第22回国民体育大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
清新国体
参加人数 24,118
競技数 34競技
開会式 1967年1月26日
閉会式 1967年10月27日
開会宣言 栗原浩
主競技場 上尾運動公園陸上競技場

第22回国民体育大会(だい22かいこくみんたいいくたいかい)は、1967年に、埼玉県上尾市青森県大鰐町栃木県日光市茨城県土浦市、およびその周辺で開催された。大会テーマは清新・健康・協力。大会スローガンは成功させよう埼玉国体まごころで迎えよう 埼玉国体

ハイライト[編集]

1月26日に、日光市で第22回国民体育大会冬季大会スケート・アイスホッケー競技「日光国体」が、2月16日からは、大鰐町でスキー競技会「大鰐国体」が開催。

9月17日より、川口市戸田市で第22回国民体育大会夏季大会が開幕。ただし、ヨット競技は土浦市での開催となった。

10月22日より、上尾市で第22回国民体育大会秋季大会「清新国体」が開幕。埼玉県内27市町村(当時)で29競技が開催された。

また、宿泊施設の不足を補うために国体史上初の選手村を開設された。

天皇杯、皇后杯ともに埼玉県が優勝した。

大会概要[編集]

期間 開催地 競技数 参加者数
1967年1月26日 - 1月29日 栃木県日光市 1 1,440
1967年2月16日 - 2月19日 青森県大鰐町 1 1,764
1967年9月17日 - 9月20日 埼玉県戸田市川口市
茨城県土浦市
3 3,785
1967年10月22日 - 10月27日 埼玉県 29 17,129
合 計 34 24,118

実施競技[編集]

総合成績[編集]

天皇杯[編集]

  • 1位 - 埼玉県
  • 2位 - 東京都
  • 3位 - 大阪府

皇后杯[編集]

  • 1位 - 埼玉県
  • 2位 - 東京都
  • 3位 - 大阪府

参考文献[編集]