広尾町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ひろおちょう
広尾町
黄金道路
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 十勝総合振興局
広尾郡
市町村コード 01642-0
法人番号 2000020016420
面積 596.54km2
総人口 6,730[編集]
住民基本台帳人口、2019年5月31日)
人口密度 11.3人/km2
隣接自治体 広尾郡大樹町浦河郡浦河町様似郡様似町幌泉郡えりも町
町の木 オンコ
町の花 つつじ
他のシンボル 町の鳥 : カモメ
開町記念日 : 9月20日
広尾町役場
町長 村瀬優
所在地 089-2692
北海道広尾郡広尾町西4条7丁目1
Hiroo town hall.JPG
外部リンク 公式ウェブサイト

日本地域区画地図補助 01630.svg

広尾町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト
広尾町市街地
広尾町中心部周辺の空中写真。1977年撮影の8枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。
楽古岳より俯瞰する札楽古川のV字谷と十勝港

広尾町(ひろおちょう)は、北海道十勝総合振興局南部にある

町名の由来はアイヌ語の「ピロロ」(陰になったところ)、「ピ・オロ」(石があるところ)、「ピルイ・ペツ」(砥石の川)、「ピラ・オロ」(崖のところ)など諸説ある。

地理[編集]

十勝総合振興局の最南端に位置する。 西部は日高山脈に由来する山岳、東部は太平洋に接する。 地震の多いところである。

  • 山: 野塚岳(1353 m)、楽古岳(1472 m)、十勝岳(1457m)、広尾岳(1231 m)
  • 河川: 豊似川、野塚川、楽古川、広尾川
  • 湖沼:

隣接している自治体[編集]

人口[編集]

茂寄村の戸数、人口
Demography01642.svg
広尾町と全国の年齢別人口分布(2005年) 広尾町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 広尾町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
広尾町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

消滅集落[編集]

2015年国勢調査によれば、以下の集落は調査時点で人口0人の消滅集落となっている[2]

  • 広尾町 - 字ポロブレペツ、旧上豊似地区、字ラッコベツ、字ラッコ、字上豊似、十勝港(重要港湾)、字ルベシベツ、字広尾、字ヲソウシ、字茂寄幹線

歴史[編集]

行政[編集]

歴代首長[編集]

[3]

氏名 就任 退任 備考
茂寄村長・広尾村長・広尾町長(官選)
田中好平 1906年(明治39年)4月1日 1908年(明治41年)11月4日
2 浅山敬三郎 1908年(明治41年)11月5日 1911年(明治44年)3月31日
3 天野剛 1911年(明治44年)4月1日 1916年(大正5年)8月23日
4 高山広司 1916年(大正5年)8月24日 1920年(大正9年)2月23日
5 山田力之助 1920年(大正9年)2月24日 1922年(大正11年)9月27日
6 熊倉兼次 1922年(大正11年)9月28日 1924年(大正13年)10月31日
7 坪谷寛吾 1924年(大正13年)12月18日 1927年(昭和2年)12月15日
8 鶴岡七郎 1927年(昭和2年)12月19日 1930年(昭和5年)4月19日
9 橋本粂之助 1930年(昭和5年)4月20日 1932年(昭和7年)4月24日
10 小崎栄吉 1932年(昭和7年)4月25日 1936年(昭和11年)9月19日
11 小池清治 1936年(昭和11年)9月26日 1941年(昭和16年)5月14日
12 高橋武松 1941年(昭和16年)5月15日 1944年(昭和19年)5月15日
13 佐藤伸昭 1944年(昭和19年)5月16日 1946年(昭和21年)1月7日
14 高橋武松 1946年(昭和21年)4月12日 1946年(昭和21年)11月8日
広尾町長(公選)
15 元野元吉 1947年(昭和22年)4月6日 1953年(昭和28年)12月30日 2期
16 真岩栄松 1954年(昭和29年)2月1日 1966年(昭和41年)3月15日 4期
17 本間次郎 1966年(昭和41年)4月23日 1970年(昭和45年)4月22日 1期
18 村上琢夫 1970年(昭和45年)4月23日 1976年(昭和51年)6月9日 2期
19 泉耕治 1976年(昭和51年)6月10日 2000年(平成12年)6月9日 6期
20 大野進 2000年(平成12年)6月10日 2008年(平成20年)4月29日 2期
21 村瀨優 2008年(平成20年)4月30日 現職 3期

経済[編集]

基幹産業は漁業、農業(畑作)、酪農。十勝港(国の重要港湾)がある。

農業[編集]

『大日本篤農家名鑑』によれば、茂寄村の篤農家は、「田中好平、中村就三、松本四郎、鈴木久太郎、鹽田辰之助、高木藤作、鹽崎政一郎、堀重松、岩浅伊三郎、榮元蔵、丹羽鍬治郎、長澤七次郎」などである[4]

立地企業[編集]

農協・漁協[編集]

  • 広尾町農業協同組合(JAひろお)
  • 広尾漁業協同組合

金融機関[編集]

郵便局[編集]

  • 広尾郵便局(集配局)
  • 豊似郵便局
  • 十勝野塚郵便局
  • 音調津郵便局
  • 広尾本通簡易郵便局

その他の企業・店[編集]

  • 岡嶋水産
  • 工藤水産
  • 山本水産
  • 鏑木水産
  • 中村商店

公共機関[編集]

行政機関[編集]

警察[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

教育[編集]

閉校された学校

  • 音調津小学校 2007/03
  • 音調津中学校 2007/03
  • 野塚中学校 2007/03
  • 広尾第二小学校 2011/03(広尾と広尾第二を統合。旧広尾第二小の校舎を広尾小として継続使用。)
  • 野塚小学校 2015/03
  • 豊似中学校 2017/03

交通[編集]

空港[編集]

港湾[編集]

1996年から定期航路として近海郵船のフェリーが上り便のみ寄航していたが、1999年(平成11年)11月に廃止されている。

鉄道[編集]

かつては広尾線が通っていたが、1987年(昭和62年)2月2日に廃止されている。町内には豊似駅野塚駅新生駅広尾駅が設置されていた。

道路[編集]

天馬の橋

バス[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

文化財[編集]

道指定有形文化財[編集]

  • 東蝦新道記 - 十勝神社蔵、非公開
  • 円空作観音像 - 禅林寺蔵、非公開

町の文化財[編集]

  • 円空仏「厨子」、広尾学校扁額、トカチ陣屋の井戸枠、十勝神社の石灯籠など有形文化財13件
  • 仙台藩トカチ陣屋跡
  • 杉の樹林地 - 十勝神社

観光[編集]

祭り[編集]

  • つつじ祭り(6月第1日曜日)
  • 十勝港海上花火大会(8月第1土曜日)
  • ふるさと夏まつり(8月14日
  • サンタランドイルミネーション点灯式(11月第2土曜日)
  • サンタの街イルミネーションコンテスト(11月第2土曜日~12月25日)
  • 海鮮山鮮まんぷくまつり(12月第2日曜日)

出身有名人[編集]

政治・経済[編集]

  • 中川一郎(政治家) - 衆議院議員。農林水産大臣等を歴任。
  • 中川義雄(政治家) - 元参議院議員、中川一郎の弟。
  • 喜多龍一(政治家) - 北海道議会元議長。
  • 中川新太郎(中川時計店代表)[7]
  • 鈴木千代秀(時計、貴金属、蓄音機小売・秀榮堂代表)[7]

学術[編集]

スポーツ[編集]

その他[編集]

ゆかりのある人物[編集]

  • 坂本直行(画家) - 釧路市出身、広尾町在住。中札内村に記念館がある。
  • 中川文蔵(農民、雑貨商兼家畜商、政治家) - 富山県出身。広尾町会議員。中川一郎の父。
  • 中川昭一(政治家) - 衆議院議員。中川一郎の長男。東京都生まれ、本籍が広尾町。農林水産大臣、経済産業大臣、自民党政調会長、財務大臣、内閣府特命担当大臣金融を歴任。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 『十勝宝盟鑑』77-81頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年7月5日閲覧。
  2. ^ [|総務省統計局統計調査部国勢統計課] (2017-01-27) (CSV). 平成27年国勢調査小地域集計01北海道《年齢(5歳階級),男女別人口,総年齢及び平均年齢(外国人-特掲)-町丁・字等》 (Report). 総務省. http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/GL08020103.do?_csvDownload_&fileId=000007841019&releaseCount=1 2017年5月20日閲覧。. ※条町区分地の一部に0人の地域がある場合でも他の同一区分地で人口がある場合は除いた。
  3. ^ 2019 町勢要覧資料編 (PDF)”. 広尾町 (2019年). 2019年7月3日閲覧。
  4. ^ 『大日本篤農家名鑑』531頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年7月5日閲覧。
  5. ^ 会社案内”. 十勝バス. 2018年6月11日閲覧。
  6. ^ 各営業所、案内所”. 十勝バス. 2018年6月11日閲覧。
  7. ^ a b 『全国業界名鑑興信録 後篇』606頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月9日閲覧。

参考文献[編集]

  • 大日本篤農家名鑑編纂所編『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年。
  • 日本貴金属時計新聞社編輯局編『全国業界名鑑興信録 後篇』日本貴金属時計新聞社、1925年。
  • 千枝与右衛門編『十勝宝盟鑑』十勝三興社、1925年。

外部リンク[編集]