川口市立グリーンセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
川口市立グリーンセンター
Kawaguchi Green Center
Kawaguchi Kawaguchi Green Center Main Gate 1.JPG
正門(2011年12月)
川口市立グリーンセンターの位置(埼玉県内)
川口市立グリーンセンター
分類 植物園
所在地
座標 北緯35度50分45.1秒 東経139度43分34.6秒 / 北緯35.845861度 東経139.726278度 / 35.845861; 139.726278座標: 北緯35度50分45.1秒 東経139度43分34.6秒 / 北緯35.845861度 東経139.726278度 / 35.845861; 139.726278
前身 川口市立花木植物園
運営者 川口市
設備・遊具 滝、噴水、花壇、緑の展示館、バードセンター、ツツジ山、温室、菖蒲園、流水プール、アイススケート場
駐車場 600台(無料)
バリアフリー 身障者用トイレ完備、車椅子10台配置
事務所所在地 〒333-0826
埼玉県川口市大字新井宿700
備考 設計家・技術者 : 中島健 (造園家)
公式サイト グリーンセンター公式ホームページ
東門(2012年2月)

川口市立グリーンセンター(かわぐちしりつグリーンセンター)は、埼玉県川口市新井宿にある植物園である。日本の都市公園100選に選定されている。

概要[編集]

1967年11月1日グリーンセンター川口市立花木植物園」として開園[1]1979年に現名称に変更。「都市農業の振興」「緑地の保全」「市民のレクリエーションの場の提供」を設置目的としている。

約15ヘクタールの園内においては、大芝生広場・つつじ山・花壇・ロックガーデン・菖蒲園などの施設に様々なバラエティーに富んだ植物が展示されており、川口市安行地区で栽培された植木の展示や販売も行われている。

園外の至近に位置する埼玉県道34号さいたま草加線第二産業道路)を挟んだ向かいの箇所に、同じく川口市立グリーンセンターによる屋外プール場が存在する。夏季は通常のプール(流水プール)として、冬季はプールの水を凍結させることによってスケートリンク(アイススケート場)としての営業を行っている。営業種目は季節毎には異なるが、施設自体はプール場とスケートリンク場を兼用する形となっている。

東京外環自動車道に近く、東京都心や練馬区東映東京撮影所からも下道でも小一時間という手頃な立地条件の公営施設であり、開園間もないころからテレビドラマ映画のロケ撮影に頻繁に使われている。


沿革[編集]

  • 1946年 4月 - 農業振興のため埼玉県川口地区指導農場、設立。
  • 1960年 3月 - 川口市農業センター、設立。
  • 1967年 9月 - 当時の皇太子と妃殿下(現在の天皇、皇后両陛下)がご宿泊される。(大集会堂「シャトー赤柴」)
  • 1967年 11月 - 「グリーンセンター川口市立花木植物園」、開園。
  • 1979年 4月 - 「川口市立グリーンセンター」に改称。
  • 1979年 7月 - 流水プール場、開場。
  • 1979年 12月 - アイススケート場、開場。
  • 1985年 11月 - わんぱく広場、開場。
  • 1989年 7月 - 日本の都市公園100選に選定される。
  • 1994年 10月 - わんぱく広場を改修する。併せて東門を建設する。

アクセス[編集]

交通機関[編集]

川19・川20系統の場合、グリーンセンター下車、すぐ。
川23系統の場合は、神根支所下車、徒歩3分、または川口市立医療センター下車、東門より入場。

脚注[編集]

  1. ^ 安行植木の歴史 - 有限会社 吉岡農場

関連項目[編集]

ロケ地として使用することがある。特に『重甲ビーファイター』では大集会場がヒーロー側の本拠地の外観として使われた。

外部リンク[編集]