浮世絵師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浮世絵師(うきよえし)とは、浮世絵を描く絵師のこと。浮世絵には浮世絵版画肉筆浮世絵があり、浮世絵版画においては版下絵を描く下絵師ともいう。

概要[編集]

浮世絵師の祖は菱川師宣とされる。師宣は版本挿絵に登場し人気となり、後に挿絵を一枚絵として独立させた一枚摺の浮世絵版画形式を確立した。また、肉筆浮世絵にも進出した[1]。浮世絵版画は当初墨一色の表現(墨摺絵)のみだったが、その後筆で丹を彩色する丹絵、丹の代わりに紅で彩色する紅絵、数色の色版を用いた紅摺絵、多くの色版を用いる錦絵、と発展した[2]

浮世絵師は江戸時代寛文期(1661年 - 1673年)に登場し、その終焉は明治時代で、日清日露戦争(1904年-明治37年から翌年にかけて)の後といわれる[3]

幅広い画題に秀でた浮世絵師や、特定の分野が得意な浮世絵師がいたが、画題としては、役者絵美人画武者絵名所絵春画など様々にある。

浮世絵版画における浮世絵師の役割[編集]

浮世絵版画では、一般に作品は浮世絵師の名前だけが知られるが、作成においては、版元、浮世絵師(下絵師)、彫師、摺師の協同・分業によっていた[2][4]。浮世絵師の役割としては、

  • 版元からの作画依頼を受ける
  • 墨の線書きによる版下絵の作成
  • 版下絵から作成した複数枚の主版の墨摺(校合摺)に色指し(色指定)する
  • 摺師による試し摺の確認を版元と共に行う

があげられる。

浮世絵師の系譜[編集]

主な浮世絵師の系譜としては、以下のような系列があり[1]、主に『原色浮世絵大百科事典』(1982年)の計上で以下の人数となる[5]。(かっこ内は始祖となる浮世絵師)

生没年や作画期が明確な人物は300名ほどで、主に『原色浮世絵大百科事典』(1982年)の計上で主要な各流派の浮世絵師の総数では1348名、そうでない者も含めて1985年の論文著者の計上で1801名である[5]。20世紀後半に一冊の書籍にて言及された浮世絵師の総数としては『原色浮世絵百科事典』(1982年)が多く1811名を取り上げており、これ以前は『日本版画便覧』(1962年)には826名、『総校日本浮世絵類考』(1970年)では1515名、『浮世絵画人傅』(1981年)では455名となる[5]。文献によって系譜は多少異なるが、『原色浮世絵大百科事典』2巻137-141頁が底本となった[5]

享保年間(1716年 - 1735年)には、ある一門に弟子入りした者は、絵手本を利用して絵の描き方を学習するようになった[6]。多くの浮世絵師は、読本挿絵を担当することで絵師としての実力をその師から認められたため、絵手本の絵が読本挿絵に使われている例も見出せる[6]。絵手本に登場する絵が、錦絵の作品中へと転用されていることもある[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b 小林忠・監『【カラー版】浮世絵の歴史』 美術出版社、1998年5月
  2. ^ a b 守屋正彦他・監『日本美術図解事典』 東京美術、2011年9月
  3. ^ 田辺昌子・監『徹底図解 浮世絵』 新星出版社、2011年12月
  4. ^ 稲垣進一編 『図説 浮世絵入門』 河出書房新社 2011年2月
  5. ^ a b c d 稲田俊志「浮世絵師の動向について1」『岐阜大学教養部研究報告』第21号、1985年、 292-269頁。
  6. ^ a b c 中山創太「浮世絵師にみる絵手本利用の一考察 中国画譜を源流とする歌川派の作品を中心に」『東アジア文化交渉研究』0第5号、2012年2月、 389-405頁。

関連項目[編集]