠点
    • 9600b/s以下の通信速度となる。
    • パケットの揺らぎやロス・伝送信号レベルの設定の不具合・無音圧縮による信号の頭切れ・エコーキャンセラによる波形の乱れなどにより、伝送時間の増大・通信の切断がおこる場合がある。

情報通信ネットワーク産業協会によって『IP-PBXにVoIP-TAを経由してファクシミリ端末を収容する際のVoIP-TA/ファクシミリ端末ガイドライン』(2007年10月19日制定)が提案された。

ITU-T T.38[編集]

T.38は、画像情報をIPパケット変換してリアルタイム伝送するものであり、ITU-T1998年6月勧告された。

G3ファクシミリのモデム信号をゲートウェイで変換するものが、内線電話IP網に使用されている。PCのFAX送信ソフトウェアや業務用複合機で、SIPよる内線電話番号・IPアドレスで送信可能である。2010年2月1日に、NGN網の電話番号でのFAXサービスのインプリメント仕様を、ソフトフロントが発表した。[1]

  • 利点
    • 9600b/s超える速度での伝送が可能。
    • データだけを転送するので狭い帯域でも送受信が可能。
  • 欠点
    • 電話網と接続する場合、FAX専用のゲートウェイがインターネット網側に必要。
    • 電話網FAX端末の信号方式によっては通信不能となる場合がある。
    • 信号の伝送遅延等により送受信が正常終了しないことがある。

蓄積交換方式[編集]

蓄積交換方式は、FAXの画像データ電子メールの添付ファイルに変換しメールアドレスを指定してSMTPで伝送するものである。

T.37ゲートウェイ・メールサーバオンラインストレージを組み合わせたASPが提供されている。ダイナミックドメインネームシステムダイレクトSMTPによりドメインネームで動的グローバルIPアドレスを直接指定し、リアルタイムのT.37 Full Mode 通信画可能な機器がある。

  • 利点
  • 欠点
    • 相手先に到達するまでの遅延時間が大きくなる場合がある。

ファクシミリ関連電気通信サービス[編集]

電話網からインターネット網への着信のみファクシミリ関連電気通信サービス
商標
企業
付与される電話番号 ファイル形式 保存容量 特徴
TIFF PDF
D-FAX[1]
東京テレメッセージサービス
020- 1,050円/年間 7日前までの送信ファイルの閲覧 1,050円/年間 発信者付加課金無線呼出しに付加
F@xEm@il[2]
(技研商事インターナショナル)
03-
120都市
ひかり電話FAXお知らせメール[3]
NTT東日本NTT西日本
ひかり電話の追加番号 × 10MB
電話網からインターネット網への着信とインターネット網から日本国内の電話網への発信とのファクシミリ関連電気通信サービス
商標
(企業)
付与される電話番号 受信ファイル形式 送信ファイル形式 保存容量 特徴
TIFF JPEG PDF TIFF JPEG PDF Word Excel Power Point text
KDDIペーパレスFAX[4]
KDDI
050- × × 100MB(100MB追加525円) ボイスメール・Webメール機能あり
BizFAXストレージ&リモート[5]
NTTコミュニケーションズ
050- PC :携帯 Shift-JIS 100MB(追加可能)
ToonesインターネットFAX[6]
(Karigo)
× × × × × × 番号ポータビリティ受け入れ可能
どこでもMyFAX[7]
ヤマトシステム開発
03- 050- 0120- × × × × 1ヶ月間
BIZBOX FAX[8]
東芝ファイナンス
× × × × × × × × 50MBまで無料 法人向け
Fax2Mail[9]
(エクスパダイト)
03- ×
FleaFAX[10]
(コヴィア・ネットワークス)
03- 050- × × × × × × × ×
Message+(メッセージプラス)[11]
(アクセルコミュニケーションズ)
050- × × 100MB/(オフィスパック200MB) ボイスメール・WEBメール機能あり
電話網からのインターネット網への着信とインターネット網から日本国内外の電話網への発信とのファクシミリ関連電気通信サービス
商標
(企業)
付与される電話番号 受信ファイル形式 送信ファイル形式 保存容量 特徴
TIFF JPEG PDF TIFF JPEG PDF Word Excel Power Point text
BizFAX スマートキャスト[12]
NTTコミュニケーションズ
26桁の特殊な専用番号 × × NTT東日本・西日本の電話料金と合算で支払い可能
eFax[13]
(j2 Global Japan)
世界46カ国、3,500都市の番号 × ×
InterFAX[14]
(ドゥイット)
03- 0120- 0800- ×
TransAct[15]
(トランザクト)
03- × WindowsアプリケーションからのFAX送信可能
faximo[16]
(エディックワークス)
03- × ×
FAXCAST[17]
(創心企画)
03- × × × × × × × × WindowsアプリケーションからのFAX送信可能
PamFax[18]
(PamConsult)
世界31カ国の番号 × × Basic 30日 Pro 無制限
HelloFax[19]
(JN PROJECTS)
米国
PHYTTER FAX[20]
(Interush)
03- 米国 × ×
myfax[21]
(j2 Global Communications)
米国
インターネット網から日本国内の電話網への発信のファクシミリ関連電気通信サービス
商標 企業 送信ファイル形式 特徴
TIFF JPEG PDF Word Excel Power Point text
AIFnetwork[22] アイナス
@Tovas[23] コクヨ Windowsクライアントアプリケーションから送信
BizFit Office[24] パナソニック電工インフォメーションシステムズ ×
インターネット網から日本国内外の電話網への発信のファクシミリ関連電気通信サービス
商標 企業 送信ファイル形式 特徴
TIFF JPEG PDF Word Excel Power Point text
FNX[25] ネクスウェイ
faximoSilver[26] エディックワークス ×
BIGLOBEメールFAX配信サービス[27] NEC

InternetFAX専用機器[編集]

InternetFAX装置[編集]

InternetFAX装置は、IPの回線に接続し電子メールを直接発着信できるFAXである。業務用の複合機の付加機能として提供されているものが多い。

InternetFAXゲートウェイ[編集]

InternetFAXゲートウェイは、電話網に接続したファクシミリ端末の信号をIPに変換(オンランプ)、IPの信号をファクシミリ端末信号に変換(オフランプ)する機能を持った機器である。G3, Super G3 のみに対応しているものがほとんどである。

FAXモデムイーサネットインターフェースとして実装している。拡張機能をソフトウェアとして実装している。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]