縁起物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
蕎麦年越し蕎麦引越し蕎麦などとして食される
は「めでたい」に通じる

縁起物(えんぎもの)とは、よい事があるようにと祝い祈るための品物。

日本の縁起物[編集]

五穀豊穣、大漁追福、商売繁盛、家内安全、無病息災、安寧長寿、夫婦円満、子孫繁栄、祖先崇拝や招福祈願、厄除祈念や「ハレ」に纏わる物など多岐に渡る。また、祭礼縁日などの寺社参道境内門前町鳥居前町において参詣者に授与・販売する歴史的、文化的背景のあるものを指す。日本古来の物として特殊な例としては祭りなどで選ばれた福男なまはげなどの演者、力士など依り代になった人も縁起物とされる。時節による滋養強壮の目的で長寿や薬事効果を期待して食された物として鰻や初鰹なども縁起物といえる。仏教密教ヒンドゥー教などのインド文化を起源とするものや五節句二十四節気など中華文明風俗習慣を起源に持つ物も存在し、それらが日本古来の神道と渾然一体となっているものもある。(具体的には七福神の一柱である「大黒」はヒンドゥー教を起源とし、日本には大乗仏教の「大黒天」と、密教の「大黒天」と、神道の神である大国主命と仏教の大黒天が神仏習合した「大黒様」と、三つの神仏が存在し姿も意味合いもそれぞれ違うものである。)

社寺、境内などで参詣人に販売・授与する物[編集]

別名「牽牛」(花は「牽牛花」)というが、これは、その種(牽牛子)が薬として非常に高価で珍重されたため、種を贈られた者はを牽いて御礼をしたという、古い中国の謂れである。平安時代に日本にも伝わり、牽牛子は百薬の長として珍重された。
その後江戸時代には、牽牛との逢瀬を願う織女になぞらえて「朝顔姫」などと呼ぶことが一般的になり、花が咲いた朝顔は「彦星」と「織姫星」が今年も出会えたしるしとして、縁起の良いものとされた。
お盆の起源は仏教に由来する盂蘭盆会であるが、日本では古来の先祖崇拝精霊崇拝の要素を取り込んで、現在のいわゆる「お盆」の形になった。ほおずきは漢字で「鬼灯」と書き、先祖の霊(「鬼」の字義のひとつ)が迷わず帰ってこられるように導く灯りの象徴として、精霊棚に供えられる。

祭礼[編集]

祭り・興行[編集]

  • 神輿
  • 山車(だし)
  • 福男・福娘
  • 力士
  • その他祭りで特別に選ばれた役柄を担う者や神事のなかで競技に勝ち残った者や神の依り代となった者など。

祭礼[編集]

  • 紅白
  • 水引
  • 祝儀
  • 祝儀袋
    • 折紙(古式折り紙)
    • 干しアワビの熨斗(のし)
  • 角樽(つのだる)
  • 幣串(へいごし・へいぐし) - 上棟式(棟上式・建前)の棟上終了後に屋根木組みと呼ばれる部分に取り付ける。家や家族の様々な幸福や厄除けを願う物であり、角材に祝上棟などと書き込み紅白の古式折り紙や紙製の扇、金箔銀箔またはそれらに代わる金、銀紙などで装飾された物。
  • 結納 - 詳しくは結納を参照。
    • 鰹節 - 勝男武士と書く。
    • スルメ - 寿留女と書く。
    • 干しアワビ - 長熨斗(ながのし)「熨斗鮑」と同じ。古来アワビは百年生きると考えられており、そのアワビ干物にして、紐状に途切れることなくきった物をさらに長く伸ばすことから長寿を願った。
    • 昆布(コンブ) - 子生婦とも表記し子孫繁栄を表す。
    • 麻の糸(関東)・高砂人形(関西) - 白髪に見立て末永く夫婦円満という意味。
    • 指輪目録 - 関西では目録は品に含まれずその代わりに指輪が入る。
    • 酒樽 - 柳樽ともいい家内喜多留と書く。
    • - 末広がりを意味して。
  • 富士山 - 古くから富士山は神道による霊峰とされており江戸時代にはその「霊験あらたか」に肖ろう(あやかろう)と庶民が挙って(こぞって)富士詣(ふじもうで)を行った。様々な理由で富士詣が出来ない人々のために神社などにおいて富士塚と呼ばれる縮小版の富士山に見立てた小山が作られ、頂上には実際と同じく鳥居などが設けられた。またこの富士信仰から富士見という地名が富士山を望める日本各地に残されている。

節句・節気[編集]

1月[編集]

2月[編集]

  • 節分(2月3日) - が入らないための結界と追い出すための道具
    • 大豆 - 鬼に豆をぶつけ邪気を追い払う
    • 柊鰯 - 邪気の侵入を防ぐ飾り

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

  • 恵比寿講(10月19日・20日) - 五穀豊穣と大漁祈願の祭事
    • 大根牛蒡(ゴボウ)などの根菜
    • (恵比寿は漁業の神でもある)

11月[編集]

12月[編集]

芸能[編集]

[編集]

演奏[編集]

  • お囃子 - 祭りやおめでたい時やハレ(晴れの席、晴れの日)に演奏されるもの。
  • 和太鼓

舞踊り・神楽[編集]

曲芸太神楽[編集]

食物[編集]

飲み物[編集]

食べ物[編集]

  • - 寿司と書く。
  • べっこう飴
    • 飴全般 - 「福あめ」など決まった時節に食べると風邪を引かないといわれる。
  • 串柿

青物・穀物[編集]

御節料理の赤く染められたチョロギと黒豆煮
  • 米俵
  • 豆全般 - 「豆に生きる」や「豆々しく働く」
  • 搗栗(カチグリ) - 干したクリを搗(つ)いて殻と渋皮を除去したもの。「勝ち栗」として武家の縁起物。
  • 蓮根(レンコン) - 呼吸管の穴から先が見通せると考えた。
  • 千代呂木(チョロギ) - シソ科の植物の根。長老喜とも表記し長寿を齎すといわれる。

水産物[編集]

  • 海苔 - かつて運草と呼ばれ、希少なものであったことから、現在でも神饌、中元、歳暮、出産祝いその他で多く用いられている。
  • (ウナギ)
  • 初鰹(はつがつお)
  • - 「めでたい」とタイを掛けた。
  • 鯨肉 - 古くは宮廷公家が薬事効果を期待し食していたが、戦国時代には鯨呑が「国を飲み込んで併合・吸収合併する」と言う意味や鯨波の声{鬨の声(ときのこえ)と読み意味も同じ}が「戦いに勝つ」という意味や鯨吼が「轟き渡る」という意味などから戦国武将に好まれ武家の間でも珍重され、江戸時代には組織捕鯨の隆盛と共に庶民の縁起物として広く節気などに食されるようになった。
  • 伊勢海老 - 腰が曲がっていることから年老いた人の喩えで長寿を表す。
    • 海老・蝦全般
  • (アワビ)
  • 昆布 - 喜ぶ(よろコンブ)、子生婦(こうぶ)

その他[編集]

  • - 盛り塩

現象[編集]

行為[編集]

  • 火・火花 -送り火、迎え火。火打石。花火。護摩焚き。
  • 笑い - 「初笑い」や「笑う門には福来る」という表現から。
  • 茶柱 - 茶をいれた時に葉や茎が垂直に立つ現象をさす。
  • 一富士二鷹三茄子 - いちふじにたかさんなすびと読む。初夢でこれらを見ることが出来れば縁起がいいとされる。
  • 年を重ねること - 還暦(60歳)、喜寿(77歳)、傘寿(80歳)、半寿(81歳)、米寿(88歳)、卒寿(90歳)、白寿(99歳)、百寿(100歳)、茶寿(108歳)、大還暦(120歳)、天寿(250歳)

気象[編集]

人・動物・植物[編集]

[編集]

動物[編集]

  • 実在の生き物
    • 金魚
    • 玉虫(タマムシ
    • 黄金虫(コガネムシ
    • 白蛇・蛇の脱皮した皮(財布にいれると蓄財ができるといわれる)
    • カエル - 「無事帰る」と言う言葉に掛けて、ただし生きているカエルより置物などとしてその効果が期待される。
    • - 「た(他)を抜く」の語呂合わせから商売繁盛の縁起物として店先などに狸の置物が置かれる。
    • 干支(十二支)
  • 伝説上の生き物
    • 獅子(しし)
    • (たつ)
    • 麒麟(キリン)
    • (シャチホコ)
    • 狛犬
    • シーサー
    • 赤べこ
    • 青龍朱雀白虎玄武 - ちらし寿司の青、赤、白、黒を表す四色の具材は、これらの方位の神または四季を表現しているといわれる。またこれに黄龍を表す黄色の具材を加える場合もあり、五色で宇宙全体を表現する。
    • 黄鮒

植物[編集]

宝飾品・道具[編集]

鉱物・貴石[編集]

道具[編集]

  • 打出の小槌
  • 大判小判
  • 飾り駒
  • 千代紙
  • サイコロ - どこに転がっても必ず目が出ることから、「芽が出る」につながり縁起物とされる。
  • 釣竿釣針 - 日本においては釣竿と釣針(弓矢も同様)は古くは狩りとしての使用から「サチ()」といい「サ」は箭()の古い読みで矢や釣り針を意味し、「チ」は霊威を示し、釣竿と釣針・弓矢は霊力を持つ狩猟具であった。また恵比寿が携える狩猟具としても知られる。
  • 手拭 - 手拭の始まりは平安時代に神事としての儀式に用いられた装身具であり、現在の祭りや神事にも引き継がれている。また江戸時代には祝儀としての金品の代表的なものであり、縁起にかかわる絵柄があしらわれたものは縁起物として扱われた。
  • 弓矢 - 山幸彦は昔話としても広く知られる弓矢を用いる狩りの神。「幸(さち)」が「弓矢・釣竿と釣針」を示したり、狩りの獲物や漁の獲物を指す「山の幸・海の幸」を表す謂れとなる物語の海幸彦と並ぶ主人公である。
    • 祭り矢・祭り弓 - 五穀豊穣を願い行われる日本各地にのこる神事であり祭り。
      • 的矢 - 祭り矢・祭り弓を起源とし、江戸時代には市や縁日が立つ参道や境内、門前町で出店や夜店として、弓矢を使い的に当て、的の位置や種類により、商品や賞金が振舞われ、庶民はこれを縁起担ぎとして楽しんだ。
    • 葦の矢・桃の弓 - 大晦日に朝廷で行われた追儺(ついな)の式で、を祓う為に使われた弓矢の事で、それぞれ葦(アシ)の茎と桃の木で出来ていた。
    • 破魔矢・破魔弓 - はじまりは正月に行われたその年の吉凶占いに使う弓矢。後に、家内安全を祈願する幣串と同じように、家の鬼を祓う魔除けとして上棟式に小屋組に奉納される神祭具の事で、近年では破魔矢・破魔弓ともに神社などの厄除けの縁起物として知られる。
    • 蓬矢(ほうし)・桑弓(そうきゅう) - それぞれ、蓬の矢(よもぎのや)・桑の弓(くわのゆみ)とも言い、男の子が生まれた時に前途の厄を払うため、家の四方に向かって桑の弓で蓬の矢を射た。桑の弓は桑の木で作った弓、蓬の矢は蓬の葉で羽を矧いだ(はいだ)矢。
    • 弓を鳴らす - 鳴弦とも言い、の弦を引いて鳴らす事により悪霊や魔や穢れを祓う行為。弓鳴らし・弦打ちともいう。
    • 弓を引く - 反抗や謀反(むほん)や楯突くことであるが、本来は鳴弦のことで弓の弦を引いて鳴らす事により悪霊や魔や穢れを祓う行為。

日本以外[編集]

中国の縁起物[編集]

東南アジアの縁起物[編集]

欧米の縁起物[編集]

ネイティブアメリカンの縁起物[編集]

関連項目[編集]

価値観・概念[編集]

祭礼[編集]

時節や縁起に係わる商売[編集]