近藤重蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

近藤 重蔵(こんどう じゅうぞう、明和8年(1771年) - 文政12年6月16日1829年7月16日))は、江戸時代後期の幕臣探検家守重(もりしげ)、号は正斎・昇天真人。間宮林蔵平山行蔵と共に“文政の三蔵”と呼ばれる。

重蔵の別邸にあった目黒新富士。鎗ヶ崎事件の発端となった。歌川広重画。

生涯[編集]

明和8年(1771年)、御先手組与力近藤右膳守知の三男として江戸駒込に生まれる。山本北山儒学を師事する。同門に太田錦城小川泰山太田全斎がいる。幼児の頃から神童と言われ、8歳で四書五経を諳んじ、17歳で私塾「白山義学」を開くなど、並々ならぬ学才の持主であった。生涯、60余種1500余巻の著作を残している。

父の隠居後の寛政2年(1790年)に御先手組与力として出仕、火付盗賊改方としても勤務する。寛政6年(1794年)には、松平定信の行った湯島聖堂学問吟味において合格する。寛政7年(1795年)、長崎奉行手付出役、寛政9年(1797年)に江戸へ帰参し支払勘定方関東郡代付出役と栄進する。

寛政10年(1798年)、幕府に北方調査の意見書を提出して松前蝦夷地御用取扱となる。4度蝦夷地北海道)へ赴き、最上徳内千島列島択捉島を探検、同地に「大日本恵土呂府」の木柱を立てる。松前奉行設置にも貢献する。蝦夷地調査、開拓に従事し、貿易商人の高田屋嘉兵衛に国後から択捉間の航路を調査させる。1798年の探検の帰路、広尾にて悪天により足止めになり道の悪さを痛感、私費を投じて道路を開削させた。いわゆる「ルベシベツ山道」(現、広尾町ルベシベツ-ビタタヌンケ間)であり、北海道における道路建設(開削)の嚆矢となった[1][2][3]

享和3年(1803年)、譴責により小普請方となる。文化4年(1807年)にロシア人の北方侵入(フヴォストフ事件、文化露寇)に伴い再び松前奉行出役となり、5度目の蝦夷入りとなる。その際利尻島や現在の札幌市周辺を探索する。江戸に帰国後、将軍徳川家斉御目見を許される。その際、札幌地域の重要性を説き、その後の札幌発展の先鞭を開いた。

文化5年(1808年)に江戸城紅葉山文庫書物奉行となる。しかし自信過剰で豪胆な性格が見咎められ、文政2年(1819年)に大坂勤番御弓奉行に左遷される。この時、大塩平八郎と会ったことがあり、重蔵は大塩に「畳の上では死ねない人」という印象を抱き、大塩もまた重蔵を「畳の上では死ねない人」という印象を抱いた。文政4年(1821年)に小普請入差控を命じられ、江戸滝ノ川村に閉居する。

鎗ヶ崎事件[編集]

重蔵は本宅のほかに、三田村鎗ヶ崎(現在の東京都目黒区中目黒2-1)に広大な遊地を所有しており、文政2年(1819年)に富士講の信者たちに頼まれて、その地に富士山を模した富士塚目黒富士)を築造した[4][5]。目黒新富士、近藤富士、東富士などと呼ばれて参詣客で賑い、門前には露店も現れた[4]。文政9年(1826年)に上記の三田の屋敷の管理を任せていた長男の近藤富蔵が、屋敷の敷地争いから町民7名を殺害して八丈島流罪となり、父の重蔵も連座して近江国大溝藩(藩主は分部光寧。現在の滋賀県高島市)に預けられる。

配流[編集]

大溝藩は緊急に陣屋敷地内に牢屋敷を増築し、配流人を迎えた。光寧は重蔵を丁重に扱ったと言われている。時の著名人でもあった近藤は、小藩といえど京に近く学問や見識を得ることへの関心が高かった大溝藩において、重蔵は格好の珍客とも言えた。流人ではあったが近藤は書物を与えられ、藩士を相手に意見交換を行ったり、藩士と漢詩を唱和したりしていたことが伝わる。近藤は大溝で本草学書『江州本草』全30巻を著した。大溝を中心とした近江国の植物の、いわゆる植物図鑑であったとされるが、現存しない。近藤は流罪中の罪人であり、当初の監禁状態が緩んでいたとしても陣屋周辺の散策採集であり、近江国内を自由に出歩くようなことはできなかったため、当然ながら大溝藩内部の協力があったと推測される。

配流のまま、文政12年6月16日(1829年7月16日)に同地にて死去。享年59。大溝藩内の円光禅寺塔頭瑞雪院に葬られた。死後の万延元年(1860年)に重蔵の連座処分は赦されたが、長男の富蔵は半世紀以上赦免されず、富蔵による亡父の墓参は、富蔵の流刑から53年を経た明治13年(1880年)にようやく実現した。

墓所[編集]

瑞雪院の墓所

西善寺(東京都指定旧跡、東京都文京区)と円光寺塔頭瑞雪院滋賀県高島市勝野。墓所は高島市指定史跡[6])の2ヵ所。

著作[編集]

建築物[編集]

関連書物[編集]

小説[編集]

漫画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「えりも研究」2013年。えりも町郷土資料館 PDF
  2. ^ 「北の交差点」1997年 PDF
  3. ^ 広尾町公式ウェブサイト 東蝦新道記彫字板
  4. ^ a b 歴史を訪ねて 富士講 目黒区役所公式サイト
  5. ^ 『芸苑一夕話』市島春城著(早稲田大学出版部、1922年)
  6. ^ 近藤重蔵の墓”. 高島市. 2012年11月17日閲覧。

外部リンク[編集]

  • 近藤重蔵 - 『芸苑一夕話』市島春城著(早稲田大学出版部、1922年)
  • 近藤重蔵 - ジャパンサーチ