選手宣誓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

選手宣誓(せんしゅせんせい)とは、体育行事において選手が誓いの言葉を述べることである。選手の代表が「スポーツマンシップにのっとること」「正々堂々と戦うこと」などを誓う。

オリンピック[編集]

選手宣誓の起源は、古代オリンピックで選手がゼウスに誓いを立てたことによる[1]近代オリンピックにも取り入れられ、1920年アントワープオリンピックで初のオリンピック宣誓が行われた[2]

FIFA[編集]

国際サッカー連盟(FIFA)では、毎年9月上旬頃の数日間を「FIFAフェアプレーデイズ」と定め、期間中に行われる国際Aマッチや各国リーグ公式戦で両チームの主将が「FIFAフェアプレー宣言」としてフェアプレーの精神を母国語で誓う。この宣言はFIFA主催大会においても準決勝または準々決勝で同様に行われる。

日本[編集]

日本での競技会の宣誓は、オリンピックと同じ方式を採用することが多い。競技に参加する者の代表、男女混合競技なら男女それぞれの代表が右手を前斜め前方に上げ宣誓を行う。右手を上げる行為がナチス式敬礼に関係していると誤解を受けることがあるが、実際は1920年アントワープオリンピック [3]1924年パリオリンピック[4]などのオリンピックでの宣誓の方式に習ったものであり、ナチス式敬礼に関係しているという説は全くの間違いやデマゴーグである。 なおこの宣誓のやり方はオリンピック憲章規則69付属細則1.12で、左手でオリンピック旗の端をもち、右手を挙げて、つぎのように厳粛に宣誓する[5]と明記されている。戦後はナチス式敬礼との混同を避けるために腕を曲げたり手のひらを正面にして宣誓するという主張があるが、それも全くのでたらめである。例1968年のメキシコオリンピックのオリンピック宣誓の様子[6]

高校野球[編集]

日本の高校野球では、開会式にて参加校の主将の中から1人、選手宣誓する人物を選ぶ。

全国高等学校野球選手権大会では第15回大会1929年)から、選抜高等学校野球大会においては第7回大会1930年)から、それぞれ行われている。なお、これら全国大会で選手宣誓が行われるようになった経緯については、選抜大会についてははっきりしているが、選手権大会でははっきりしていない[7]

選手権大会では、かつては組み合わせ抽選会において予備抽選(本抽選を引く順番を決める抽選)で「1」の番号が書かれたくじを引いた学校[8]の主将が指名され務めていた[9]が、現在は原則として立候補制としており、組み合わせ抽選会において選手宣誓を希望する主将の中から抽選で選ぶことになっている。

一方、選抜大会では立候補制ではなく、組み合わせ抽選会において全ての出場校の主将が抽選に参加し、その当選者が高野連より指名され選手宣誓を行うことになっている。

選手権大会、選抜大会とも選手宣誓は抽選で選ばれるが、例外的に指名されることもある。以下は、全国大会での選手宣誓にまつわるエピソード。

高校バレーボール・バスケットボール[編集]

全国高等学校バレーボール選抜優勝大会全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高バレー)および全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会全国高等学校バスケットボール選手権大会 (ウィンターカップ)などでは、前回優勝校主将が行う。

脚注[編集]

  1. ^ 日本博学倶楽部『スポーツの素朴な大疑問 棒高跳びのあの長い棒は、どうやって運ぶのか?』、PHP研究所、2008年、130ページ。
  2. ^ アテネ五輪 Athens2004 五輪の歴史、スポーツナビ。
  3. ^ https://www.olympic.org/photos/olympic-oath-antwerp-1920
  4. ^ http://media.gettyimages.com/photos/general-view-as-georges-andre-lends-the-olympic-oath-during-the-of-picture-id3046719
  5. ^ http://www.joc.or.jp/olympism/charter/chapter5/69.html
  6. ^ https://cdn.mainichi.jp/vol1/2016/02/08/20160208hpj00m050002000q/9.jpg?1
  7. ^ 「野球の国から」高校野球編 シリーズⅣ ヒストリー『選手宣誓』① - 日刊スポーツ大阪本社版2018年4月11日付5面
  8. ^ 予備抽選は、抽選会会場に到着した順にくじを引く。第60回記念大会から第88回大会までは、初戦で近隣県同士での対戦を避けるため東海・近畿・北信越を境に出場校を東・西の2エリアに分けて東西対決方式で抽選を行っていたが、当時は予備抽選にて下一桁が奇数の大会では東エリアの、偶数の大会では西エリアの、それぞれ「1」の番号くじを引いた学校の主将が選手宣誓を行っていた。
  9. ^ a b 「野球の国から」高校野球編 シリーズⅣ ヒストリー『選手宣誓』④ - 日刊スポーツ大阪本社版2018年4月14日付4面
  10. ^ 「野球の国から」高校野球編 シリーズⅣ ヒストリー『選手宣誓』⑥ - 日刊スポーツ大阪本社版2018年4月16日付6面
  11. ^ 選抜開催を決定 予定通り23日から12日間