1904年セントルイスオリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1904年セントルイスオリンピック
第3回オリンピック競技大会
Jeux de la IIIe Olympiade
Games of the III Olympiad
1904summerolympicsposter.jpg
開催都市 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国セントルイス
参加国・地域数 13
参加人数 689人
競技種目数 16競技89種目
開会式 1904年7月1日
閉会式 1904年11月23日
開会宣言 デビッド・ローランド・フランシス大会組織委員会会長
ミズーリ州知事
主競技場 フランシス・フィールド
夏季
オリンピックの旗 Portal:オリンピック
テンプレートを表示

1904年セントルイスオリンピック(1904ねんセントルイスオリンピック)は、1904年7月1日から11月23日まで、アメリカ合衆国ミズーリ州セントルイスで行われたオリンピック競技大会

概要[編集]

オリンピック史上初めて、北米大陸で開催された。また、20世紀最初のオリンピックである。前回のパリオリンピック同様、万国博覧会を兼ねて開催された。

当時のアメリカ有数の都市である、北米大陸の内陸部にあるセントルイスまでの交通難、さらに同年の日露戦争勃発による国際関係の緊迫化などを理由に、ヨーロッパ勢は大幅に参加国が減少した。

一方、アメリカ合衆国からの参加者は523人と他国を圧倒し、隣国のカナダも北米大陸以外の選手総数と並ぶ52人が競技に参加した。その結果、91種目中42種目ではアメリカ以外の参加者が不在で行われ、金メダル数でも全96個中アメリカが78個を獲得して、近代オリンピックでは空前絶後の独占率となった。

ハイライト[編集]

代わって優勝したヒックスのタイム、3時間28分53秒は五輪史上最も遅い記録である。なお、このときヒックスは興奮剤入りのブランデーを飲んで走っており、現在のルールではドーピング違反となるが、当時はドーピングに対する明確な禁止規定は無かったため、ヒックスの優勝は現在も公式に認められている。
  • 男子のみが行われた水球ではアメリカ以外の参加がなく、ニューヨーク・アスレティッククラブ(en:)などの3チームがアメリカ国内から独自に参加し、ニューヨークが優勝した。水球でアメリカが金メダルを獲得した例は、このセントルイス大会のニューヨークチームと、2012年ロンドンオリンピックでの女子アメリカ代表の2度のみである。

実施競技[編集]

各国の獲得メダル[編集]

国・地域
1 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国(開催国) 90 82 82 243
2 ドイツ ドイツ 4 4 5 13
3 キューバ キューバ 4 2 3 9
4 カナダ カナダ 4 1 1 6
5 ハンガリー ハンガリー 2 1 1 4
6 イギリス イギリス 1 1 0 2
混合チーム 混合チーム 1 1 0 2
8 ギリシャ ギリシャ 1 0 1 2
スイス スイス 1 0 1 2
10 オーストリア オーストリア 0 0 1 1
合計 96 92 92 280

主なメダリスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ただし、セーリング、馬術、ラグビーの3競技はその後の欧州開催大会で復活した。
  2. ^ a b 参考: 宮武, 公夫「人類学とオリンピック : アイヌと1904年セントルイス・オリンピック大会」『北海道大学文学研究科紀要 = The Annual Report on Cultural Science』第108巻、北海道大学文学研究科= The Faculty of Letters, Hokkaido University、 pp.1-22。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]