選手宣誓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

選手宣誓(せんしゅせんせい)とは、体育行事を開催する際、選手が誓いの言葉を述べる行事である。

概要[編集]

一般的には、選手の代表が「スポーツマンシップにのっとること」、「正々堂々と戦うこと」などを誓う。その起源は、古代オリンピックで選手がゼウスに誓いを立てたことによる[1]近代オリンピックにも取り入れられ、1920年アントワープオリンピックで初のオリンピック宣誓が行われた[2]

全国高等学校バレーボール選抜優勝大会全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高バレー)及び全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会(ウィンターカップ)などでは、前回優勝校主将が行うことになっている。

高校野球の選手宣誓[編集]

高校野球においては、開会式に参加校の主将から1人選手宣誓する人物を選ぶ。基本的に選手の中から抽選で選ばれることになっているが例外もある。

FIFAフェアプレー宣言[編集]

国際サッカー連盟(FIFA)では、毎年9月上旬頃の数日間を「FIFAフェアプレーデイズ」と定め、期間中に行われる国際Aマッチや各国リーグ公式戦において、両チームの主将が「FIFAフェアプレー宣言」としてフェアプレーの精神を母国語で誓うことになっている。この宣言はFIFA主催大会においても準決勝または準々決勝で同様に行われる。


日本での宣誓のやり方[編集]

日本での競技会の宣誓はオリンピックと同じ方式を採用することが多い。 競技に参加する者の代表、男女混合競技なら男女それぞれの代表が右手を前斜め前方に上げ宣誓を行う。 右手を上げる行為がナチス式敬礼に関係していると誤解を受けることがあるが、実際は1920年のアントワープオリンピック [4]、1924年のパリオリンピック[5]などのオリンピックでの宣誓の方式に習ったものであり、ナチス式敬礼に関係しているという説は全くの間違いやデマゴーグである。 なおこの宣誓のやり方はオリンピック憲章規則69付属細則1.12で、左手でオリンピック旗の端をもち、右手を挙げて、つぎのように厳粛に宣誓する[6]と明記されている。 戦後はナチス式敬礼との混同を避けるために腕を曲げたり手のひらを正面にして宣誓するという主張があるが、それも全くのでたらめである。例1968年のメキシコオリンピックのオリンピック宣誓の様子[7]

脚注[編集]