Portal:神道

ナビゲーションに移動 検索に移動
Haiden of Izumo-taisha-1.JPG

ウィキポータル 神道神道・日本の民間信仰に関連したカテゴリと項目への入口です。

神道に関連した項目を探す目的として開設・維持されています。このページは、どなたでも編集できます。

秀逸な記事より

Wikipedia:良質な記事より>

玉置神社本社本殿

玉置神社(たまきじんじゃ)は、奈良県吉野郡十津川村にある神社大峰山系霊山の一つである玉置山の山頂直下の9合目に位置し、大峯奥駈道の靡(なびき)のひとつである。社務所および台所、梵鐘は国の重要文化財。境内地の杉の巨樹群は奈良県の天然記念物2004年7月に登録されたユネスコ世界遺産紀伊山地の霊場と参詣道』の構成資産・大峯奥駈道の一部。社伝の『玉置山縁起』では崇神天皇によって崇神天皇61年(紀元前37年)に、熊野本宮和歌山県田辺市本宮町)とともに創建されたと伝えられ、古来より十津川郷の鎮守であった。しかし、『旧事紀』には崇神天皇61年の記事はなく、玉置神社のことも伝えられていない一方で、『水鏡』伝の新宮創祀と同年であることから作為と考えられ、創建年代は不詳である。『玉置山縁起』をはじめとする社伝は、玉置山山頂近くに露頭する玉石を神体とする末社玉石社を玉置の称の由来とし、地主神または奥の院と位置づけており、山容を神奈備として崇拝することが起源であったと考えられている。玉置山を熊野三山の奥の院と称するのは江戸時代中期頃に初見され、寛政年間の玉置山別当高牟婁院宛沙汰書は「玉置山之儀熊野三山奥院格別の由緒ニ付」と記し、『紀伊続風土記』は熊野本宮に玉置神社の遥拝所があったと伝える。・・・全部読む


編集

注目の項目

紙垂を備えた祠(富士山

(ほこら)とはを祀る小規模な殿舎。語源は神道用語の「ほくら(神庫、宝倉)」の転訛という。小祠(しょうし)、小堂(しょうどう)とも。もともとは古神道に由来する信仰であるが、神仏習合によって道祖神に関連した地蔵菩薩など)も祀るようになった。神社と異なり鳥居はないか、あっても非常に小規模なものに過ぎない。社殿は木製の他、石造の場合もある(それぞれ木祠(もくし)、石祠(せきし)と呼ぶ場合もある)。多くは切妻屋根を備え、厨子に見られるような観音開きの戸を開けると内部に仏像神像などが収められている場合がある。 ・・・全部読む

編集 過去

注目の神社

本殿

鵜戸神宮(うどじんぐう)は、宮崎県日南市にある神社である。旧社格官幣大社で、現在は神社本庁別表神社に指定されている。日向灘に面した断崖の中腹、東西38m、南北29m、高さ8.5mの岩窟(海食洞)内に本殿が鎮座し、参拝するには崖にそって作られた石段を降りる必要があり、神社としては珍しい「下り宮」のかたちとなっている。創祀の年代は不詳であるが、古代以来の海洋信仰の聖地で、社伝によれば、本殿の鎮座する岩窟は豊玉姫が主祭神を産むための産屋を建てた場所で、その縁により崇神天皇の御代に上記6柱の神を「六所権現」と称して創祀され、推古天皇の御代に岩窟内に社殿を創建して鵜戸神社と称したと伝える。 ・・・全部読む

編集 過去

今月の祭

激しく荒々しい大行燈の喧嘩が津沢夜高あんどん祭の醍醐味。

津沢夜高あんどん祭り(つざわよたかあんどんまつり)は、富山県小矢部市津沢地区で行われる夜高祭(田祭り)であり、小矢部三大祭の一つである。毎年6月の第一金曜日と土曜日に行われる。また、木曜日夕方より前夜祭が行われる。山車、連楽(れんがく、田楽(でんがく)ともいわれる)、釣り物を組合せた高さ約7m、長さ約12mの大行燈7基・中行燈6(5)基・小行燈8(9)基の夜高行燈が両日午後7時より街を練り廻す。1日目には夜高行燈の出来栄えを競い合う「夜高あんどんコンクール(全行燈)」と、大行燈7基を対象とした「釣り物コンクール」が行われる。 ・・・全部読む

編集 過去

神道関連ニュース

編集

お知らせ

編集

執筆・加筆依頼

神社

文書

人物

行事・修行

文学・芸術

その他



追加

新着項目

( 探す(新着/移動) | 更新 )

新規記事作成後は索引にも追加してください。

過去ログはこちらから

category:日本の神

古典の神

造化三神天御中主尊神皇産霊尊高皇産霊尊) ・ 国常立尊(くにのとこたち) ・ 伊弉諾尊(いざなぎ) ・ 伊弉冉尊(いざなみ) ・ 天照大神須佐之男命(すさのを) ・ 大国主饒速日命(にぎはやひ) ・ 瓊瓊杵尊(ににぎ) ・ 事代主神(ことしろぬし) ・ 木花開耶姫(このはなさくやひめ) ・ 猿田彦命少彦名命(すくなひこな) ・ 豊受媛神(とようけひめ) ・ 彦火火出見尊(ひこほほでみ) ・ 日本武尊(やまとたける)

著名な神

稲荷神春日神八幡神浅間神神明宗像三女神住吉三神

習合神

弁才天市杵嶋姫) ・ 牛頭天王素戔嗚) ・ 金毘羅大物主) ・ 山王権現大山咋神) ・ 秋葉権現軻遇突智) ・ 熊野権現熊野神

民間信仰の神

七福神えびす龍神荒神屋敷神海神山神風神竃神金神道祖神地主神水神田の神年神火の神船霊疫病神水分神雷神式神

人物神

現人神天皇御霊崇道天皇菅原道真豊臣秀吉徳川家康楠木正成

category:日本の神 (人物神)

神話

古事記』 ・ 『日本書紀』 ・ 『先代旧事本紀』 ・ 『風土記』 ・ 『古語拾遺』 ・ 『帝紀』 ・ 『旧辞

category:日本神話
category:日本神話の人物

文献

古事記』 ・ 『日本書紀』 ・ 『延暦儀式帳』(『皇大神宮儀式帳』 ・ 『止由気神宮儀式帳』) ・ 『先代旧事本紀』 ・ 『風土記』 ・ 『古語拾遺』 ・ 『新撰姓氏録』 ・ 『延喜式』(『延喜式神名帳』)

Category:神道の文献

基礎観念と教学

太陽神アニミズムシャーマニズム民俗学マナ修祓ハレとケ荒魂・和魂一霊四魂忌み分霊勧請言霊数霊神勅祖霊高天原黄泉根の国鎮魂魂振まれびとむすひ明浄正直神道の他界観国学本地垂迹神仏分離習合神儒一致神国言挙げ和歌三種の神器滝行葦原中国坐禅神代文字神託託宣神籬祖先崇拝厄年八方除け願掛七五三賽銭

category:神道

祭祀者と思想家

神官神職神宮祭主出雲国造神主頭屋社僧社家宮司禰宜権禰宜祠官国造紀国造祝 (神職)祝部別当巫女シャーマン神道家先達御師宮座神人

人物

度会家行吉田兼倶山崎闇斎本居宣長平田篤胤千家尊福柳田国男

category:神道に関連する人物

信仰

教派

前近代

古神道伊勢神道吉田神道山王神道垂加神道修験道村山修験富士講土御門神道復古神道三輪流神道法華神道吉川神道両部神道

category:神道の流派

近現代の教派

神道系新宗教

天理教ほんみちほんぶしん生長の家世界救世教ワールドメイトパーフェクト・リバティー教団大和教団

category:神道の教派 category:日本の宗教団体

神社

Category:神社

神社一覧

神社一覧
日本の神社一覧
Category:外地の神社

著名な神社

愛宕神社熱田神宮伊勢神宮厳島神社出雲大社石清水八幡宮宇佐神宮大神神社春日大社鹿島神宮香取神宮賀茂御祖神社賀茂別雷神社北野天満宮貴船神社熊野三山金刀比羅宮諏訪大社鶴岡八幡宮日光東照宮日吉大社氷川神社富士山本宮浅間大社伏見稲荷大社松尾大社明治神宮八坂神社靖国神社

広く分布する神社

秋葉神社浅間神社愛宕神社稲荷神社鹿島神社春日神社香取神社加(賀)茂神社貴船神社熊野神社護国神社神明神社住吉神社諏訪神社天満宮東照宮白山神社八王子社八幡宮日吉神社(日枝神社)氷川神社八坂神社(祇園神社)

神社建築

鳥居鎮守の森手水舎神楽殿絵馬堂狛犬燈籠神饌殿斎館随神門境内参道玉垣舞殿別当神宮寺宝物殿神輿庫仮殿神座富士塚

Category:神社建築

神器・神体・神宝

神器神体神宝絵巻神像勾玉神木神奈備磐座禁足地神札御守神棚幣帛
三種の神器十種神宝
依り代
神道曼荼羅影向図

祭祀と祭礼

神事祝詞式年祭新嘗祭月次祭神嘗祭
参拝拍手縁日恵方みくじ
祭具御幣注連縄玉串大麻形代
神幸祭神輿鳳輦御旅所山車山鉾だんじり太鼓台
神饌直会絵馬賽銭神馬幣帛
斎戒修祓
流鏑馬相撲猿楽獅子舞博打神楽神楽歌雅楽
御田植祭田遊び

category:神祭具 category:日本の祭り

各地の祭礼

日本の祭一覧
嘉吉祭式年造営御柱大祭神宮式年遷宮祇園祭貴船祭葵祭山王祭天王祭和霊大祭

生活と祭礼

神棚神札神宮暦厄年八方除け願掛六曜七曜
産神初宮詣神前結婚神葬祭祖先祭祀地鎮祭上棟祭
正月行事初詣初午酉市夏越の祓十日戎風祭春祭夏祭秋祭

国家祭祀

天皇宮内庁宮中三殿賢所勅祭皇室祭祀天皇陵
祈年祭大嘗祭新嘗祭鎮魂祭大祓歳旦祭元始祭皇室の式年祭

Category:皇室の儀式 Category:日本の陵墓

制度・行政

官社社格

古代

神祇伯神祇官延喜式斎院斎宮神階(神位) ・ 神宮寺神祇令神名帳神封戸神郡名神大社式内社式外社

category:国史見在社 category:式内社 category:名神大社

中世・近世

寺社奉行神道方社家奉行神祇官代諸社禰宜神主法度神宮伝奏例幣使朱印地・黒印地
一宮総社二十二社

category:一宮 category:総社

近代

神祇官宣教使教部省社寺局神社局神祇院神道事務局大教院宮内省
神仏分離神社改正大教宣布教導職氏子調神社合祀
近代社格制度指定護国神社制度神饌幣帛料供進制度

category:近代社格制度 category:護国神社

現代

神道指令
神社本庁皇學館大学國學院大學別表神社宮内庁
神道政治連盟

category:別表神社

その他のウィキポータル