小金井公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小金井公園
Koganei-Park.jpg
小金井公園「いこいの広場」
小金井公園の位置(多摩地域内)
小金井公園
分類 都市公園(広域公園)
所在地
座標 北緯35度42分52秒 東経139度31分08秒 / 北緯35.71444度 東経139.51889度 / 35.71444; 139.51889座標: 北緯35度42分52秒 東経139度31分08秒 / 北緯35.71444度 東経139.51889度 / 35.71444; 139.51889
面積 799,127.17m2
開園 1954年昭和29年)1月14日
運営者 東京都公園協会
2011~2015年度指定管理者
駐車場 あり(有料・700台)
事務所所在地 東京都小金井市関野町一丁目13番1号
公式サイト 公式サイト

小金井公園(こがねいこうえん)は、東京都小金井市と一部が小平市西東京市武蔵野市にまたがる東京都立都市公園(広域公園)である。正式名称は東京都立小金井公園(とうきょうとりつこがねいこうえん)。

概要[編集]

小金井公園付近の空中写真。公園の北西側に見えるゴルフ場は小金井カントリー倶楽部。1989年撮影の3枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

面積約80haの広大な敷地は都立公園の中でも最大規模で、日比谷公園の4.8倍、上野公園の1.4倍に相当する。なお、東京都にはさらに広い国営昭和記念公園があり、その面積は小金井公園の2倍近い。

公園西側には南北に小金井街道東京都道15号府中清瀬線)が、南側には東西に五日市街道東京都道7号杉並あきる野線)が通っている。また、五日市街道に沿って玉川上水が流れている。公園の北側には隣接してゴルフ場小金井カントリー倶楽部(敷地はすべて小平市)が広がっている。

東京緑地計画を元に紀元二千六百年記念事業として計画された「小金井大緑地」が原形で、1954年(昭和29年)1月に「小金井公園」として開園した。基本テーマは「花と緑のひろびろ空間」。園内には雑木林芝生が広がり、1,800本のが植えられた花見の名所としても人気があり、日本さくら名所100選に選定されている。正月時期には凧揚げの名所ともなる。また、公園内の「いこいの広場」では定期的にフリーマーケットも開催されている。

江戸東京たてもの園以外は、入園無料。

沿革[編集]

小金井の桜[編集]

かつて小金井の玉川上水の両岸の桜並木は名勝「小金井桜」として広く知られ、毎年春には観桜客でたいへん賑わい、明治天皇をはじめ皇族も見物に訪れるほどであった。1889年(明治22年)には甲武鉄道(後の中央本線)の新宿-立川間が開業したが、しばらくの間は小金井の地には駅はなく武蔵境駅の次は国分寺駅であった。それが「小金井桜」の花見に訪れる人が多いため、1924年(大正13年)には小金井に花見シーズンだけの仮乗降場が設けられた(これが後に武蔵小金井駅となる)。この玉川上水の桜並木は、1737年元文2年)に植えられたもので、1924年大正13年)に史跡名勝天然記念物法により「小金井桜」として名勝に指定された。しかし、1950年代になると五日市街道が拡幅整備されるなどして交通量も増え、また桜並木も衰えてかつての面影はすっかり消え、「桜の名所」のイメージは著しく低下した。それに引き換え、玉川上水の目の前に小金井公園が整備され開園(1954年)すると、桜をはじめとする樹木も多く植えられ、現在では「桜の名所」の地位は玉川上水から小金井公園に完全に移った。

主な施設[編集]

小金井市総合体育館
江戸東京たてもの園ビジターセンター
SL展示場 C57
雪の小金井公園

博物館

  • 江戸東京たてもの園 - 27棟の歴史的建築物を移築保存する野外博物館

スポーツ施設

  • 小金井市総合体育館
  • 野球場
  • テニスコート
  • 弓道場
  • ゲートボール場
  • ソリゲレンデ(人工芝
  • サイクリングコース(月休、貸自転車あり / 中学生以下のみ)

レクリエーション施設

展示物

主な催事[編集]

  • 小金井桜まつり - 4月上旬

アクセス[編集]

外部リンク[編集]