平井聖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ひらい きよし
平井 聖
生誕 (1929-07-10) 1929年7月10日(89歳)
東京府東京市
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京工業大学
職業 建築史学者
受賞 瑞宝中綬章(2009年)
日本建築学会賞大賞(2015年)

平井 聖(ひらい きよし、1929年7月10日 - )は、日本の建築史家東京工業大学名誉教授。専門は、日本建築史、特に住宅史。

略歴[編集]

東京都生まれ。1952年、東京工業大学建築学科卒業、同大学助手。1962年、「日本近世住宅に於ける殿舎平面と配置に関する研究」で工学博士1963年、助教授、1974年教授1993年定年退官、名誉教授、1969年多摩美術大学建築科で教えた。[1]

昭和女子大学教授。2006-2009年、学長。福井県立博物館館長。NHK大河ドラマの建築考証を1993年『炎立つ』から現在まで務めている。2009年瑞宝中綬章を受勲。

妹の吉野篤子はハーピストで、その長女は吉野直子[1]

著書[編集]

  • 『日本の近世住宅』鹿島研究所出版会 SD選書 1968
  • 『屋根の歴史』東洋経済新報社、1973
  • 『日本住宅の歴史』日本放送出版協会 NHKブックス、1974
  • 『図説日本住宅の歴史』学芸出版社、1980
  • 『日本人のすまい』市ケ谷出版社、1988
  • 『住生活史 日本人の住まいと生活』放送大学、1989
  • 『生活文化史 日本人の生活と住まい』放送大学、1994
  • 『「猫の家」その前と後 『吾輩は猫である』を住生活史からみると』昭和女子大学近代文化研究所、2008 ブックレット近代文化研究叢書
  • 『日本人の住まいと住まい方』放送大学叢書、左右社、2013

共編著[編集]

その他城郭関係の監修多数

脚注[編集]

  1. ^ 『人事興信録』1995、吉野信次の項。

参考文献[編集]