寺子屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
寺子屋の筆子と女性教師
一寸子花里「文学ばんだいの宝」

寺子屋(てらこや)とは、江戸時代上方において、寺院で手習師匠が町人の子弟に読み書き計算等を教えた学問施設。当時の武士はほぼ100%の識字率であった。また、男性の庶民でさえも50%は超えていた。

概要[編集]

「寺子屋」の名称は上方で用いられ、江戸における町人の子弟の学問施設は「筆学所」「幼童筆学所」と呼ばれた[1]屋号は学問の場の名称として適切ではない、と考えられていたからである。なお、現代では「寺小屋」と表記することもある[2][3]

沿革[編集]

寺子屋の起源は、中世の寺院での学問指南に遡ると言われる[4]。その後、江戸時代に入り、商工業の発展や社会に浸透していた文書主義などにより、実務的な学問の指南の需要が一層高まり、江戸時代中期(18世紀)以降に益々増加し、幕府御用銅山経営、西江邸内には江戸中期創建の手習い場が現存している。 寺子屋は江戸時代後期の天保年間(1830年代)前後に著しく増加した。1883年文部省が実施した、教育史の全国調査を編集した『日本教育史資料』(1890-1892年刊 二十三巻)による開業数の統計では、寺子屋は19世紀に入る頃からさらに増加し、幕末の安政から慶応にかけての14年間には年間300を越える寺子屋が開業している。同資料によると全国に16560軒の寺子屋があったといい、江戸だけでも大寺子屋が400-500軒、小規模なものも含めれば1000-1300軒ぐらい存在していた。また経営形態も職業的経営に移行する傾向を見せた。幕末に内外の緊張が高まると、浪人の再就職(仕官)が増えた事により、町人出身の師匠の比率が増え、国学の初歩である古典を教える寺子屋も増えるなど、時代状況に応じて寺子屋も少しずつ変化を遂げて行った。

1872年学制が敷かれると、明治政府は校舎建設や教員養成の追いつかない初期の小学校整備にあたって、既存の教育施設である寺子屋を活用した[5]地方政府は寺子屋の調査を行い、師匠の旧身分などを記した調査書を作成し、適当な者を小学校の教師として採用した。学制では小学校の教員資格は「小学教員ハ男女ヲ論セス年齢20歳以上ニシテ師範学校免許状或ハ中学免許状ヲ得シモノ」と定めていたが、仮教員として採用されたのち、教員講習所で講習を受ければ正規の教員となることができた[6]。また大規模な寺子屋はそのまま初期の小学校として使用された。

寺子屋数の資料[編集]

全国寺子屋及私塾調(日本教育史資料)[7]
地方別 寺子屋数 私塾数 合計 百分比
東京府 488 123 611 3.58
京都府 566 34 600 3.51
大阪府 788 20 798 4.67
神奈川県 507 11 518 3.04
兵庫県 819 52 871 5.11
長崎県 188 51 239 1.64
函館県 48 48 0.28
新潟県 63 27 90 0.53
群馬県 55 39 94 0.55
千葉県 107 53 160 0.92
栃木県 86 19 105 0.62
三重県 115 4 119 0.70
愛知県 977 43 1020 5.98
静岡県 25 4 29 0.17
山梨県 254 22 276 1.62
滋賀県 450 8 458 2.69
岐阜県 754 28 782 4.57
長野県 1341 125 1466 8.60
宮城県 567 52 619 3.63
福島県 281 19 300 1.76
青森県 456 8 464 2.72
山形県 63 6 69 0.40
秋田県 249 66 315 1.84
福井県 31 23 54 0.33
石川県 191 22 213 1.25
富山県 17 4 21 0.11
鳥取県 212 4 216 1.21
島根県 685 73 758 4.44
岡山県 1031 144 1175 6.94
広島県 257 65 322 1.89
山口県 1307 106 1413 8.25
和歌山県 294 3 297 1.74
徳島県 432 37 469 2.75
高知県 251 10 261 1.53
福岡県 150 50 200 1.12
大分県 482 91 573 3.34
佐賀県 27 7 34 0.19
熊本県 910 45 955 5.59
宮崎県 9 6 15 0.09
鹿児島県 19 1 20 0.11
合計 15542 1505 17047

石川謙「日本庶民教育史」[8](刀江書院、1929年)では、江戸の寺子屋数について次のように資料を並べている。

兼山麗沢秘策 享保7年(※1722年) 800校 江戸府内
筆道師家人名録 文政4年(※1821年) 496校 江戸府内
筆道師家高名競 天保初年(※1830年) 230校 江戸府内
東京府教育沿革 明治4年(※1871年) 521校 東京府下
文部省第一年報 明治6年(※1873年) 1128校 東京府下
日本教育史資料 明治16年調査(※1883年) 295校 江戸府内
同上 同上 880校 武蔵一円
維新前東京市私立小学校

教育法及維持法取調書

明治25年調査(※1892年)

維新後迄の継続数

114校 江戸府内

石川はこのように資料を並べた上で、続けてこう述べている。

かくの如く、調査地域に広狭の差があり、その上寺子屋概念が一定してゐないのであるから、この数字を辿って寺子屋発達の状態を帰納することは出来ない。唯おほまかな推定を下して、江戸府内に規模の稍々大きい寺子屋が三四百位あり、規模の小さいのまで加へると殆ど八九百の師家があったであらうと語り得るに過ぎない。「松本平手習師匠」(大正十三年版)には六百十三の師家が挙げられてゐるが、夫れについて見ると武術の師も囲碁、俳諧、経書の師も国史国学の師も一緒に記されてゐる。私塾と寺子屋とが混在してゐる。「山口県教育史」にも「碧海郡史」にも寺子屋一覧表があるが、これらは「日本教育史資料」の一覧表と殆ど異るところがない。かくて全国的に寺子屋の普及を考究すべき究竟の史料は殆ど見付らない。今のところ、「日本教育史資料」に拠るより外には、全く途がなからうと思ふ

(略)

然し、「日本教育史資料」を材料として、寺子屋の普及を考察するにあたって、予じめ考慮に入れて置かねばならぬ一二の事柄がある。その第一は調査が全国洩れなく行はれたのではないといふことゝ、調査の精粗が地方々々によって異ってゐるといふことゝである。…即ち埼玉、茨城、岩手、奈良、香川、愛媛、沖縄の諸県の報告が載ってゐない。…更にこの「資料」に記載されてゐる寺子屋数を見ると、長野、山口、岡山の如きは何れも千校以上に達してゐて、可なり精密に調査されたものゝ如くに思はれる。然るに栃木、山形以下の十一県は何れも百校未満で、粗雑な調査であったことが分る

(略)

「日本教育史資料」を材料として寺子屋史を研究するに際して、今一つ注意すべきことがある。「資料」は明治十六七年頃に行はれた調査に基づいた記載であるが、その中には四百年も遡って部文明元年(一四六九年)からの寺子屋が記録されてゐる。これ等の古い寺子屋についての記録が、どこ迄正しいものであるかは他の根本史料で証明し得ない限り、何人も判断に苦しむであらう

岡山県教育会編「岡山県教育史. 上巻」(1938年)[9]には次のようにある。

「日本教育史資料」所載の全国寺子屋数一万五千五百四十二の中、元和(※1615‐1624)以前の開設に係るもの十八。即ち長野県の文明(※1469‐1487)、大永(※1521‐1528)、石川県の文明、福島県の天文(※1532‐1555)三年に次ぐものは、元亀(※1570‐1573)元年の開設に係る都宇軍(現都窪郡)妹尾村(現町制)平民矢吹一路右衛門の学舎である。而も明治十年に至る前後三百八年間継続したのは、実に本県庶民教育界の異彩であって、全国的に罕な類例である。

形態[編集]

課程[編集]

寺子屋はまったくの私的教育施設であり、一定した就学年齢は存在しない。これは現代で言う無学年制フリースクールと同様である。筆子は下はおよそ9-11歳から通い始め13~18歳になるまで学ぶなど、幅広い年代層の者がいた[10]

寺子屋は年齢による一斉入学・一斉進級ではなく、入学時期や進級時期について一般的な決まりはなかったが、地域や学校によって異なっていた[11]。寺子屋への入学は家の慶事とされており、気候の良い春先の入学が多かった[11]。進級も基本的に個人の能力に合わせて進級する仕組みだった[11]

卒業時期や修学期間も特に定まっていなかった。1校当たりの生徒数は、10-100人と様々であった。

教員[編集]

明治初期、東京府が小学校整備のため実施した寺子屋の調査書に、寺子屋の教師(師匠)726名分の旧身分が記録されている。多いのは平民(町人)で、雑業、農民、商人などの江戸の町人で、次に多いのが士族である。女性の師匠も86名が記載されていた。一方で地方によっては士族の教師が最も多い地方や、平民に次ぎ僧侶の教師が多い地方も存在していた[12]

例えば、備後国深津郡の川口・多治米地域を例にとると、幕末期には合計7ヶ所(ただし、そのすべてが同時に存在したわけではない)の寺子屋が存在し、師匠の内訳は、庄屋1人、村役人2人、医者1人、僧侶2人、その他1人であった。

地方修学者の多くが各地の寺子屋教師となった足利学校のように、寺子屋の教師を養成する学校すらあった。男女共学の寺子屋が多数であったが、男子限定や女子限定の寺子屋も少なくなかった。

また今日のと違い、当時の寺子屋の師匠は、往々にして一生の師である例も多かった。寺子屋の生徒を「筆子」といい、師匠が死んだ時には、筆子が費用を出し合って師匠の墓を建てる事が珍しくなかったという。そのような墓を筆子塚といい、房総半島だけでも3350基以上の筆子塚が確認されている。

教育内容[編集]

寺子屋にて指南された学問は「いろは」は方角・十二支などからはじまり、「読み書き算盤」と呼ばれる基礎的な読み方・習字算数の習得に始まり、さらに地理・人名・書簡の作成法など、実生活に必要とされる要素の学問が指南された。教材には『庭訓往来』『商売往来』『百姓往来』など往復書簡の書式をまとめた往来物のほか、漢字を学ぶ『千字文』、人名が列挙された『名頭』『苗字尽』、地名・地理を学ぶ『国尽』『町村尽』、『四書五経』『六諭衍義』などの儒学書、『国史略』『十八史略』などの歴史書、『唐詩選』『百人一首』『徒然草』などの古典が用いられた。中でも往復書簡を集めた形式の書籍である往来物は特に頻用され、様々な書簡を作成する事の多かった江戸時代の民衆にとっては実生活に即した教科書であり、「往来物」は教科書の代名詞ともなった。また、手習師匠が自身で教材を作る場合もあった。 1711年には幕府から寺子屋の手習師匠に九ヶ条のふれを出して寺子屋を統制しようとした。

教育水準[編集]

江戸期に寺子屋による学問の指南が一般町人の間に定着しており、江戸時代ないし明治初期における日本の都市部の識字率は世界的にも高い水準にあった。江戸における嘉永年間(1850年頃)の就学率は70-86%といわれており、イギリスの主な工業都市で20-25%(1837年)、フランスで1.4%(1793年)、ロシア帝国時代のモスクワで20%(1850年)などの外国に比べ就学率が格段に高かった[13]。ヨーロッパでは当時、伝統的な家庭教育が一般的で組織化された教育システムなどは未成熟だった。イングランドでは1831年の時点で男66%、女50%、さらに未就学児童を含めた全人口の3割が読書人口、つまり自分の姓名の筆記以上の複雑な文書を理解していたことになる。[14]

識字率、就学率は必ずしも均一ではなく、確実な名簿の残る近江国神崎郡北庄村(現・滋賀県東近江市宮荘町)にあった寺子屋の例では、入門者と人口の比率から、幕末期に村民の91%が寺子屋に入門したと推定され、1877年に同県で実施された調査では「6歳以上で自己の姓名を記し得る者」の比率は「男子89%、女子39%」である。一方で鹿児島県や青森県では格段に識字率が低い水準にあった。

各地の寺子屋[編集]

愛媛県[編集]

「久万町誌」[15](愛媛県)では、次のように記している。

幕末から明治初期にかけて開設されていた寺子屋は上浮穴で三九か所あり、久万町には父二峰に三、久万に六、川瀬に四、明神に四の計一七か所あったようである。この寺子屋では中流以上の男子が、読み、書きを中心に儒学などを習っていたが、この寺子屋に通えない人たちは、通っている人たちから夜間、又習いをしていたようである。老人の思い出話によると「私らは、紙を買ってもらえないので、おぜんに灰を入れて書いては消し書いては消しして習った」ということである。

愛媛県教育会編「愛媛県教育史. 前編」[16](1938年)では次のように述べる。

遠く文禄、慶長に始まり、享保以降僅かに発達の緒に着き、文化文政以後漸次盛となり、天保以後明治初年に最盛期となり、夫より順次廃止の道途を辿って、各地に新教育令に依る小学校が設けらるおなじに到って、全廃せられたものである。(438ー439頁)

罰の種類は種々あったけれ共最も多く用ひられたのは留置であった。留置にせられた場合は、近所の者が貰下げに行くか、或は師匠の妻女が詫を入れて赦された。罰の軽いのは「しっぺい」や掃除をさせられるくらいであったが、重くなるに従って、無言静坐或は線香を持って立たされたり、水を持った茶碗を持って、水を零さぬ様に直立不動を命ぜられたり、炙〔ママ〕点、縄縛、食止、机馬等を加へた。(465‐466頁)

一言付加して置くべきことは、寺子屋教育時代に於ける不具者の就学状況の事であり。…寧ろ之等の者は労働条件には欠ける所があるけれども、其の頃の学問をするには格別の支障を感ぜぬ所から、読み書きなどを以て身を立てんとする者もあって、就学する者も可成あった。盲聾唖の不具者が通学してゐた寺子屋も、県下を通じて約五十箇所はあったようであるから…維新前の教育現象としては頗る注目に値すると思ふのである。(469頁)

然し今日とは違って欠席が非常に多く、中には寺子屋に行くと言って、弁当だけ途中で喰ひ散らし、道草をくって野山で遊び暮し、退散の頃を見計ひ、家に帰って来る徒者等も少くは無かった。(470頁)

寺子屋師匠の身分を数によって分類して見ると、最も多いのが僧侶の二百五十八で、之に次ぐのが武士の百五十一、庶民の百三十八、神官百十九、庄屋八十一、医師六十六、修験者十六、村役人十四、浪士十、庵主七、儒者七(藩臣中の儒者を除く)郷士一其他不明の順序である。庶民中の師匠には農の外、雑業七、商業七、大工二、鍛冶一、表具師一が加はってゐる。又之等師匠中に女師匠が四人あることは特筆すべきであらう。而して其の内二ヶ所は寺子も全部女である。(473-474頁)

謝儀は金銭を納めた所が百五十、物品主として米を納めた所が弐百十五、米と酒とが七、無謝儀のもの六、其の他は不明である。(477頁)

奈良県[編集]

奈良県については、梅村佳代によると「(吉野郡で)最も早いものは寛永16年(1639)に既に開業が確認されていて」「高市郡では明和4年(1768)と寛政元年(1789)に開業されている」「19世紀の初期の文化・文政期に葛下・添下・式下・宇陀各郡の開業が散見できるのであり、本格的には、天保期から明治期に寺子屋開業熱の高揚があったと言えよう」[17]

兵庫県[編集]

明石郡(今の神戸市・明石市の一部)教育会「明石郡教育誌」[18](1926年)は次のように記している

〇垂水村

本村の寺子屋は、西垂水に二ヶ所、東垂水、塩屋、下畑、奥畑、中山、東名、西名、山田に各一ヶ所、合計十ヶ所あった。最も早やかったのは、文化年間(1804~1818)に開始したものである。…

1.設備

教室として別に建設したものは、山田の薬師町邸内に三十余坪の一棟あったのみで、其の他は寺院の一部又は師匠の家を仮用したものである。高い所に在って眺望のよい所もあり、又底い所に在って衛生上如何はしい所もあった。備品としては何一つもなく、只弟子が寺入する際に、机、文庫、学明〔ママ〕品を持って行き、何れも座って勉強したものであった。

2.師匠

師匠の身分は、僧侶、医師、大庄屋、庄屋、其の他篤志家であった。其の一例を本村記事の終りに一覧表として示す。

師匠に対する束修は、盆、正月、五節句等にそれぞれ謝礼を呈したものである。

3.弟子

弟子は普通農家の中産以上の子弟で、八、九歳の頃から父兄に連れられて、寺入したものである。其の時師匠に対しては勿論、弟子達に対しても何か相当の手土産を持参したものであった。…

岡山県[編集]

岡山県教育会編「岡山県教育史. 上巻」[19](1938年)には次のようにある。

矢吹氏の学舎(※元亀元年=1570年開設)に次ぎ、明和二年(※1765年)邑久郡濱村(現豊邑)神官祝部満信経営の学舎を見、天明八年(※1788年)には窪屋郡倉敷村(現倉敷市)平民真鍋鶴右衛門経営の学舎を見、次いで寛政年間(※1789ー1801)には五ヶ所を算し、以来以上の勢を以て増加した。即ち寛政初年より天保(※1831‐1844)季年に至る五十五ヶ年間に百八十九ヶ所。弘化(※1844‐1848)元年より明治初年に至る二十五ヶ年間に七百二十ヶ所となり、明治五年現在にては実に一千三十一ヶ所を算し、長野、山口二県に次ぐ多数を示してゐる。

徳島県[編集]

徳島県教育会編「徳島県教育沿革史」[20]には次のようにある。

罰条は…其の条目は概ね過怠草紙、過怠、留め置、黙坐、放逐等なり

過怠草紙とは平日課し習はしむる草紙の外予て師家に備へ置ける草紙に罰の軽重に応じ若干の草紙を習ひ了らしめ以て他生徒より遅く帰宅せしむるものなり

過怠は寺子屋に於ては予て十枚二十枚若くは五十枚百枚等と小紙片に記せる褒美札と云ふものあり此札は清書の善悪に因り定め与へらるゝものにして漸く積みて千枚或は千五百枚等予定の額に達すれば師匠に之を還納せしめて筆墨等の賞品を与ふるなり生徒各自は常に之を貨幣の如く重んじ貯ふるものにして罰あるときは軽重に従ひ科料の如くに没収せらるゝなり

留め置は放課後一二時間留め置くを云ふ

黙坐は発言せしめず静に坐せしむるを云ふ

放逐は一時若くは永く放逐するを云ふ

右の外種々の体罰を加へ若くは火を選考に点じ之を捧げしめて苦悶懲戒したる等の酷罰あり今を以て之を見るときは実に論ずるに足らざるが如きも蓋し又当時の国法に準拠して勢然るを致したりすものならん

ユネスコ世界寺子屋運動[編集]

寺子屋を世界中に普及させる運動が、公益社団法人日本ユネスコ協会連盟により主催されている。世界識字教育運動の1つであるユネスコ世界寺子屋運動(World Terakoya Movement)である。

様々な理由により教育を受けるチャンスの無かった成人や子どもたちに教育のチャンスを提供することを目的としている。1990年国際識字年を契機に始まった。寄付のほか、書き損じ葉書を換金したものなどを資金とし、途上国でコミュニティ・ラーニング・センター(寺子屋)を設立し初等教育を施している[21][22]

脚注[編集]

  1. ^ 文部省編『日本教育史資料〔7〕』(文部省、1889-1892年)4頁。「江戸之頃ハ青蓮院入木道並御家流筆学所或ハ幼童筆学所何某又ハ何堂等之掛札相見申候此等ハ中興数々之流名起リ候ヨリ之儀ニモ可有之ト覚申候人別帳ニハ手跡指南又ハ筆道指南何某ト認候様覚申候其他近在共手習師匠ト相唱上方筋ニハ寺子屋ト稱候趣承リ申候右ハ最寄寺院ニテ多ク就學致シ候故之由ニ御座候」
  2. ^ 『改訂 新潮国語辞典 -現代語・古語-』(株式会社新潮社、監修者:久松潜一、編集者:山田俊雄築島裕小林芳規。1978年10月30日 改訂第6刷発行)p.1325には、「てらこ【寺子】寺子屋に通う子供。〔夏山雑談〕-や【-屋・寺小屋】江戸時代、子供に読書・習字などを教えた施設。〔菅原伝授手習鑑一〕」と記載されている。
  3. ^ 山下知 子 (2013年5月8日). “「寺小屋」は正答? 愛知○、大分× 公立高入試”. 朝日新聞Digital (朝日新聞社). http://www.asahi.com/edu/articles/SEB201305070063.html 2013年5月8日閲覧。 
  4. ^ ただし、それ以前の奈良時代平安時代に民間の学問施設が全くなかった訳ではない。平安時代中期に書かれた『叡山大師伝』(最澄の伝記)には「村邑小学」という村の子供が通った学問施設が登場し、また考古学の進歩によってこの時期に作られた墨書土器も出土していることから、民衆全てが文字を知らなかったとは考えにくい。久木幸男戸籍作成や班田収授などを実施して律令国家を成立させるために必要な人数を元にして、古代日本には最低でも官民合わせて3.7-7.4%の識字率が存在したと算定している(久木幸男『日本古代学校の研究』(1990年玉川大学出版部) ISBN 4-4720-7981-X)。ただし、古代の学問の指南には不明点が多く、寺子屋の発生との関連性が不明である。
  5. ^ 四 小学校の普及と教育状況”. 文部科学省. 2020年3月15日閲覧。
  6. ^ 日本最初の女性教師と言われる黒澤止幾の前身は寺子屋の師匠であった。また学制発布後の数年間も小学校として使用された、彼女の寺子屋の建物が2010年時点で茨城県内に現存している。
  7. ^ 岡山県教育史. 上巻 - 国立国会図書館デジタルコレクション” (日本語). dl.ndl.go.jp. 2021年11月10日閲覧。
  8. ^ 日本庶民教育史 - 国立国会図書館デジタルコレクション” (日本語). dl.ndl.go.jp. 2021年11月10日閲覧。
  9. ^ 岡山県教育史. 上巻 - 国立国会図書館デジタルコレクション” (日本語). dl.ndl.go.jp. 2021年11月10日閲覧。
  10. ^ 『日本のもと 学校』45頁。
  11. ^ a b c 日本の学校はなぜ4月に新しい学年がスタートするのか? 諸外国はどうか?”. ニッセイ基礎研究所. 2020年11月30日閲覧。
  12. ^ 一 幕末期の教育:文部科学省”. 文部科学省. 2017年1月14日閲覧。
  13. ^ 石川英輔『大江戸生活事情』(講談社文庫、1997年
  14. ^ 西洋古版本の手ほどき 2011 No.7”. 2018年3月31日閲覧。
  15. ^ データベース『えひめの記憶』|生涯学習情報提供システム”. www.i-manabi.jp. 2021年11月10日閲覧。
  16. ^ 愛媛県教育史. 前編』愛媛県教育会、1938年、438-439頁。
  17. ^ 梅村佳代 (1995). “大和地域の庶民教育の実態 -寺子屋・私塾の事例を中心として-”. 奈良教育大学紀要. 人文・社会科学 44 (1): 161-177(p.165). ISSN 05472393. http://hdl.handle.net/10105/1628. 
  18. ^ 明石郡教育誌』明石郡教育会、1926年、12-16頁。
  19. ^ 岡山県教育史. 上巻 - 国立国会図書館デジタルコレクション” (日本語). dl.ndl.go.jp. 2021年11月10日閲覧。
  20. ^ 徳島県教育沿革史 - 国立国会図書館デジタルコレクション” (日本語). dl.ndl.go.jp. 2021年11月10日閲覧。
  21. ^ 「ユネスコ世界寺子屋運動30周年について」新聞掲載されました”. 公益社団法人日本ユネスコ協会連盟 (2019年5月27日). 2020年3月15日閲覧。
  22. ^ 民間ユネスコ活動/公益社団法人日本ユネスコ協会連盟”. 文部科学省. 2020年3月15日閲覧。

関連項目[編集]