第23回国民体育大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第23回国民体育大会
親切国体
開催都道府県 福井県
参加人数 24,256人
開会式 秋季10月1日(火)
閉会式 秋季10月6日
開会宣言 福井県知事 中川平太夫
選手宣誓 選手代表 藤井正二
最終炬火ランナー 辻野直子(福井大学3年生)
主競技場 福井運動公園陸上競技場
テンプレートを表示

第23回国民体育大会(だい23かいこくみんたいいくたいかい)は、1968年に開催された国民体育大会である。冬季スキー競技大会のスローガンは「心をこめて迎えよう白馬国体」、夏季・秋季大会のテーマは「新しい時代をひらく国体」、スローガンは「明るく、清く、たくましく」。明治100年の記念年にあたることから、正式名称は明治百年記念第二十三回国民体育大会である[1]

福井市運動公園陸上競技場での開会式の様子

概要[編集]

当時の福井県の人口は約75万人で、人口100万人以下の県で初めて開催された大会となった。足りないところは真心で補おうと県民総参加で取り組んだ結果「親切国体」とも呼ばれ、天皇杯を獲得して大会自体も大成功を収めた[2]

入場行進の際には、天皇皇后がロイヤルボックスにお着きになった。

行進曲には「この明るさの中にゆけ」「イッチョライ節」「福井音頭」が流れた。

詳細[編集]

期間 開催地 競技数 参加者数
1968年1月25日 - 1月28日 北海道帯広市 1 1,465
1968年2月15日 - 2月18日 長野県白馬村 1 1,813
1968年9月4日 - 9月7日 福井県福井市三国町美浜町 3 3,798
1968年10月1日 - 10月6日 福井県 28 17,180
合 計 33 24,256

実施競技[編集]

総合成績[編集]

天皇杯[編集]

  • 1位 - 福井県
  • 2位 - 東京都
  • 3位 - 埼玉県

皇后杯[編集]

  • 1位 - 東京都
  • 2位 - 愛知県
  • 3位 - 大阪府

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ 国民体育大会とは? 福井しあわせ元気国体

参考文献[編集]

  • 『国民体育大会の歩み』1980年3月1日増補改定版 発行:都道府県体育協会連絡協議会 監修:日本体育協会 144ページ
  • 第23回大会 - 日本体育協会
  • 日本体育協会 - アーカイブス (PDF)
  • 『第23回明治百年記念国民体育大会報告書』1969年3月15日発行:第23回国民体育大会福井県実行委員会
  • 『福井県大百科事典』1991年6月30日発行:福井新聞社