渋沢敬三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
澁澤 敬三
しぶさわ けいぞう
Keizo Shibusawa.jpg
生年月日 1896年8月25日
出生地 大日本帝国の旗 大日本帝国東京府東京市深川区
没年月日 (1963-10-25) 1963年10月25日(67歳没)
死没地 日本の旗 日本東京都港区虎の門病院
出身校 東京帝国大学経済学部
前職 日本銀行総裁
所属政党 研究会
称号 子爵
朝日賞
名誉博士東洋大学1963年
配偶者 渋沢登喜子
親族 祖父:渋沢栄一
義父:木内重四郎

日本の旗 第49代 大蔵大臣
内閣 幣原内閣
在任期間 1945年10月9日 - 1946年5月22日
テンプレートを表示

渋沢 敬三(しぶさわ けいぞう、正字体:澁澤 敬三、1896年明治29年)8月25日 - 1963年昭和38年)10月25日)は、日本財界人民俗学者、第16代日本銀行総裁大蔵大臣幣原内閣)。祖父渋沢栄一子爵位を継いだ。

生涯[編集]

財界人として[編集]

渋沢栄一の長男篤二と敦子夫妻の長男として生まれる。敦子の父は羽林家の公卿出身の元老院議官を務めた伯爵橋本実梁

東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)、東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業。父が廃嫡されたこともあり、中学卒業時には澁澤同族株式会社社長に就任。当初は動物学者を志し、仙台第二高等学校農科への進学を志望していたが、敬三に期待する栄一が羽織袴正装で頭を床に擦り付けて第一銀行を継ぐよう懇願したため、英法科に進学する。

東京帝国大学経済学部を卒業後、横浜正金銀行に入行してロンドン支店などに勤務。 その間、木内重四郎、磯路夫妻の次女登喜子と結婚(媒酌人和田豊治)。重四郎は京都府知事等を務めた官僚で、母磯路は三菱財閥の創始者岩崎弥太郎の次女。1926年(大正15年)に横浜正金銀行を退職、第一銀行取締役、澁澤倉庫取締役に就任。第一銀行副頭取などを経て1942年(昭和17年)に日本銀行副総裁、1944年(昭和19年)には第16代総裁に就いた。

第二次世界大戦直後、姻戚の幣原喜重郎首相(幣原の妻・雅子と敬三の姑・磯路は姉妹)に乞われて大蔵大臣に就任。およそ半年の在任中に預金封鎖新円切り替え、高税率の財産税の臨時徴収等により、インフレーション対策と戦時中に膨らんだ国債等の国家債務の整理に当たった。またこの頃より高松宮家財政顧問も務める様になった。一方で渋沢家はGHQ財閥解体の対象となり、1946年(昭和21年)に澁澤同族株式会社は持株会社整理の対象となり、自らも公職追放の指定を受ける。 また、自ら蔵相として導入した臨時の財産税のために、三田の自邸を物納することになった。

1951年(昭和26年)追放解除後は、経済団体連合会相談役や、電電公社からの国際電話事業分離で特殊法人として設立された国際電信電話(KDD。現KDDI)の初代社長、財界が共同で設立した文化放送の初代会長などを務めた。

民俗学者として[編集]

並行して、若き日の柳田國男との出会いから民俗学に傾倒し、港区三田の自邸[1]の車庫の屋根裏に、二高時代の同級生とともに動植物の標本、化石、郷土玩具などを収集した私設博物館「アチック・ミューゼアム(屋根裏博物館)」[2]を開設(第二次大戦中に日本常民文化研究所と改称[注 2])。アチック・ミューゼアムに収集された資料は、東京保谷にあった日本民族学会附属の民族学博物館を経て、現在は大阪吹田・万博公園内の国立民族学博物館収蔵資料の母体となり、常民文化研究所は神奈川大学に移管された[注 3]。なお三田の旧渋沢邸[注 4]は、現在青森県三沢市古牧温泉渋沢公園に移設展示されている。東京・北区飛鳥山公園内にある渋沢史料館[4]でも敬三の事績が紹介されている。

自らも民俗学にいそしみ、漁業史の分野で功績を残した。祖父・栄一の没後の1932年(昭和7年)には、療養のため訪れた静岡県内浦(現在の沼津市)で大川四郎左衛門家文書を発見。 一つの村の400年にわたる歴史と海に暮らす人々の生活が記録されていたこの文書を持ち帰って、これを筆写した。 そしてアチックの同人らとともに纏めた『豆州内浦漁民史料』[5]を刊行し、1940年(昭和15年)日本農学賞を受賞した[6]。他に『日本釣魚技術史小考』、『日本魚名集覧』、『塩俗問答集』などを著した。

多くの民俗学者も育て、岡正雄宮本常一今西錦司江上波夫中根千枝梅棹忠夫網野善彦伊谷純一郎らが海外調査に際し、敬三の援助を受けている。他にも多くの研究者に給与や調査費用、出版費用など莫大な資金を注ぎ込んで援助し、自らも民俗学にいそしんだのは、幼い頃から動物学者になりたかったものの諦めざるを得なかった心を癒したものとみえる。敬三と、柳田をはじめ多くの研究者との交友の様子は、友人でもあった岡茂雄(岡書院店主)の回想『本屋風情』[7]に詳しい。

略歴[編集]

  • 1896年(明治29年) - 8月25日に渋沢篤二と敦子の長男として東京・深川に生まれる[8]。 
  • 1900年(明治33年) - 祖父の渋沢栄一男爵に叙される。
  • 1909年(明治42年) - 東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)を卒業。東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)入学。深川でペストが流行ったため、三田に転居[9]
  • 1913年(大正2年) - 渋沢家の嫡男である父・篤二が病気の為に廃嫡。祖父の栄一は敬三を後継者に指名。
  • 1914年(大正3年) - 柳田國男と初めて出会う。
  • 1915年(大正4年) - 4月に東京高等師範学校附属中学校を卒業すると同時期に、澁澤同族株式会社が設立され同社の社長となる。7月には仙台の第二高等学校試験に合格し、9月に同校に入学する。
  • 1918年(大正7年) - 7月第二高等学校卒業し、9月に東京帝国大学法科大学経済学科入学。
  • 1920年(大正9年) - 渋沢栄一子爵に陞爵。
  • 1921年(大正10年) -「アチック・ミューゼアム(屋根裏博物館)」 をつくる。東京帝国大学経済学部(1919年に、学部制導入時に法学部から分離独立)を卒業し、横浜正金銀行に入行。
  • 1922年(大正11年) - 岩崎弥太郎の孫・木内登喜子と結婚。ロンドン支店勤務を命ぜられ、渡英。
  • 1925年(大正14年) - 長男雅英(渋沢栄一記念財団理事長)誕生。栄一の体調おもわしくなく、帰国[9]
  • 1926年(昭和元年) - 横浜正金銀行を退職し、第一銀行取締役、澁澤倉庫取締役に就任。
  • 1930年(昭和5年) - 長女紀子(佐々木繁弥と結婚)誕生。
  • 1931年(昭和6年) - 祖父栄一死去にともない子爵を襲爵。
  • 1933年(昭和8年) - 次女・黎子(服部勉と結婚)誕生。
  • 1934年(昭和9年) - 日本民族学会を設立し、理事となる。
  • 1937年(昭和12年) - 保谷に民族学博物館を開設し、アチック・ミューゼアムの資料を移管する。
  • 1941年(昭和16年) - 第一銀行副頭取就任。
  • 1942年(昭和17年) - 日本銀行副総裁就任。
  • 1944年(昭和19年) - 日本銀行総裁就任。
  • 1945年(昭和20年) - 貴族院議員就任(1946年6月10日辞任[10])。空襲により三田の自邸一部焼失。幣原内閣の大蔵大臣に就任し日本銀行総裁辞任。
  • 1946年(昭和21年) - 預金封鎖、新円切り替え実施。内閣総辞職により蔵相辞任。高松宮家財政顧問となる。澁澤同族株式会社が財閥解体の持株会社指定を受ける。公職追放。蔵相として自ら創設した財産税のため三田の自邸物納。
  • 1947年(昭和22年) - 妻登喜子と別居。
  • 1949年(昭和24年) - 水産庁に水産資料館設置を進言。
  • 1951年(昭和26年) - 公職追放解除。経済団体連合会相談役に就任。
  • 1953年(昭和28年) - 国際電信電話(KDD)設立に伴い、社長に就任。十和田科学博物館開設。
  • 1955年(昭和30年) - 渋沢栄一伝記資料刊行会より『渋沢栄一伝記資料』の刊行を開始する。
  • 1956年(昭和31年) - 文化放送会長、KDD会長、日本モンキーセンター初代会長に就任。
  • 1957年(昭和32年) - 外務省移動大使として、中南米各国を歴訪。
  • 1960年(昭和35年) - 旅先の熊本で倒れる。東京大学附属病院に入院、以来入退院が多くなる。
  • 1961年(昭和36年) - 東洋大学の理事に就任。小川原湖民俗博物館開設。
  • 1963年(昭和38年) - 朝日賞受賞。東洋大学の名誉文学博士号を授与される。文部部省史料館に寄贈した民俗資料の収蔵庫が落成。5月にその式典に出席。10月25日虎の門病院にて糖尿病と腎萎縮を併発し死去。勲一等瑞宝章を授与される。

家族・親族[編集]

渋沢家[編集]

天保11年2月1840年3月)生 - 1931年昭和6年)11月[11]
天保12年(1841年)生[12] - 1882年明治15年)没[12]
  • 父・篤二
明治5年(1872年)生 - 1932年(昭和7年)10月[11]
栄一・千代夫妻の長男。10歳で母・千代を亡くし、父・栄一が再婚したため、実姉の歌子夫婦に養育される。14歳で『龍門雑誌』刊行開始。20歳で第五高等学校 (旧制)中退、謹慎を命じられたのち、23歳で結婚、翌年敬三誕生。翌1897年渋沢倉庫が設立され、初代支配人に就任(のち取締役会長)[13]1899年洋行し、写真に熱中するなど、遊芸耽溺の人で、1911年には新聞に新橋芸者・玉蝶(本名・岩本イト、1887年 - 1955年)との仲が報じられる[14]1913年廃嫡となり、妻子とは別居し、父・栄一、母代わりだった姉・歌子が没した翌年、玉蝶と20年間暮らした白金の家で61歳で死去[15]
1880年(明治13年)生 - 1943年(昭和18年)3月没[11]
1895年に篤二と結婚し、三児をもうける。
1898年(明治31年)6月生 - 1967年(昭和42年)2月
京都帝国大学哲学科卒業後、丸善の元洋書担当福本初太郎ドイツ語書籍輸入の福本書院を1925年より共同経営の傍ら、祖父・渋沢栄一が設立に関わった秩父鉄道東京製綱取締役に名を連ねた[16]音楽家齋藤秀雄の妹で聖心女子学院卒の敦子と結婚、1938年目黒区上大崎に建てた自邸の洋館は1985年志賀高原に移築され、資料館「志賀山文庫」を経て、2017年よりレストランとして利用されている[17][18]
1901年(明治34年)3月生 - 没
北海道帝国大学農学部卒業後、渋沢倉庫常務を務めた[16]
1902年(明治35年)生 - 1994年平成6年)没
木内重四郎・磯路夫妻の娘。母方の祖父は三菱財閥創業者の岩崎弥太郎東京女高師付属高女、東京女子大学英文科卒。兄・木内良胤と敬三は東京高等師範学校附属中学校の同級生だった。三児をもうけたが、戦後敬三と子供らを置いて家を出、得意の英語を生かして外資系企業の社長秘書や近所の子供に英語を教えるなどして自活し、70代までスキー登山を趣味とし、91歳で没した[19]
  • 長男・雅英
1925年大正14年)2月生[11] -
公益財団法人渋沢栄一記念財団相談役ロンドンで生まれ、武蔵高等学校 (旧制)前橋陸軍予備士官学校陸軍少尉を経て東京大学農学部卒業、東京食品ロンドン駐在員を一年で辞し、米国キリスト教系の道徳再武装(MRA)運動に専従、帰国後MRAアジアセンターの語学学校経営など同団体の活動を続け、1994年から2003年には、曾祖父・渋沢栄一が設立に関わった東京女学館の第12代館長に就任[20]1997年から2020年まで、公益財団法人渋沢栄一記念財団理事長。『父・渋沢敬三』など著書多数。
  • 次男・紀美
1927年(昭和2年)2月生[11] - 1928年(昭和3年)4月[11]
  • 長女・紀子
1930年(昭和5年)1月[11] -
  • 次女・黎子
1933年(昭和8年)7月[11] -

主な著書・編著[編集]

  • 『祭魚洞雑録』 郷土研究社、1933年
  • 『祭魚洞襍考(さいぎょどうざっこう)』 岡書院、1954年
  • 『南米通信 アマゾン・アンデス・テラローシャ』 角川書店、1958年
  • 『日本魚名集覧』 角川書店、1958年 
  • 『日本魚名の研究』 角川書店、1959年
  • 『犬歩当棒録 祭魚洞雑録三』 角川書店、1961年
  • 『日本釣漁技術史小考』 角川書店、1962年
  • 編著『絵巻物による日本常民生活絵引』 角川書店、1964-1968年(全5巻)/平凡社(復刻+解説別冊1)、1984年
  • 澁澤敬三著作集平凡社(全5巻)、1992-1993年。網野善彦・渋沢雅英ほか編
  1. 『祭魚洞襍考・続 祭魚洞襍考ほか』
  2. 『日本魚名の研究 日本釣漁技術史小考』
  3. 『犬歩当棒録・祭魚洞雑録ほか』
  4. 『南米通信・雁信集・旅譜と片影ほか』
  5. 『未公刊論文・随想・年譜・総索引』
  • 宮本常一編・解説 『澁澤敬三-民族学の組織者 日本民俗文化大系3』 講談社、1978年
  • 『渋沢敬三-小さき民へのまなざし』川島秀一編 「やまかわうみ別冊」アーツアンドクラフツ、2018年

関連文献[編集]

  • 『澁澤敬三先生景仰録』(同編集委員会編、東洋大学、1965年)
  • 渋沢雅英『父・渋沢敬三』(実業之日本社、1966年)
  • 『澁澤敬三』(澁澤敬三伝記編纂刊行会(上・下)、1979-81年)
  • 佐野眞一『旅する巨人 宮本常一と渋沢敬三』(文藝春秋、1996年/文春文庫、2009年)
  • 佐野眞一『渋沢家三代』(文春新書、1998年)
  • 拵嘉一郎『澁澤敬三先生と私-アチック・ミューゼアムの日々』(平凡社、2007年)
  • 宮本常一『宮本常一著作集50 渋沢敬三』(田村善次郎編、未來社、2008年)
  • 丸山泰明『渋沢敬三と今和次郎-博物館的想像力の近代』(青弓社、2013年)
  • 由井常彦武田晴人編『歴史の立会人-昭和史の中の渋沢敬三』(日本経済評論社、2015年)
  • 加藤幸治『渋沢敬三とアチック・ミューゼアム』(勉誠出版、2020年)
  • DVD『学問と情熱 第34巻 渋沢敬三 常民へのまなざし』(紀伊國屋書店評伝シリーズ、2007年) 
    藤原道夫演出・佐野賢治監修、ナレーター中井貴恵(65分)
展覧会図録
  • 渋沢史料館編 『特別展図録 屋根裏のはくぶつかん 渋沢敬三と民俗学』、1988年。 
  • 『屋根裏の博物館 実業家渋沢敬三が育てた民の学問』(神奈川大学横浜市歴史博物館、2002年) 
  • 『屋根裏部屋の博物館』(国立民族学博物館監修、淡交社、2013年)。没後50年企画

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 著者は幼年時に住み込み師事。写真約130点を収録。
  2. ^ 戦争半ば過ぎた頃に、アチックなる西洋人が住んでいるのかと度々尋問されたので、世間的に常民文化研究所と改められた[3]
  3. ^ 横浜市歴史博物館・神奈川大学日本常民文化研究所編での図録に詳しい。
  4. ^ 三田の旧邸宅跡地には、全省庁共用の三田共用会議所がある。

出典[編集]

  1. ^ 椎名雄『祭魚洞渋沢敬三 5315日の記録』(遊人工房、2013年)に詳しい[注 1]
  2. ^ 『図説大正昭和くらしの博物誌 民族学の父・渋沢敬三とアチック・ミューゼアム』(近藤雅樹編、<ふくろうの本>河出書房新社、2001年)に詳しく紹介されている。
  3. ^ 『祭魚洞襍考』(岡書院、1954年)、「自序」より。
  4. ^ 成立の経緯は、大谷明史『渋沢敬三と竜門社 「伝記資料編纂所」と「博物館準備室」の日々』(勉誠出版、2015年)に詳しい。
  5. ^ 上巻(アチックミューゼアム彙報第20)中巻1(アチックミューゼアム彙報第24)中巻2(アチックミューゼアム彙報第33)下巻(アチックミューゼアム彙報第42)
  6. ^ (渋沢史料館 1988, p. 7)
  7. ^ 岡茂雄『本屋風情』 平凡社、1974年/新版・角川ソフィア文庫、2018年
  8. ^ 渋沢敬三年譜渋沢敬三アーカイブ 2018年7月18日閲覧。
  9. ^ a b 澁澤雅英オーラルヒストリー 澁澤栄一記念財団理事長 政策研究大学院大学
  10. ^ 『官報』第5827号、昭和21年6月19日。
  11. ^ a b c d e f g h 渋沢敬三年譜 | 渋沢敬三アーカイブ 2020年11月9日閲覧。
  12. ^ a b c 渋沢ちよ(しぶさわちよ)/深谷市ホームページ 2020年11月9日閲覧。
  13. ^ 渋沢篤二人事興信論第8版 [昭和3(1928)年7月
  14. ^ 佐野眞一『渋沢家三代』文春新書, 1998、p149
  15. ^ 『渋沢家三代』 p224
  16. ^ a b 人事興信録. 第13(昭和16年) 上 シ46-47
  17. ^ 志賀山文庫北信ローカル
  18. ^ 【長野】開店まで4年間の想いと美味いビール THE FARMHOUSE/山ノ内町Real Rocal
  19. ^ 『渋沢家三代』 p253
  20. ^ 渋沢雅英政策研究大学院大学

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
津島壽一
大蔵大臣
第49代
1945年 - 1946年
次代:
石橋湛山
日本の爵位
先代:
渋沢栄一
子爵
渋沢家第2代
1931年 - 1947年
次代:
華族制度廃止