神代植物公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神代植物公園
Jindai Botanical Gardens
Jindai Botanical Garden-2.jpg
神代植物公園
(2010年10月22日撮影)
分類 都立公園植物園
所在地
座標 JP-13
座標 北緯35度40分16秒 東経139度32分46秒 / 北緯35.67111度 東経139.54611度 / 35.67111; 139.54611座標: 北緯35度40分16秒 東経139度32分46秒 / 北緯35.67111度 東経139.54611度 / 35.67111; 139.54611
面積 489,731m2
運営者 東京都公園協会
2016~2026年度[1]指定管理者
設備・遊具 大温室、噴水広場、水生植物園、植物会館、芝生広場、ドッグラン
駐車場 720台
告示 1961年10月20日
公式サイト 公式ホームページ
テンプレートを表示

神代植物公園(じんだいしょくぶつこうえん)は、都内唯一として開園した植物公園東京都調布市にある園内には約4,800種類、10万本・株の植物が30ブロックに分かれて植えられ、梅や桜の名所としても知られる。ばら園は、2009年に世界バラ会連合優秀庭園賞(WFRS Award of Garden Excellence)を受賞した[2]。春と秋のバラフェスタ、夜のライトアップやコンサートなどのイベントが催される。

沿革[編集]

基本情報[編集]

開園時間[編集]

  • 9時30分~17時(入園は16時まで)。大温室と水生植物園は16時半まで。
  • 桜の見頃時(3月下旬~4月上旬)・春・秋のバラフェスタ時の土日は、8時から早朝開園されるときもある。

休園日[編集]

  • 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、および年末年始(12月29日~1月1日)

入園料[編集]

  • 一般・大人:500円(20名以上の団体:400円、年間パスポート:2,500円)
  • 65歳以上:250円(20名以上の団体:200円、年間パスポート:1,250円)
  • 中学生:200円(160円)
  • 無料対象者:都内在住・在学の中学生、小学生以下、身体障害者手帳・愛の手帳・精神障害者保健福祉手帳または療育手帳持参の方と付添の方
  • 無料公開日:みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)

主な施設[編集]

本園[編集]

  • ばら園 - 噴水のある沈床庭園(サンクンガーデン)で、当園の名前を冠した「クイーン・オブ・神代」もある本園と、ばらの歴史を辿ることができる野生種・オールドローズ園、そして未発表新品種も見られる国際ばらコンクール花壇の3つの区画がある。春バラが約400品種・5,200本[5]、秋バラは約300品種・5,000本。
  • さくら園 - 神代曙(ジンダイアケボノ)の原木、染井吉野(ソメイヨシノ)、八重紅枝垂(ヤエベニシダレ)など、約60品種・750本[6]
  • うめ園 - 紅冬至(コウトウジ)や八重寒紅(ヤエカンコウ)等の古来からの園芸品種を含め、約70品種・170本[7]
  • つつじ園 - 江戸時代から戦前までにつくられた園芸品種等のツツジサツキあわせて290種・12,000株。
  • 大温室 - 熱帯花木室、ラン室、ベゴニア室、熱帯スイレン室、小笠原植物室、乾燥地植物室があり、約1,300品種。「ダース・ベイダーに似ている」とニュースになった[8]アリストロキア・サルバドレンシスや、「サルの顔のように見える」とも言われるドラクラ・ギガスなど、珍しい品種も展示されている。
  • 自然林 - 武蔵野雑木林
  • 芝生広場 - パンパスグラスの巨大な株がシンボル。
  • 植物会館 - 展示室・集会室・サービスセンター(管理事務所)。季節にあった展示や特別展示などが行われる。

水生植物園(無料区域)[編集]

本園から深大寺を挟んで南東、国分寺崖線の直下に位置し、湧水のある谷戸地形を利用して回遊式の水生植物庭園としたもの。なお、谷戸の低湿地に加えて隣接する台地上の「林間散策路」をも擁しているが、この部分は「深大寺城趾」として指定された史跡となっている。

植物多様性センター(無料区域)[編集]

都内の植物多様性の保全を目的にした施設。植物多様性に関する教育・普及、都内絶滅危惧種に関する保護・増殖、情報取集・発信を行っている。本園北側の旧園地を整備して開園され、展示・映像・図書などがある情報館と、3つのゾーン(武蔵野奥多摩伊豆諸島)に分割して東京都の主要な植生が再現された学習園がある。

主なイベント[編集]

  • 春のバラフェスタ
  • 秋のバラフェスタ

このほかにも、特設展示場や大温室において四季折々の展示会が催される。

所在地[編集]

〒182-0017 東京都調布市深大寺元町五丁目31番地10

アクセス[編集]

バス[編集]

調布駅つつじヶ丘駅三鷹駅吉祥寺駅から本園の正門・植物多様性センター近くまで直通の路線がある。本園の深大寺門・水生植物園には、隣接する深大寺へ向かう路線を利用すると便利。JC JR中央線快速JB JR中央・総武線IN 京王井の頭線KO 京王線 からアクセスできる。

徒歩[編集]

深大寺からは、当園の深大寺門または水生植物園まで数分。鉄道の駅は調布駅が一番近いが、それでも所要時間35分弱は見ておいたほうが良い。

[編集]

なお、園内貸出の車椅子・ベビーカーの用意がある。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

運営・計画[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]