オリンピック宣誓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オリンピック宣誓(オリンピックせんせい)は、近代オリンピック大会において、すべての関係者が誓う宣誓である。

2018年平昌オリンピックからは選手・審判・コーチが一つの宣誓として統一された[1]

オリンピック大会の開会式で行われる。宣誓者は、開催国の参加選手・審判・コーチから選ばれ、五輪旗の一端を握りながら宣誓するのが慣例となっている。

宣誓文[編集]

統一後[編集]

始めに選手・審判・コーチが

選手代表(選手宣誓者)。審判代表(審判宣誓者)。コーチ代表(コーチ宣誓者)。

と宣誓した後、選手代表が五輪旗の一端を握りながら宣誓文を読み上げる。

私たちは、すべての名において、オリンピック憲章(the fundamental principles of Olympism)に則り、公平なルールを尊重し、スポーツマンシップとフェアプレーの精神を増進させることで、スポーツの栄光と、チームの名誉のため、決してドーピングをしないよう、オリンピック(冬季)競技大会に参加することを誓います[1]

統一前[編集]

選手宣誓
私たちは、すべての選手の名において、オリンピック憲章に則り、スポーツの栄光と、チームの名誉のために、決してドーピングをしないよう、オリンピック(冬季)競技大会に参加することを誓います。
審判宣誓
私たちは、すべての審判・役員の名において、オリンピック憲章に則り、公平なルールを尊重し、オリンピック(冬季)競技大会に審判することを誓います。
コーチ宣誓
私たちは、すべてのコーチ・選手の随行者の名において、オリンピック憲章に則り、スポーツマンシップとフェアプレーの精神を増進させることで、オリンピック(冬季)競技大会に参加することを誓います。

歴史[編集]

選手宣誓は1920年アントワープ大会から実施された。審判宣誓は1972年の札幌大会から実施されている。そして2012年ロンドン大会からコーチ宣誓が加わった。なお、2000年のシドニー大会からは初めて、「ドーピング」の文言が使われた。

歴代宣誓者[編集]

大会名 選手 審判 コーチ
アントワープオリンピック (1920年) ビクトル・ボワン - -
シャモニーオリンピック (1924年) カミーユ・マンドリヨン - -
パリオリンピック (1924年) ジョルジュ・アンドレ - -
サンモリッツオリンピック (1928年) ハンス・アイデンベンツ - -
アムステルダムオリンピック (1928年) ハリー・デニス - -
レークプラシッドオリンピック (1932年) ジャック・シェイ - -
ロサンゼルスオリンピック (1932年) ジョージ・カルナン - -
ガルミッシュ=パルテンキルヒェンオリンピック (1936年) ウィルヘルム・ボグナー - -
ベルリンオリンピック (1936年) ルドルフ・イスマイヤー - -
サンモリッツオリンピック (1948年) リカルト・トリアーニ - -
ロンドンオリンピック (1948年) ドナルド・フィンレー - -
オスロオリンピック (1952年) トールビョルン・ファルカンゲル - -
ヘルシンキオリンピック (1952年) ヘイキ・サボライネン - -
コルティナダンペッツォオリンピック (1956年) ジュリアナ・ケナル・ミヌッツォ - -
メルボルンオリンピック (1956年) ジョン・ランディ
Henri Saint Cyr
- -
スコーバレーオリンピック (1960年) キャロル・ヘイス・ジェンキンス - -
ローマオリンピック (1960年) アドルフォ・コンソリーニ - -
インスブルックオリンピック (1964年) パウル・アステ - -
東京オリンピック (1964年) 小野喬 - -
グルノーブルオリンピック (1968年) レオ・ラクロア - -
メキシコシティーオリンピック (1968年) パブロ・ガリド - -
札幌オリンピック (1972年) 鈴木惠一 荒木ふみお -
ミュンヘンオリンピック (1972年) ハイジ・シューラー Heinz Pollay -
インスブルックオリンピック (1976年) ウェルナー・デル・カルト Willy Köstinger -
モントリオールオリンピック (1976年) ピエール・サン・ジュアン Maurice Fauget -
レークプラシッドオリンピック (1980年) エリック・ハイデン Terry McDermott -
モスクワオリンピック (1980年) ニコライ・アンドリアノフ Aleksandr Medved -
サラエボオリンピック (1984年) ボヤン・クリザイ Dragan Perovic -
ロサンゼルスオリンピック (1984年) エドウィン・モーゼス Sharon Weber -
カルガリーオリンピック (1988年) ピエール・ハーベイ Suzanna Morrow-Francis -
ソウルオリンピック (1988年) 許載 Lee Hak-Rae -
アルベールビルオリンピック (1992年) スルヤ・ボナリー Pierre Bornat -
バルセロナオリンピック (1992年) ルイ・ドレステ Eugeni Asensio -
リレハンメルオリンピック (1994年) ベーガル・ウルバン Kari Karing -
アトランタオリンピック (1996年) テレサ・エドワーズ Hobie Billingsly -
長野オリンピック (1998年) 荻原健司 平松純子 -
シドニーオリンピック (2000年) レシェル・ホークス Peter Kerr -
ソルトレイクシティオリンピック (2002年) ジム・シェイ Allen Church
アテネオリンピック (2004年) ゾイ・ディモスカキ Lazaros Voreadis
トリノオリンピック (2006年) ジョルジョ・ロッカ Fabio Bianchetti -
北京オリンピック (2008年) 張怡寧 黃力平 -
バンクーバーオリンピック (2010年) Hayley Wickenheiser  Michel Verrault
ロンドンオリンピック (2012年) サラ・スティーヴンソン Mik Basi Eric Farrell
ソチオリンピック (2014年) Ruslan Zakharov Vyacheslav Vedenin Anastassia Popkova
リオデジャネイロオリンピック (2016年) Robert Scheidt Martinho Nobre Adriana Santos
平昌オリンピック (2018年) 牟太釩 金禹植 朴基浩

脚注[編集]

関連項目[編集]