金沢城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
logo
金沢城
石川県
三ノ丸
三ノ丸
別名 尾山城、尾上城、金城
城郭構造 梯郭式平山城
天守構造 不明(1592年築)
御三階櫓(望楼型3重 1603年築)非現存
築城主 佐久間盛政
築城年 天正8年(1580年
主な改修者 前田利家利長
主な城主 佐久間氏前田氏
廃城年 明治4年(1871年
遺構 長屋・門、石垣、土塁、堀
移築能舞台
指定文化財 国の重要文化財(石川門、三十間長屋、鶴丸倉庫)、史跡
再建造物 菱櫓・橋詰門・橋詰門続櫓・五十間長屋
位置 北緯36度33分51.54秒
東経136度39分33.22秒
座標: 北緯36度33分51.54秒 東経136度39分33.22秒

金沢城(かなざわじょう)は、石川県金沢市丸の内にあった日本の城である。江戸時代には加賀藩前田氏の居城だった。城址は国の史跡に指定されている[1]

概要[編集]

金沢平野のほぼ中央を流れる犀川浅野川とに挟まれた小立野台地の先端に築かれた、戦国時代から江戸時代にかけての梯郭式の平山城である(かつて「尾山」と呼ばれたのもこの地形に因む)。や門に見られる、白漆喰の壁にせん瓦を施した海鼠(なまこ)壁と屋根に白い鉛瓦が葺かれた外観、櫓1重目や塀に付けられた唐破風入母屋破風の出窓は、金沢城の建築の特徴である。

この地は加賀一向一揆の拠点で浄土真宗の寺院である「尾山御坊(おやまごぼう、または御山御坊)」であった。寺とはいうものの大坂石山本願寺(大坂御坊)と同じく石垣を廻らした城ともよべる要塞でもあった。織田信長が一揆を攻め落とし、跡地に金沢城を築いて佐久間盛政を置いた。後に盛政が賤ヶ岳の戦い羽柴秀吉により討たれ、秀吉は金沢城を前田利家に与えた。利家は文禄元年(1592年)から改修工事を始め、曲輪や堀の拡張、5重の天守や櫓を建て並べた。兼六園は、加賀藩五代藩主前田綱紀が金沢城に付属してつくらせた大名庭園である。

城址は明治以降、存城とされて軍施設が置かれたため建物の一部を残して撤去され、第二次世界大戦後には金沢大学平成7年(1995年)まで置かれていた。

歴史・沿革[編集]

三十間長屋(鉄砲蔵・重文)
三十間長屋(鉄砲蔵・重文)
鶴丸倉庫(武具蔵・重文)
鶴丸倉庫(武具蔵・重文)
橋詰門一の門(復元)
橋詰門一の門(復元)
石川門一の門(枡形内から撮影・重文)
石川門一の門(枡形内から撮影・重文)
菱櫓(復元)
菱櫓(復元)
鉄門石垣
鉄門石垣
玉泉院丸庭園(復元)
玉泉院丸庭園(復元)

戦国時代・安土桃山時代[編集]

江戸時代[編集]

明治以降[編集]

  • 1873年明治6年) - 全国城郭存廃ノ処分並兵営地等撰定方により存城処分となり、陸軍省の財産となる。
  • 1875年(明治8年) - 陸軍歩兵第7連隊が金沢城址に置かれた。
  • 1881年(明治14年) - 火災で石川門と三十間長屋と鶴丸倉庫を残して焼失。
  • 1898年(明治31年) - 陸軍第9師団司令部が金沢城址に置かれ、第二次世界大戦が終わるまで存続した。
  • 1949年昭和24年) - 戦後新設された金沢大学(丸の内キャンパス)として使われた。
  • 1995年平成7年) - 金沢大学が移出。
  • 1996年(平成8年) - 石川県が国から金沢城址を取得し、金沢城址公園として整備を開始。
  • 1999年(平成11年) - 金沢城の復元整備事業の第1期工事に着工。
  • 2001年(平成13年) - 第1期工事により、菱櫓・橋爪門・橋爪門続櫓・五十間長屋が復元完了し、金沢城公園と改称された。復元に当たって実際の木材は六寸角だが現代の耐震建築基準に合わせて八寸角が使われた。
  • 2006年(平成18年) - 日本100名城に選定された。石川県と金沢市は、金沢城址を中心とする「城下町金沢の文化遺産群と文化的景観」の世界遺産文化遺産)への登録を目指し、「世界遺産暫定一覧表」への記載を国(文化庁)に共同提案したが、継続審議が適当とされ追加記載には至らなかった(#外部リンク参照)。
  • 2008年(平成20年) - 金沢城跡として国の史跡に指定された。
  • 現在、金沢城の第2期復元整備事業が進められている(事業期間:2006年 - 2014年)。
    すでに工事が完了した物の他に、石川門の保存修理、橋爪門二の門の復元整備などが計画されている。金沢城の中核をなす二の丸御殿の復元については、2007年9月19日の石川県議会において谷本知事が「絵図、文献資料の解読に一定期間が必要であり、現時点では復元は困難(要旨)」との考えを示した。
    • 2011年(平成22年) - 河北門と、いもり堀(一部)が復元された。
    • 2013年(平成25年) - 石川門改修工事完成の予定。
    • 2014年(平成26年) - 玉泉院丸跡の暫定的整備が完了の予定。


構造[編集]

菱櫓・五十間長屋内部と模型
菱櫓・五十間長屋内部と模型
1975年当時の金沢城址(金沢大学丸の内キャンパス)。(国土画像情報(カラー空中写真)[1975]:国土交通省による)
1975年当時の金沢城址(金沢大学丸の内キャンパス)。(国土画像情報(カラー空中写真)[1975]:国土交通省による)

典型的な平山城で、櫓を多用した構造になっている。瓦には冬の積雪に耐えられるように、軽量であり、また、有事には鉄砲弾にもなる鉛瓦が用いられた。本丸・二の丸・三の丸があったが、天守や三階櫓の焼失後は二の丸を藩主の居所とした。天守は再建されなかった。

あまり堅固な城とは言えず、有事の際は城下町にて敵を迎え撃つため軍事拠点として多くの寺が建立された。そのうちのひとつ、妙立寺(通称忍者寺)の井戸には金沢城に通じる抜け穴があるとされる。

城の周囲には、大手堀、いもり堀、百間堀(ひゃっけんぼり)、白鳥堀(はくちょうぼり)が存在した。現存するのは大手堀のみで、他の3つの堀は明治時代末から大正時代にかけて埋め立てられ道路などになった。このうち、いもり堀は復元作業が行われ、2010年4月に再び水が張られた。

白鳥堀は、歩行者・自転車専用の白鳥路(はくちょうろ)として、市民の散策路に利用されている。百間堀は、広坂交差点と兼六園下交差点を結ぶ百間堀通り(百万石通りの一部)となっており、明治44年幹線道路に転用された。これを渡るように石川門から兼六園にかかる石川橋は、その際鉄筋コンクリート橋として再架橋されたもので、藩政期は百間堀と白鳥堀を分ける土橋であった。

このほか、城内には内堀が、城外には東西の内外計4本の惣構堀(そうがまえぼり)が掘られていた。惣構堀は後に用水路として転用されている部分が多い。兼六園内の山崎山は、惣構外郭土塁の一部であり[2]、その南側の池は水堀の名残りである。

遺構[編集]

縄張り図

遺構のうち、現存建物を以下に列挙する。

  • 石川門(重要文化財) - 1935年(昭和10年)に、表門、表門北方太鼓塀、表門南方太鼓塀、櫓門、続櫓、櫓、附属左方太鼓塀、附属右方太鼓塀の8棟が旧国宝(現行法の重要文化財に相当)に指定された。
    白門と通称されている。
  • 三十間長屋(重要文化財) - 1957年(昭和32年)に国の重要文化財に指定された。
  • 鶴丸倉庫(重要文化財) - 2007年(平成19年)に県の有形文化財に指定され、2008年(平成20年)に国の重要文化財に指定された。現存する江戸期城郭土蔵としては建築面積最大である(2007年の県教育委員会調べ)。
  • 切手門 - 城址内に再移築現存。
  • 東照権現 - 尾崎神社に改称後、城址外に移築現存。1931年(昭和6年)に本殿、中門、透塀、拝殿及び幣殿(合わせて1棟)の4棟が旧国宝(現行法の重要文化財に相当)に指定された。金沢城の現存建物では最古。
  • 二の丸御殿唐門 - 尾山神社に移築現存。
  • 二の丸能舞台 - 市内中村町の中村神社拝殿に移築現存。
  • 玉泉院丸太鼓塀 - 城址に移築現存。

現地情報[編集]

金沢城の位置(金沢市内)
金沢城
金沢城
金沢駅
金沢駅
金沢市における位置
所在地
石川県金沢市丸の内
アクセス
JR西日本北陸本線金沢駅から北鉄バスで約15分「兼六園下」下車、徒歩約5分。
料金
  • 金沢城公園 - 入場無料
  • 菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓 - 大人:300円/小人:100円
日本100名城スタンプ設置場所
  • 二の丸案内所(9:00~16:30)
  • 石川門入口案内所

周辺施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 金沢城跡・珠洲陶器窯跡”. 石川県 (2012年10月16日). 2013年4月3日閲覧。
  2. ^ 金沢城惣構跡

関連項目[編集]

外部リンク[編集]