一寸子花里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一寸子 花里(いっすんし はなさと、生没年不詳)とは江戸時代浮世絵師

来歴[編集]

一寸子、瓢金舎、花里と号して文久から慶応頃に歌川派風の錦絵一枚絵及び版本挿絵を描いている。作品に大判の錦絵2枚続「文学万代の宝 始の巻 末の巻」が挙げられる。

参考文献[編集]