近藤富蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

近藤 富蔵(こんどう とみぞう、文化2年5月3日1805年5月31日) - 1887年明治20年)6月1日)は旗本近藤重蔵(近藤守重)の長男として生まれる。諱は守真(もりざね)。一家殺傷事件により八丈島流罪になり、井伏鱒二の『青ヶ島大概記』の種本となった『八丈実記』を著した。

事件の発端となった目黒新富士。広重画。父の重藏が鎗ヶ崎の三田用水沿いに築山し、観光名所になった。鎗ヶ崎の西側(代官山駅近く)に先に富士講用の山があったため、そちらが目黒元富士、こちらが新富士と呼ばれた。現在は、中目黒駅恵比寿駅の中間辺りにある別所坂渋谷区)の公園内に石碑が残るのみで、跡地はマンションになっている。

経歴[編集]

富蔵は、千島択捉島の探索をした近藤重蔵の息子として生まれたが、幼少のころから素行が悪かったという[1]。父親は本宅のほかに、三田村鎗ヶ崎(現在の中目黒2-1)に広大な遊地を所有しており、文政2年(1819年)に富士講の信者たちに頼まれて、その地に富士山を模した山(富士塚)を造園した[2][3]。目黒新富士、近藤富士、東富士などと呼ばれて参詣客で賑い、門前には露店も現れた[2]。この新富士の管理を父親から任された富蔵は、農夫の塚原半之助に頼まれて蕎麦の露店用の土地を貸したが、家賃の未払いから諍いが生じた[4][5]1826年文政9年)博徒あがりの町人(農夫とする説も)、塚原半之助と父重蔵が持つ別荘(前述の新富士のこと)の地所境界争いから、塚原半之助とその妻や母親、子供計7名を殺傷し、その罪から同年に伊豆諸島八丈島流罪の判決。俗に言う「鎗ヶ崎事件」である。翌1827年(文政10年)八丈島へ。

流人生活の間に、「八丈実記」72巻(清書69巻)を著作。その著作は「八丈島の百科事典」とも呼ばれ、この地域の研究者にとって貴重な資料となっている。柳田國男は富蔵を「日本における民俗学者の草分け」と評した。

1880年明治13年)2月27日明治政府より赦免を受け53年間の流人生活を終える。赦免後のその年一旦は本土に戻るが親戚への挨拶回り、近江国大溝藩円光禅寺塔頭瑞雪院にある亡父重蔵への墓参、西国巡礼を済ませ(巡礼の帰途、現在の和歌山県白浜町城から小川の間で倒れたが、通りがかりの者に助けられ事なきを得ている)[6]、2年後の1882年明治15年)再び八丈島に帰島し、その後一観音堂の堂守として、島で生涯を終えた。享年83。島にある開善院善光寺に墓石がある[1]

八丈実記(活字本)[編集]

『八丈実記』は、1964年から1976年までかかって、緑地社から7巻本として刊行され、緑地社社長の小林秀雄はその業績で菊池寛賞を受賞した。その内容は次のとおり。

  • 八丈実記刊行会(1964-1976)『八丈実記』緑地社 ---- 近藤富蔵(1855)『八丈実記』の活字翻刻本
    • 第一巻(1964、第一回配本)
      • 第一編「序 海道図 風文 潮汐」、第二編「御尋書御請控」、第三編「八丈名義 五村惣評」、第四編「検地 地図」、第五編「居宅 風俗 方言 年中行事」、第六編「土産」、第七編「合糸織五十番模様之雛形他」、第八編「絹織物」。
    • 第二巻(1969、第三回配本)
      • 第一編「伊豆国附嶋々様子大概書」、第二編「南方海島志」、第三編「小島」、第四編「青ヶ島」、第五編「鳥島」、第六編「小笠原島」、第七編「船舶」、第八編「貢税」、第九編「詩歌句画集」。
    • 第三巻(1971、第五回配本)
      • 第一編「代官役人」、第二編「村々役名」、第三編「島人系譜 一」、第四編「島人系譜 二」、第五編「戸籍」、第六編「八丈嶋年代記 八丈嶋日記他」。
    • 第四巻(1966、第二回配本)
      • 第一編「聞斎家系私話」、第二編「配流」(原本第21巻)、第三編「配流」(原本第22巻)、第四編「遷徒一伎伝」。
    • 第五巻(1970、第四回配本)
      • 第一編「神道 一」、第二編「神道 二」、第三編「神道 三」、第四編「仏教」、第五編「遷徒一伎伝(続)」、第六編「被仰渡書」。
    • 第六巻(1972、第六回配本)
      • 第一編「教育 一」、第二編「教育 二」、第三編「公文記録」、第四編「総目録」、第五編「抜書 一」、第六編「抜書 二」、第七編「天変地災諸病」。
    • 第七巻(1976、第七回配本)
      • 「八丈実記索引(総合索引 地名索引 人名索引 社寺関係索引 文献名索引 年代別索引)」、「補遺 一」、「補遺 二」、「付録(八丈島年代略鑑 八丈島貢法 他)」。

八丈実記(原本)[編集]

『八丈実記』は1887年に東京府に買い上げられ、それをもとに昭和のはじめ、渋沢家において写本を複数作成し、渋沢敬三柳田国男折口信夫がそれぞれ保管した。また、井伏鱒二は、折口が保管していた『八丈実記』の一部を伊馬春部経由で借り受け、それをもとに『青ケ島大概記』(『中央公論』1934年3月号)を執筆[7]武林無想庵に激賞されるなど、同時代において高く評価された[8]。ちなみに猪瀬直樹は「青ケ島大概記」について、「評判にならなかった。文語体で読みにくい。ではなぜわざわざ文語体にしたのかといえば「青ヶ島大概記」は古い資料を引き写しているから、と断ずるほかない」[9]と述べているが、完全なデタラメである、と断ずるほかない。

関連著作[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『江戸・東京ゆうゆう散歩』河合敦、中経出版、2011
  2. ^ a b 歴史を訪ねて 富士講 目黒区役所公式サイト
  3. ^ 『芸苑一夕話』市島春城著 (早稲田大学出版部, 1922)
  4. ^ 『八丈ケ嶋』 薄恕一, 青木秀虎 著 (国文館書店, 1914)
  5. ^ 『超常識と没常識 : 人間の裏と表』蒼海楼主人, 東海山人著 (日本書院, 1920)
  6. ^ 久保田暁一、近藤重蔵とその息子、PHP研究所(PHP文庫)、1991年、ISBN978-4569563244
  7. ^ 宇野憲治「「青ケ島大概記」論」(「近代文学試論」1983年)http://doi.org/10.15027/15743
  8. ^ 滝口明祥『井伏鱒二と「ちぐはぐ」な近代』(新曜社、2012年)
  9. ^ 猪瀬直樹『ピカレスク』(小学館、2000年)

関連項目[編集]