筑波常治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

筑波 常治(つくば ひさはる、1930年9月9日 - 2012年4月13日[1])は、日本の農学史学者、科学評論家。専門は日本農業技術史、自然科学史。

略歴[編集]

東京府豊多摩郡代々幡町代々木(現・東京都渋谷区元代々木町)の3000坪の自邸で生まれる。侯爵筑波藤麿の長男。父方祖母・菊麿王妃常子の常と明治神宮の治から「常治」と命名される[2]。母は子爵毛利高範の娘。弟に真言宗山階派大本山勧修寺門跡筑波常遍。父方祖父は山階宮菊麿王。父の兄弟に山階宮武彦王山階芳麿浅野安子鹿島萩麿葛城茂麿。義理の伯父近衛文麿近衛秀麿兄弟(いずれも母の姉らの配偶者)がいる。明仁上皇はとこにあたる(香淳皇后の母と筑波藤麿の母、つまり祖母同士が姉妹)。

華族のみが入学できる女子学習院付属幼稚園に通い、学習院初等科から学習院中等科に進むが、2年生の時、茨城県内原町満蒙開拓幹部訓練所で修練中、いじめを受けて脱走事件や自殺未遂を起こし[3]1945年4月、学習院中等科2年修了の資格で海軍経理学校に入学(第39期)。1946年に母親が敗血症で急死[4]。戦後は農業に関心を持ち、伯父山階芳麿山階鳥類研究所設立者)の紹介で日本農業研究所の臨時農夫となる。

1948年東京農業大学予科に入学。しかし「1年いて、この斜陽私立大学に、すっかり魅力を感じなくな」って中退し[5]1949年東北大学農学部入学。1953年、同卒業。同年、東北大学大学院農学研究科修士課程入学(専攻は作物遺伝育種学)。1956年、同修了。

同年、法政大学助手(担当は生物学と科学史)。同専任講師から助教授を経て1968年に依願退職。同年、青山学院女子短期大学助教授(担当は自然科学概論と科学文化史)。 1970年、同校を依願退職し、1981年までフリーランスの科学評論家として著述業に従事する傍ら、早稲田大学教育学部などで非常勤講師を務める。1982年、早稲田大学政治経済学部助教授。1987年、同教授。2001年に定年退職。 

逸話[編集]

衣服、眼鏡の縁、万年筆のインク、印鑑の朱肉など身の回りのものをことごとく緑色で揃えているため、「緑の麗人」の異名を持っていた。自宅の住所も「緑町」であった。

著書[編集]

共編著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『文藝家協会ニュース』2012年5月
  2. ^ 自著『破約の時代』講談社、1959年, p24
  3. ^ 筑波常治『破約の時代』(講談社、1959年)p.79-88
  4. ^ 自著『破約の時代』講談社、1959年, p107
  5. ^ 筑波常治『破約の時代』(講談社、1959年)p.121