松前城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
松前城
北海道
外観復元された松前城天守
外観復元された松前城天守
別名 福山城
城郭構造 平山城
天守構造 独立式層塔型3重3階(1855年安政元年)築 非現存)
1960年RC造外観復元)
築城主 松前崇広
築城年 安政元年(1855年)
主な城主 松前氏
廃城年 1874年
遺構 本丸御門、御殿玄関、石垣、土塁
指定文化財 国の重要文化財(本丸御門)
国の史跡
北海道有形文化財(御殿玄関)
再建造物 天守
位置 北緯41度25分49.17秒 東経140度6分30.96秒 / 北緯41.4303250度 東経140.1086000度 / 41.4303250; 140.1086000
地図
松前城の位置(北海道内)
松前城
松前城

松前城(まつまえじょう)は、北海道松前町にあった日本の城平山城)。江戸時代、公式には福山城(ふくやまじょう)と記されたが、当時から備後福山城との混同を避けるため松前城とも呼ばれていた[1]

江戸時代末期に海防強化のため松前藩江戸幕府に命じられ、居城であった福山館を拡張する形で築城し、1855年安政元年)に完成した。石田城と並び日本における最後期[2]、かつ、北海道内で唯一つの日本式城郭である[3]

箱館戦争では、明治元年11月5日(1868年12月18日)に土方歳三が率いる旧幕府軍に攻め落とされたが、翌年、新政府軍が奪回した。明治維新後、天守などを除く城の大半が取り壊されたが、天守は国宝保存法に基づく国宝に指定された。しかし1949年昭和24年)6月5日に類焼により焼失[4]。そのため、創建当時から現存する建築物は切妻造本丸御門[5][3]と本丸表御殿玄関(北海道有形文化財)[6][7]および旧寺町御門(現在の阿吽寺山門)[8]のみである。今も残る曲輪・石垣などを含めた城跡が国の史跡に指定されている[9][10]

現在は松前城とその周辺の寺町や観光施設の松前藩屋敷[11][12]を含む広いエリアが松前公園として整備されている。公園には松前町発祥の貴重な松前系品種を含む250種1万本の桜が植えられていて日本さくら名所100選に選定されており、2か月にわたり花見ができる全国屈指の桜の名所となっている[13][14]

歴史[編集]

福山館[編集]

前身の福山館は、松前慶広の代に、松前氏が居城としていた大館(徳山館)より福山へ移城した際、1600年慶長5年)から1606年(慶長11年)にかけて建設された[15]。福山館は堀や石垣があり、本丸のほか二ノ丸、北ノ丸、櫓が築かれていたが、松前氏が無城待遇だったことから、正式に城とは呼ばれなかった[16]

築城[編集]

画像外部リンク
松前城の図面(松前福山城図) - 函館市中央図書館デジタル資料館

江戸幕府は異国船到来の増加を受けた海防強化のため、松前藩主となったばかりの松前崇広1849年嘉永2年)7月10日、新たに築城を命じた[17]

築城の縄張りは、日本三大兵学者と呼ばれた長沼流市川一学に依頼された。一学は息子の市川十郎とともに松前に渡り、藩内を調査し、箱館の北にある庄司山から大川付近が最適地であるとして意見具申した。しかし藩士側は、松前が交易の中心かつ父祖伝来の土地であること、そして移転に要する多額の費用を捻出することは難しいため、現在の福山館を拡大し、海岸に砲台を設置すべきと反論。市川十郎は箱館移転と福山館拡張の二案を幕府に提出し、幕府の採決により福山館拡張で決定した[18]

松前内蔵広当が総奉行に任じられ、1850年(嘉永3年)7月以降に福山館の撤去と縄張りが開始。石材には城北東部から採れる緑色凝灰岩を中心に、重要部分には兵庫の本御影石などが用いられた[19]。総工事費は約15万両と概算されるが、築城の最大の課題は費用捻出であり、沖ノ口口銭の引き上げや家臣俸禄の一割献上、町民からの献金や労働力提供が行われた[20]。1855年(安政元年)秋に工事が完成、幕府目付堀利煕による検分が行われた[21]

城は本丸から三の丸まで総面積21,074坪で、三重櫓、二重櫓、太鼓櫓が建てられた[22]。城の強化のため、外郭石垣の輪郭を大きくし、さらに内側に二重の石垣を設置。建物の壁も、その外側に落とし板が付けられた[23]。また旧式城郭として異例の砲台が三の丸に7つ置かれ、城のほかにも海岸砲台が16砲台33門築造された[24]

戊辰戦争[編集]

明治元年(1868年)10月、蝦夷地に上陸し五稜郭を占領した旧幕府軍は土方歳三を指揮官に、彰義隊、陸軍隊、額兵隊、新撰組ら700名で松前攻略軍を編成し、10月27日に五稜郭を出発した[25]。11月1日(1868年12月14日)には蟠龍津軽藩の旗を掲げて松前湾に進入し松前城を砲撃。松前城と各砲台から反撃し、蟠龍は沖に逃れた[26]

旧幕府軍は11月5日(1868年12月18日)に防衛線を突破し松前城を攻撃した。藩主・松前徳広は10月28日に館城へ移っており、松前城の守備は城代家老の蠣崎民部と軍事方の三上超順を中心に、南門(搦手門、大手門、天神坂門)に45名、北門(寺町御門)に50名の兵だけであった[27]。旧幕府軍は陸上のほか回天が城内に向け艦砲射撃を実施。彰義隊の搦手門への攻撃に対して、松前藩兵は門を開いて大砲を発射しては門を閉めることを繰り返す作戦をとった。これに対し旧幕府軍は門が開くのを待って突撃し白兵戦となった[28]。北門側では旧幕府軍が堀・塀を乗り越え北の丸に侵入、本丸で激しい戦闘が行われた。しかし兵力差は大きく落城した[29][28]。松前藩兵は午後1時頃、城に火をかけて退却し、民家にも放火したため街の4分の3が焼失した[30]

松前を占領した旧幕府軍は人見勝太郎を松前奉行に任命し守備するとともに、町民も動員して地雷の敷設や台場の新設など防備を強化した[31]

翌明治2年4月9日、新政府軍は蝦夷地奪還に向け、乙部に上陸した。新政府軍は江差から海岸線を松前に向け進撃し、4月17日に旧幕府軍と松前西方の江良・立石野で戦闘。激戦となるが甲鉄ほかの艦砲射撃により旧幕府軍は敗退する。この間に松前藩兵が山中を抜け松前城下に進入、城を奪回した[32]

現在も石垣に箱館戦争の弾痕がいくつも残っている[33]

明治維新後[編集]

1872年(明治4年)、家臣俸禄維持のため、城内建物の銅瓦をはぎ取って売却し、一戸当たり7両を給付した[34]。1874年(明治6年)には、道南で漁業税改正反対の漁民一揆が発生したことを受け、旧藩士による反乱を予防するため松前城を解体することとし、開拓使札幌本庁舎の屋根に転用するため、天守閣の銅板をはぎ取った[35]

開拓使は本丸御殿の建物を福山出張所としようとしたが、老朽化が酷いため断念した。1874年(明治7年)、開拓使は天守、本丸表御殿、本丸御門以外の建物の解体を開始。古材は役所建築の材料としたり、民間に売却された。同年5月には松前城の取り壊しに着手し、石垣を撤去、堀を埋めて更地とした[36]

そして街の再生を図って、1875年(明治8年)、豪商・栖原小右衛門らの寄付金と国庫からの借入金により、松前城の石垣を再利用して松前波止場と呼ばれている岸壁を整備した[37][38]。なお松前波止場は、1892年(明治25年)にセメントを用いた大規模改修が行われ、第二次世界大戦後、現在の松前港が整備され役割を終えるまで船着き場として利用された[39]。松前城の石垣を再利用した築造であり近代土木技術の遺構として高く評価され、2014年度(平成26年度)には土木学会によって「土木学会選奨土木遺産」に認定された[39]

旧国宝指定・天守閣焼失[編集]

その後、松前城は政府や道庁に保存の補助を働きかけたが実現せず、天守閣を改装して公会堂に利用していたが、昭和初期には修理続きで無用の長物扱いもされる状態であった[40]。しかし、1935年(昭和10年)6月7日、城跡が国指定史跡となり[41][10]1941年(昭和16年)5月8日には、天守、本丸御門、本丸御門東塀が国宝保存法に基づく国宝(現行法の「重要文化財」に相当)に指定された[42]

太平洋戦争末期の1944年(昭和19年)6月には、軍の命令により、天守閣が敵の目標となるのを防ぐため、藁縄を編んだものを天守閣に被せて遮蔽した。戦後、この網を除去したが、白壁が崩れて建物は骨ばかりとなり、鯱も落下している状況となった[42]。1946年(昭和21年)に国が調査を行い、1948年(昭和23年)度に国と道で修理工事を行うことになったが、道が資金を捻出できず1949年(昭和24年)度に修理を行うこととなった[42]。このため解体修理を始めようとした矢先、火事に襲われる[40]。1949年6月5日午前1時10分頃、国指定史跡・松前奉行所跡であった松前町役場の当直室から出火した[注 1]ものが飛び火して、午前4時には天守と本丸御門東塀を全焼。町民の多くは手を合わせ、涙ながらに落城を見送った[44]

焼失を免れた本丸御門は修理工事をなされ[45]1950年(昭和25年)の文化財保護法施行により重要文化財に指定された[3][46]

天守閣復元[編集]

1957年(昭和32年)、松本隆・元町長の提唱により「松前城再建期成会」(総裁・町村金五北海道知事)を結成し、募金活動を行う。5,792万円の寄付金に町費を加えた7,000万円の工事費で復元工事を実施。なお、この復元工事に際し、国指定史跡地内の現状変更申請は行われていなかった[47]

1959年(昭和34年)7月から天守焼け跡の敷地の整理が行われて[48]同年8月から本格的に再建工事開始[49][50]。翌1960年(昭和35年)9月に外観工事が完成[51]。その後、第2期工事などが行われて1961年(昭和36年)5月16日に落成した[52]。基本構造は鉄筋コンクリート構造によって、外観は焼失前の姿をできる限り忠実に再現。内部は松前城資料館として利用されることとなった[53]。この復元工事の完成に伴う式典には松前家子孫も来町し、松前の旧城下町で大名行列が行われた[54]

松前町は史跡内民有地の建物建築を規制しておらず、1970年(昭和45年)に石垣崩落の修理を行うため文化庁が調査を行った際、現状変更申請の無いままに違法建築物が文化財指定時から約30棟増えていることが問題となる。これを受けて町は「史跡福山城保存管理計画」を策定し、1976年(昭和51年)度から、建造物の撤去、城跡遺構の調査・修復を開始した[55]

平成年間[編集]

1991年(平成3年)、「松前藩史」にある、売却して士の窮乏を救ったとされていた銅瓦の破片と推測される金属片が福山城跡の東角付近から出土し、その記述の裏付けになると注目された[56]

1992年(平成4年)の発掘では外堀の発掘が行われ、三の丸の下部に約180年前の石垣がそのまま残っていることが確認された[57]

1994年(平成6年)の発掘では松前城搦手御門跡の発掘が行われて約120年前の石垣の根石が確認され、本丸しのぐ幅27メートルの大規模のものであったと考えられるようになった[58]

1995年(平成7年)の発掘では福山城太鼓櫓跡の発掘が行われると共に、福山城の5番台場と6番台場の位置や規模を確認する発掘調査が行われた[59]

1996年(平成8年)の発掘では番所跡の発掘が行われ、その位置や規模を確認が行われた[60]

2000年(平成12年)に外堀に架かる木橋と石橋[61]のほか、搦手口には高麗門形式の「搦手二ノ門」が木造復元によって再建[62]2002年(平成14年)には、「天神坂門」が復元された[63]

2001年平成13年)、北海道遺産(「福山城と寺町」)に選定[2]

2005年(平成17年)に松前町神明の山中で松前城石切り場跡が発見され[64]、2007年(平成19年)に15カ所の作業跡や「矢穴」が確認された[65]

2006年(平成18年)4月6日、日本100名城(3番)に選定され、2007年(平成19年)6月から全国規模の日本100名城スタンプラリーが開始された。

木造天守の復元[編集]

2010年(平成22年)からは天守閣の本格的な復元を検討することになり[3]、同年5月に松前城整備審議会が発足して論議を本格化させた[66]2011年(平成23年)の耐震診断で鉄筋コンクリート造の復興天守閣が「国の耐震基準を下回っていて震度6で倒壊の恐れがある」とされたため、補強か復元かの判断を迫られることになった[67]。そして2018年(平成30年)に、2035年完成をめざした木造による復元計画が立ち上げられた[68]

文化財[編集]

本丸御門[編集]

1941年(昭和16年)、国宝保存法の国宝に指定。

1950年(昭和25年)の文化財保護法施行後、国の重要文化財に指定。

本丸表御殿玄関[編集]

本丸御門、天守とともに残存していた旧表御殿は、1875年開校の松城小学校校舎として利用されたが、1900年の新校舎建設に伴って取り壊された。しかし、玄関のみは新校舎に取り付けられて引き続き利用されることとなった。1982年、校舎新築に伴って玄関部分は曳家して城内に保存されることとなった[69]

1983年(昭和38年)7月26日、北海道の有形文化財に指定[70]

非現存の文化財(旧国宝)[編集]

本丸御門東塀[編集]

本丸御門の東側に続く土塀で、長さは59尺、狭間5箇所、屋根は銅板葺であった。

1941年(昭和16年)、国宝保存法の国宝に指定された。

1949年(昭和24年)6月5日の役場火災の類焼によって焼失し、指定解除となった。

天守[編集]

天守は本丸南東隅に上げられ、三重三階の層塔型で、築城当時は「三重御櫓」と称されていた。約10間四方の櫓台を築き、その上に犬走のように余地を残して建てられていた。各階の大きさは以下の寸法概要のとおりであるが、各階の高さについては判明しない。[71]

1941年(昭和16年)、国宝保存法の国宝に指定。

1949年(昭和24年)6月5日の役場火災の類焼によって焼失し、指定解除となった。

外観[編集]

最上重屋根の入母屋破風以外には破風はなく、各階外壁には2条の長押形を施し、軒裏は白木造りで、屋根は銅板葺であった。[72]

内部[編集]

1・2階は中央に身舎、外側に入側をまわし、3階は間仕切りのない構造。外に面する壁の内側には、防弾のため厚さ約60ミリメートルの欅板を張ってあった。[72]

天守寸法概要
階層

(内部階)

梁間

(南北)

桁行

(東西)

Old Matsumae Castle keep tower in 1935.jpg
3階 21尺 27尺
2階 30尺 36尺
1階 39尺 45尺
総高

(櫓台上から棟)

5丈4尺6寸
出典 『復原『名城天守』』[71] 1935年当時の松前城天守

城下町の整備[編集]

1992年平成4年)9月に松前町松城のバス待合所が商家の土蔵風に改装される[73]など北海道道松前港線の拡幅工事に伴う旧城下町地区の再整備事業においては[74]町屋造りで商店街の建物の外観を統一し[74]、「最北の城下町」や「小京都」と呼ばれた町並みの再興を目指した[75]

北海道道松前港線は2006年(平成18年)の「沖口広場」の完成と共に「城下通り」と命名された[76]

行事[編集]

松前城址を中心とする約15万m2の松前公園には約250種・8000本の桜が植えられており、毎年春の「松前さくらまつり」には20万人以上の花見客が来訪している[77]

1984年(昭和59年)からは8月に「松前城下時代まつり」が開催されている[78]

立地[編集]

所在地
北海道松前郡松前町字松城144
アクセス
函館バス「松城」下車、徒歩約10分

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 出火原因は警察の実験の結果、当直員が電灯の傘を遮光幕で覆って寝たところ、遮光幕が熱を持ち発火したと判断されている[43]

出典[編集]

  1. ^ 日本城郭大系, p. 188.
  2. ^ a b “次世代へ 北海道遺産 18 福山城(松前城)と寺町=渡島管内松前町 桜似合う最後の和式城郭”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2003年2月9日)
  3. ^ a b c d “道内唯一の日本式城郭 松前城天守閣 復元を検討 松前町 可能性審議し年内結論”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2010年3月3日)
  4. ^ “国宝松前城全焼す”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1949年6月6日)
  5. ^ 本丸御門”. 北海道松前藩観光奉行. 2019年5月15日閲覧。
  6. ^ 本丸表御殿玄関”. 北海道松前藩観光奉行. 2019年5月15日閲覧。
  7. ^ “道南文化財巡り 25 福山城本丸御門と銀板写真(松前町) 黒船来航の時を刻む”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2007年9月28日)
  8. ^ 阿吽寺 山門”. 北海道松前藩観光奉行. 2019年5月11日閲覧。
  9. ^ “21世紀の道南へ 第5部 建造物・史跡 6 松前城 古い写真基に復元進む”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2000年10月23日)
  10. ^ a b 松前氏城跡 福山城跡・館城跡 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  11. ^ 松前藩屋敷”. 北海道松前藩観光奉行. 2019年5月15日閲覧。
  12. ^ 松前藩屋敷”. 函館市公式観光情報 はこぶら. 2019年5月15日閲覧。
  13. ^ 浅利政俊さんが「桜守」に”. Hakodate.com (2005年4月26日). 2019年5月11日閲覧。
  14. ^ ”日本一のお花見”が楽しめる場所は北海道にある 桜と共に歴史を重ねる、松前町のあゆみ”. PR Table (2017年5月29日). 2019年5月11日閲覧。
  15. ^ 松前町史通説編第一巻上, pp. 524-526.
  16. ^ 戸祭由美夫 2018, pp. 188-189.
  17. ^ 松前町史通説編第一巻下, p. 1078.
  18. ^ 松前町史通説編第一巻下, pp. 1079-1080.
  19. ^ 松前町史通説編第一巻下, p. 1080.
  20. ^ 松前町史通説編第一巻下, pp. 1081-1082.
  21. ^ 松前町史通説編第一巻下, p. 1082.
  22. ^ 松前町史通説編第一巻下, p. 1084.
  23. ^ 松前町史通説編第一巻下, p. 1086.
  24. ^ 松前町史通説編第一巻下, pp. 1086-1088.
  25. ^ 松前の歴史, p. 112.
  26. ^ 松前の歴史, p. 113.
  27. ^ 松前の歴史, pp. 114-115.
  28. ^ a b 松前町史通説編第一巻下, pp. 1327-1328.
  29. ^ 松前の歴史, p. 115.
  30. ^ 戊辰戦争全史 1998, p. 223.
  31. ^ 松前町史通説編第一巻下, pp. 1338-1340.
  32. ^ 松前町史通説編第一巻下, pp. 1348-1351.
  33. ^ “お気に入り 松前城の石垣=松前町 激動を物語る砲弾跡”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2014年1月27日)
  34. ^ 松前の歴史, pp. 149.
  35. ^ 松前町史通説編第ニ巻, pp. 135-138.
  36. ^ 松前の歴史, pp. 150-151.
  37. ^ 松前の歴史, p. 151.
  38. ^ “土木遺産を訪ねて 6 松前波止場(松前町) 明治期商人の熱意結実”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2004年8月10日)
  39. ^ a b “松前港福山波止場、選奨土木遺産に 城の石垣再利用を評価”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2014年12月5日). オリジナルの2014年12月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141207192225/http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki2/578414.html 
  40. ^ a b 松前町史通説編第ニ巻, p. 1314.
  41. ^ 松前町史通説編第ニ巻, pp. 1614-1615.
  42. ^ a b c 松前町史通説編第ニ巻, p. 1615.
  43. ^ 松前町史通説編第ニ巻, p. 1315.
  44. ^ 松前町史通説編第ニ巻, pp. 1313-1317.
  45. ^ 松前町史通説編第ニ巻, p. 1616.
  46. ^ 福山城(松前城)本丸御門 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  47. ^ 松前町史通説編第ニ巻, pp. 1616-1617.
  48. ^ “出るのは石ばかり 松前城再建 関係者もうなる”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1959年7月27日)
  49. ^ “六月十日に入札 松前城再建、着工は八月”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1959年5月29日)
  50. ^ “来月から外部工事へ 松前城再建、順調に進む”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1959年9月9日)
  51. ^ “夜空に浮かぶ“夢の城” 松前城 白壁もくっきりと 天守閣完成 待望の照明テスト”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1960年9月12日)
  52. ^ “人波に埋まる松前城 盛大に落成式行う”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1961年5月16日)
  53. ^ “松前城天守閣、入場200万人達成いつでしょう?”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1993年4月16日)
  54. ^ “松前町はお祝い一色 城落成記念行事で 松前家子孫も来町 ザッと3000からの人出”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1961年5月17日)
  55. ^ 松前町史通説編第ニ巻, pp. 1617-1618.
  56. ^ “松前の福山城跡で出土の3片、幻の銅瓦か-「売却し藩士の窮乏救う」。藩史裏付ける資料”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1991年12月18日)
  57. ^ “松前城の外堀発掘-180年ぶりに三の丸の一部”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1992年8月14日)
  58. ^ “松前城搦手御門を発掘 本丸しのぐ幅27メートル規模”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1994年11月18日)
  59. ^ “福山城遺構確認調査 5、6番台場に着手 場所特定し規模を把握”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1995年6月30日)
  60. ^ “追手門、番所の規模確認 松前城の本年度発掘終了”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1996年10月24日)
  61. ^ “きのう今日あす 地方版から”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2000年4月25日)
  62. ^ “築城時の威容「復元」 松前搦手二ノ門”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2000年12月8日)
  63. ^ “江戸の趣 松前城復元 小ぶりでも城門きりり”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2002年12月18日)
  64. ^ “石切り場跡 遺構調査 昨年発見 城の歴史解明に期待 松前町教委 分布図を作成、発掘も”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2006年6月13日)
  65. ^ “松前城石切り場跡 作業跡15カ所 「矢穴」も確認 14日 小学生以上対象に見学会”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2007年7月11日)
  66. ^ “松前城整備審が発足 天守閣復元へ本格論議”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2010年5月21日)
  67. ^ “築50年・松前城天守閣 震度6で倒壊の恐れ 国の耐震基準下回る 補強か復元か 町、来年にも判断”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2011年10月28日)
  68. ^ 史跡・松前城、木造復元へ 江戸末期を再現 35年完成目指す
  69. ^ 文化遺産オンライン「旧松前城本丸表御殿玄関」”. 文化庁. 2017年1月4日閲覧。
  70. ^ 北海道指定の文化財一覧”. 北海道教育委員会. 2017年1月4日閲覧。
  71. ^ a b 西ヶ谷恭弘監修『復原『名城天守』』学習研究社編、学習研究社、1996年。ISBN 4-05-500160-6
  72. ^ a b 学習研究社編『【決定版】図説 国宝の城』学習研究社、2010年。
  73. ^ “こだま 松城バス待合所が商家の土蔵風に改装、オープン”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1992年9月26日)
  74. ^ a b “どうなんリポート いよいよ出現…松前の商店街整備事業 幕藩の装い“復活” 06年度完成予定 活性化に期待”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2004年6月27日)
  75. ^ “発信2006 最北の城下町 松前城400年 上 復元 「小京都」再興へ息長く”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2006年6月27日)
  76. ^ “松前城 築城400年 「沖口広場」が完成 道道松前港線 名称「城下通り」に”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2006年4月25日)
  77. ^ “乱れ咲き”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1987年4月30日)
  78. ^ “武者行列が行く 初の松前城下時代まつり”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1984年8月12日)

参考文献[編集]

  • 『松前町史』通説編第一巻上、松前町、1984年。
  • 『松前町史』通説編第一巻下、松前町、1988年。
  • 『松前町史』通説編第ニ巻、松前町、1993年。
  • 『概説 松前の歴史』通説編第ニ巻、松前町、1994年。NCID BB01948230
  • 日本城郭大系』第1巻、平井聖・他、新人物往来社、1980年。
  • 戸祭由美夫『絵図にみる幕末の北辺防備』古今書院、2018年。ISBN 978-4-7722-2024-8
  • 『戊辰戦争全史』下、菊池明・伊東成郎編、新人物往来社、1998年。ISBN 4-404-02573-4

関連項目[編集]

外部リンク[編集]