2026年ミラノ・コルティナダンペッツォオリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2026年冬季オリンピック
第25回オリンピック冬季競技大会
XXV Olympic Winter Games
開催都市 イタリアの旗 イタリア
Flag of Milan.svg ミラノ
Flag of Cortina.svg コルティナ・ダンペッツォ
開会式 2026年2月6日
閉会式 2026年2月22日
開会宣言 セルジョ・マッタレッラ大統領(予定)
主競技場 スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ
アレーナ・ディ・ヴェローナ
冬季
夏季
オリンピックの旗 Portal:オリンピック
テンプレートを表示

2026年ミラノ・コルティナダンペッツォオリンピック(2026ねんミラノ・コルティナダンペッツォオリンピック、XXV Olympic Winter Games、: XXVe Jeux olympiques d'hiver: XXV Giochi olimpici invernali)は、2026年2月6日から2月22日まで開かれる予定の第25回冬季オリンピック2019年6月24日スイスローザンヌで開催された第134次IOC総会英語版において、イタリアミラノコルティナダンペッツォでの開催が決定した[1]。コルティナダンペッツォは1956年コルチナ・ダンペッツオオリンピックの開催経験があり、70年ぶり2度目[注 1]の五輪開催となる。イタリアでの冬季オリンピック開催は2006年トリノオリンピック以来、20年ぶり3度目となる。

両都市はおよそ250キロメートル離れており、複数の都市による共同開催は史上初である[注 2]。これは、『1国1都市』を原則としたオリンピック憲章の改定で、共催が可能になったことによるもの[注 3]

開催地決定までの経緯[編集]

投票結果[編集]

2026年冬季五輪投票結果
都市 票数
ミラノコルティナダンペッツォ イタリアの旗 イタリア 47
ストックホルムオーレ  スウェーデン 34

立候補した都市[編集]

ヨーロッパ[編集]

開催が決まれば1912年の夏季大会以来114年ぶり2度目、2008年と2022年の北京に続く夏季と冬季の両方の開催が実現した。
当初はトリノも含む3都市共催での立候補を予定していたが、2018年9月18日にトリノの離脱が報じられ[2]、最終的に2都市での立候補となった。

過去に立候補への関心を表明した都市[編集]

2017年10月に招致を問う市民投票が行われ、招致に反対が53%と半数を超えたことで招致活動から撤退した[3]
1992年の夏季オリンピックを開催したバルセロナは2022年冬季大会への立候補を検討していたが、ザビエル・トリアス英語版市長が準備不足として見送った経緯がある。代わりに2026年大会には全精力を傾けるとしていたが[4]、2015年6月にヘラルド・ピサレジョ副市長が立候補取り下げを表明した[5]。2014年以降激化したカタルーニャ独立運動への注力が影響したと思われる。開催すれば1992年の夏季大会以来、34年ぶり2回目の五輪開催となり前回・2022年の中国の北京に続く史上2都市目の夏冬両方の五輪開催都市となっていた。
リレハンメルは、1994年冬季五輪の開催都市でもある。1952年冬季五輪を開催したオスロとの共催計画もあるが、オスロは2022年冬季五輪に立候補したものの財政負担の大きさから国が開催に否定的な立場となり、立候補を辞退した前例がある。
シオンは、2002年冬季五輪2006年冬季五輪に立候補していずれも落選している。2018年6月10日、財政支援を問う住民投票で反対が過半数の54%に達したことを受け、2026年大会の招致から撤退した。
アルマトイは2022年冬季五輪に立候補したが、落選している。2026年大会への立候補を報じられていたが市長は否定した[6]
ケベック・シティーは当初、立候補を検討していたが、2011年9月にレジス・ラビームフランス語版市長は2022年冬季大会の立候補を見送った。ところが、将来の立候補には含みを持たせた[7]。IOCのジャック・ロゲ会長(当時)は、「ケベック・シティーが現実的な選択になると信じている」と述べた[8]。当初予定としていた会場が適さないとされた、ダウンヒル競技の会場探しを行わなければならないという問題を抱えている[9]。2016年5月6日、ラビーム市長は「勝機が見込めない。多額のお金を投じる価値があるかについても疑問が生じている」などと理由に立候補を断念した[10]
ソルトレイクシティは、2002年冬季五輪の都市である。2012年に合衆国国内候補地に名乗りを挙げた[11]。なお、2年後の2028年にアメリカ合衆国ではロサンゼルスで夏季五輪の開催が決まったが、夏・冬季大会が2年おき開催となった1992年以降に同一国で冬季、夏季五輪が連続開催された例は全く無い。
2014年11月に上田文雄市長が招致を表明。過去、1972年冬季大会を開催している。実現すれば54年ぶり2回目の開催となる[12]
しかし第23回の2018年平昌オリンピックに続き、2022年第24回大会は同じ東アジア地域の北京開催で決定しているため、札幌開催になると3連続で東アジア地域での開催になる上に、2019年のIOC総会へ向けての招致活動が2020年東京夏季五輪の準備と重なるため、現実的ではないとの声があった[13]
2018年5月10日、北海道新幹線の札幌延伸(2030年度末予定)や、これと同時進行する市街地の大型再開発等の事業と歩調を合わせて、2030年以降での大会招致を望む声が地元経済界にあり、札幌市が地元の要望を踏まえて、2030年以降の大会に変更したいとの意向を日本オリンピック委員会に伝えた。両者は変更の是非を検討していくとした[14]が、同年9月6日に発生した北海道胆振東部地震によって招致活動が困難となり、9月17日に2026年五輪招致を断念することをIOCに伝達、IOC側も理解を示した[15][16]。2030年以降の開催地として再度立候補する方針である。
エルズルムは、過去に2011年冬季ユニバーシアードの開催経験がある。実現すればトルコで夏冬通じて初の五輪開催となるはずだったが、2018年10月4日の理事会で大規模大会の開催経験などで懸念が示されたため、落選した[18]
カルガリーは、1988年冬季五輪の開催都市であった。カナダでは、バンクーバー2010年冬季五輪が開かれている。2018年10月8、9日の総会でエルズルムの落選が正式に決まり、立候補都市に残っていた[19]が、2018年11月13日に行われた住民投票で反対票が56.4%を占め、招致を断念した。市の負担だけでも約4億カナダドル(約344億円)の公金がかかることへの市民の反感が否決につながったとみられる[20]

会場[編集]

ミラノやコルティナダンペッツォのほかにヴァルテッリーナプレダッツォなど複数の都市で分散開催する。会場もほとんどが既存施設の改修または仮設で、新設するのはミラノのアイスホッケー会場のみである。

ミラノ市内[編集]

ヴァルテッリーナ[編集]

コルティナダンペッツォ[編集]

ヴァル・ディ・フィエンメ[編集]

ベローナ[編集]

実施予定競技[編集]

イタリア五輪委は人気のある山岳スキーを追加種目として提案。2021年7月に東京で行われたIOC総会で承認された。一方一部報道ではノルディック複合の除外が検討されていたが、2022年6月24日に行われた理事会で存続が決定。さらに追加種目としてフリースタイルスキーデュアルモーグル、リュージュ女子2人乗り、スケルトン混合団体、スキージャンプ女子ラージヒルなどが採用された[21]

一覧は次の通り[22]

エンブレム[編集]

エンブレムは大会史上初となるオンライン投票で行われ「ロゴ・フーツラ」と「ロゴ・ダド」による決選は169か国から計87万1000票が投じられ、約75パーセントの支持を得たロゴ・フーツラに軍配が上がった。選ばれた、ロゴ・フーツラは「26」という数字を示している。これはミラノ/コルティナ大会の開催年であり、白い背景に描かれた数字は、無限の可能性を提供するキャンバスとなっている。完全にデジタルで、時間の経過とともに異なるアプリケーションで進化するように設計されたエンブレムであり、オリンピックとパラリンピックの豊かさと多様な意味を動的に捉えるように設計されている。「白」は冬季競技、雪と氷の魔法をイメージさせるともに、物理学において可視スペクトルの全ての色を含む視覚合成であり、新しい始まりを具現化し、過去との接続を再定義する色でもある。一方「赤・青・緑」は、パラリンピックのシンボルであるアギトスを示している。アギトスとはラテン語で「私は動く」という意味であり、パラリンピックの選手が常に彼らのパフォーマンスで世界を鼓舞し、エキサイティングであるという事実を強調している。また極北以下の緯度ではめったに見られない雄大な自然現象「オーロラ・ボレアリス」も象徴している。この夜行性の虹はアルプス地域、特にコルティナ・ドロミテの上空に出現。赤、青、緑は2002年にコルティナで撮影されたオーロラ・ボレアリスの色となっている。世界で最も重要なスポーツイベントは、現在地球で起きている諸問題について、私たちに考慮を促す側面を持っている。山、谷、森といった自然環境への影響を最小限に抑え、将来世代の全ての人々に現在の自然環境を残すという挑戦に向けて、一つの時間に縛られることのなく、時を経て進化していくエンブレムとなっている[23]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ なお、コルチナ・ダンペッツオでは1944年に冬季オリンピックを開催することが決まっていた(1944年コルチナ・ダンペッツオオリンピック)が、第二次世界大戦により開催中止となっている。
  2. ^ 開催都市以外に会場を設ける大会は多いが、名目上の共催は史上初である。
  3. ^ なお、パラリンピックで共同開催になった大会は1984年ニューヨーク・アイレスベリーパラリンピック1992年アルベールビルパラリンピックティーニュフランス語版との2都市開催)、1992年バルセロナパラリンピックマドリードとの2都市開催)がある。

出典[編集]

  1. ^ Milan-Cortina awarded the Olympic Winter Games 2026 - Olympic News” (英語). International Olympic Committee (2019年6月24日). 2019年6月24日閲覧。
  2. ^ 招致からトリノ離脱 イタリアのミラノなど2都市共催に 産経新聞、2018年9月19日公開、2021年8月25日閲覧。2018年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。
  3. ^ インスブルック五輪、招致断念へ”. 朝日新聞 (2017年10月16日). 2017年11月7日閲覧。
  4. ^ “Barcelona won’t bid for 2022 Winter Games, will wait for 2026”. The Washington Post. (2013年10月25日). http://www.washingtonpost.com/sports/olympics/barcelona-wont-bid-for-2022-winter-games-will-wait-for-2026/2013/10/25/961aa64c-3d53-11e3-b0e7-716179a2c2c7_story.html 2013年10月25日閲覧。 
  5. ^ “Barcelona retira la candidatura de los Juegos Olímpicos de Invierno 2026”. LA VANGUARDIA. (2015年6月17日). http://www.lavanguardia.com/local/barcelona/20150617/54432882701/barcelona-retira-candidatura-juegos-olimpicos-invierno.html 2016年8月1日閲覧。 
  6. ^ Mayor refutes rumors of Almaty bidding to host 2026 Olympics”. inform.kz/en (2017年11月9日). 2017年11月19日閲覧。
  7. ^ No 2022 Winter Bid From Quebec City”. GamesBids.com. 2012年3月5日閲覧。
  8. ^ IOC's Jacques Rogge encourages Olympic bids for Quebec City, Toronto
  9. ^ It’s looking downhill for Quebec’s Olympic bid Archived 2013年6月29日, at Archive.is
  10. ^ ケベックが招致断念へ、『勝機見込めない』産経新聞、2016年5月12日
  11. ^ Utah to bid for 2026 Winter Olympics”. ESPN.com (2012年12月3日). 2013年2月4日閲覧。
  12. ^ 朝日新聞digital. “札幌市、冬季五輪招致検討 26年以降の開催を念頭”. 2014年2月10日閲覧。
  13. ^ 札幌市長、2026年五輪招致を正式表明 課題も多く 日本経済新聞 2016年2月5日閲覧
  14. ^ 札幌市の冬季五輪招致、2030年に変更要望 2026年から先送り、JOCに伝達産経新聞、2018年5月10日閲覧
  15. ^ 五輪=2026年冬季大会、札幌市が地震の影響で招致断念 30年に変更へ ロイター 2018年9月28日閲覧
  16. ^ 2026年冬季大会候補から除外 札幌市 2030年に向け対話 FNN 2018年9月28日閲覧
  17. ^ 26年冬季五輪、トルコが立候補へ 東部のエルズルム 朝日新聞 2017年4月13日
  18. ^ 2026年冬季五輪招致は3候補 来年6月に開催都市決定 産経新聞 2018年10月10日
  19. ^ カルガリーなど3候補に IOC、26年冬季五輪招致 サンケイスポーツ 2018年10月5日
  20. ^ カナダ・カルガリー、五輪招致断念 住民投票で反対多数 朝日新聞 2018年11月14日
  21. ^ Milano Cortina 2026 set to become the most gender-balanced Olympic Winter Games in history”. International Olympic Committee. 2022年6月24日閲覧。
  22. ^ The Olympic disciplines of Milano Cortina 2026” (英語). Milano Cortina 2026 Olympics. 2022年2月12日閲覧。
  23. ^ ミラノ/コルティナ大会エンブレム「ロゴ・フーツラ」に…史上初のオンライン投票による決定International Olympic Committee 2021年3月31日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]