武林無想庵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
武林無想庵(1908年)
丸井今井札幌大通館前の無想庵生誕地碑

武林 無想庵(たけばやし むそうあん、1880年2月23日 - 1962年3月27日)は、日本小説家翻訳家。本名は磐雄(いわお)、のちに盛一(せいいち)。

略歴[編集]

現在の北海道札幌市中央区に生まれる。父は写真師の三島常磐。幼少時に実父の師匠にあたる東京の写真師、武林盛一の養子となる。東京府立一中一高を経て東京帝国大学英文科に進学、後に国文科に転籍した。在学中より小山内薫川田順らと雑誌「七人」を創刊し、柳田國男らの竜土会に参加。ダダイスト辻潤らと親交を持つ。大学中退後に京都新聞社員となるも、その後、破滅的な耽溺生活に入り、放浪を繰り返す。

1920年、二番目の妻となる中平文子(後に宮田文子)と結婚後、渡欧。娘イヴォンヌが生まれる。滞欧生活は前後5回17年に及んだ[1]。帰国後は日本の現実と焦点が合わず不遇であった。

1933年緑内障から右目を失明し隻眼となり、1943年には左目も失明した[2]。三番目の妻、波多朝子の筆記・編纂による会員制の個人誌『むさうあん物語』(全44冊別巻3冊・1957年-1969年)は彼の死後も刊行が続いた。享年82。墓所は雑司ヶ谷霊園

エピソード[編集]

1926年、妻文子が交際のあった男に発砲される事件があり、世の話題となった。文子とは1921年に田山花袋の媒酌で結婚して渡仏し、パリ滞在中に娘イヴォンヌをもうけ、一旦帰国後再び夫婦で渡仏した[3]。無想庵帰国後も文子はパリに留まり、ロンドンの日本料理店「湖月」の主人・川村泉と懇ろとなりパリに支店を開いたが、金銭的ないざこざからニースのホテルで川村から撃たれた[3]。幸い軽傷で済んだ。文子は武林と離婚し、ベルギー在住の貿易商・宮田耕三と再婚して宮田文子となった[4]

1928年、かねてより親交のあった辻潤辻まこと親子とパリにて交流を持つ。武林と文子の娘イヴォンヌ(1921年生)は知人のフランス人夫婦に預けられて南仏で育ったが、十代半ばに自殺未遂を繰り返したことから日本に帰国させ、後に辻まことの最初の妻となった[5]。イヴォンヌは辻との間に野生(のぶ、1940年生)と維生(いぶ、1944年生)という二人の娘をもうけたが、辻と離婚し、のちに新聞記者と再婚、母・文子が暮らすベルギーに移ったが再び離婚し、母の仕事を手伝う中、45歳で急死した[5]。イヴォンヌの娘・野生は2歳で竹久夢二の次男・不二彦夫婦の養女となって北海道で育ち、造園家と結婚、夫の仕事の関係でコロンビアに移り、コロンビア国立大学芸術学部美術科で絵を学んで画家となり、ボゴダ在住[6][7]。その妹の維生は実父である辻の異父妹・菅沼幸子(大杉栄伊藤野枝の次女で旧名エマ、菅沼五郎妻)の養女となったが、8歳で実母に伴いベルギーに移り、のち宝塚歌劇団に入った[5]

無想庵は第二次世界大戦後、一時共産党員であった。

作品[編集]

著書[編集]

翻訳[編集]

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 長谷川洋「武林無想庵のフランス滞在」(「言語文化研究:中部大学女子短期大学紀要」9、1998年)p.95。
  2. ^ 大塚英良『文学者掃苔録図書館』(原書房、2015年)138頁
  3. ^ a b 『朝日新聞の記事でみる恋愛と結婚』朝日新聞社、1997年、p403-407
  4. ^ 宮田 文子 ミヤタ フミココトバンク
  5. ^ a b c 武林イヴォンヌ年譜長谷川洋、金城学院大学論集 人文科学編 第11巻第2号、2015年
  6. ^ 夢二の孫・竹久野生さん初来岡!夢二郷土美術館、2014.05.17
  7. ^ 祖父・夢二の故郷初訪問 竹久野生さん、岡山で個展産経新聞、2014.5.16

参考文献[編集]

  • 『現代日本文学全集 第41巻』改造社、1930年。
  • 山本夏彦『無想庵物語』文藝春秋、1989年。 
  • 武林無想庵『イヴォンヌ―無想庵物語』 記録文化社 (1985)

外部リンク[編集]