富士塚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

富士塚(ふじづか)は富士信仰に基づき、富士山に模して造営された人工である。江戸時代には一般的に「お富士さん」などと呼ばれ親しまれていた。一方、現代では「ミニチュア富士」(ミニ富士)とも呼ばれている。

概要[編集]

富士塚の造営方法は基本的には通常の人造の山(築山)と同様であるが、中にはすでに存在する古墳を転用して富士に見立てたものや、富士山の溶岩を積み上げたものもある(全てではなくとも、目立つところに設置したりなど)。富士信仰では自然の地形の山を富士山に見立てることも多いが、本項では前述の人工の山や塚あるいは丘や古墳を転用したものなど一般的な富士塚を主に扱う。なお、富士塚の名称としては後ろに富士を付して、「○○富士」のように呼ばれることがある(本項以下で述べる富士塚の例を参照)。

浅間神社の境内にあり、また本物の富士山の山頂にある浅間神社奥宮に対応するように、こちらの山頂にも宮が設けられる。関東地方を中心に分布する。富士山の山開きの日(現在では7月1日)に富士講が富士塚に登山する習慣がある。基本的に富士塚の上から富士山をのぞむことができるように築造されるが、近年の家屋の高層化に伴い富士山を直接視認できるものはほとんどない。近年では劣化を防ぐため普段は立ち入ることができない富士塚も多いが、前述の富士山の山開きに合わせて6月末 - 7月初め、あるいは催事などの際に登ることができるものもある。登山道に見立てて付いている通路に沿って「一合目・二合目……」と、富士山に登る思い入れを込めて登れば、神々しく有難く、霊験あらたかであるともされており[1]、富士信仰の文化が現在も脈々と受け継がれている。

現代に残る多くの富士塚の中でも江古田の富士塚(東京都練馬区小竹町茅原浅間神社境内)[2]豊島長崎の富士塚(同豊島区高松の富士浅間神社境内)[3]下谷坂本の富士塚(同台東区下谷小野照崎神社境内)[4]木曽呂の富士塚埼玉県川口市東内野)[5]の4基の富士塚が国の重要有形民俗文化財に指定されている。

歴史[編集]

江戸名所図会』に描かれいる高田冨士

富士塚は、1780年安永9年)に高田籐四郎(日行)が江戸の高田水稲荷の境内に建てたものが最古であるとされる[2]。この富士塚は文化財となっており、富士講や富士信仰を知る上で重要な史蹟であったが、1964年昭和39年)頃に早稲田大学のキャンパスを拡張(現在の早稲田大学9号館)する際に破壊され、近隣の水稲荷神社に移築されている(現在は富士講が行なわれる日にのみ入ることができる)[6]。一方で、当時の場所に現存する富士塚としては東京都渋谷区千駄ヶ谷鳩森八幡神社の千駄ヶ谷富士(後述の江戸八富士の一つ)が都内最古のものとなっており、東京都の有形民俗文化財にも指定されている[7]

江戸時代の中期に富士信仰が盛んになると、江戸を中心に多くの富士講が生まれ、それに伴い富士塚も多数つくられ、現在東京都内には約50か所に存在するとされる[2]。 当時は「江戸八百八町講中八万人」と言われ、江戸市中の有名な富士塚は特に「江戸八富士[注 1]と呼ばれた。また、各地に点在する富士塚は庶民から「お富士さん」などと呼ばれ親しまれていた。

寛政12年(1800年)に、富士講の一派である「丸参講」によって、現在の埼玉県川口市東内野に築造された「木曽呂の富士塚」は埼玉県では最古のものとされ、盛土による塚の頂上に「火口」がみられるほか、築造当時は胎内くぐりの穴もみられたという[5]

文政11年(1828年)に、富士講の一派である「入谷東(山東)講」によって、現在の東京都台東区下谷に「下谷坂本の富士塚」が築造され、富士山の溶岩に覆われた塚の登山道に合目石がみられ、一合目の岩屋には役行者像、五合目には富士講の祖とされる角行の像を祀る石祠がみられる[4]

天保10年(1839年)に築造された江古田の富士塚は、文化年間(1840年から1817年)の築造ともされるが、富士山の溶岩に覆われた塚の頂上に唐破風屋根の石祠がみられるほか、経ケ嶽・太郎坊・小御嶽神社の石碑、大天狗・小天狗・神猿などの石像がみられる[2]

文久2年(1862年)には、富士講の一派である「月三講」(椎名町元講)によって、現在の東京都豊島区高松に「豊島長崎の富士塚」(高松富士)が築造され、富士山の溶岩に覆われた塚の頂上に石祠がみられるほか、多くの石碑や他の講碑がみられ、現在はその中に明治期以後の講碑もみられる[3]

主な富士塚[編集]

江戸七富士[編集]

江戸七富士と呼ばれる七つの富士塚があり、「江戸七富士巡り」が実施されている[8]

  • 品川富士(品川神社境内)
  • 千駄ヶ谷富士(鳩森八幡神社境内)
  • 下谷坂本富士(小野照崎神社境内) - 重要有形民俗文化財「下谷坂本の富士塚」
  • 江古田富士(茅原浅間神社境内) - 重要有形民俗文化財「江古田の富士塚」
  • 十条富士(富士神社境内)
  • 音羽富士(護国寺境内)
  • 高松富士(富士浅間神社境内) - 重要有形民俗文化財「豊島長崎の富士塚」

ギャラリー[編集]

重要有形民俗文化財[編集]

その他の富士塚[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「江戸八大富士」とも。

出典[編集]

  1. ^ 『算法表現論』p.56
  2. ^ a b c d 江古田の富士塚(文化遺産オンライン)
  3. ^ a b 豊島長崎の富士塚(文化遺産オンライン)
  4. ^ a b 下谷坂本の富士塚(文化遺産オンライン)
  5. ^ a b 木曽呂の富士塚(文化遺産オンライン)
  6. ^ a b 都内の富士塚
  7. ^ 境内設置案内板「東京都指定有形民俗文化財 千駄ヶ谷の富士塚」(東京都教育委員会、昭和57年 (1982年) 3月31日設置)
  8. ^ 江戸七富士巡り(「各地の霊場」木の村・コレクション)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]