1920年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1920年(1920 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、木曜日から始まる閏年大正9年。

他の紀年法[編集]

※檀紀は、大韓民国1948年に法的根拠を与えられたが、1962年からは公式な場では使用されていない。
※主体暦は、朝鮮民主主義人民共和国1997年に制定された。

カレンダー[編集]

1月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29
3月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
5月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
6月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
7月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
9月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
11月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

日付不詳[編集]

誕生[編集]

1月[編集]

2月[編集]

2月25日 - 飯田庸太郎、日本の実業家、元三菱重工業社長・会長。元経済団体連合会副会長(+ 2002年)

3月[編集]

  • 3月1日 - クリスティーナ・フェルドマン、ポーランドを代表する女優。長年に渡り映画、テレビ、舞台で活躍した(+ 2007年01月24日)
  • 3月1日 - 石橋幹一郎実業家(+ 1997年
  • 3月1日 - 引間博愛、日本の労働運動家。元全国貨物自動車労働組合委員長、統一労組懇常任代表委員、全労連顧問(+ 2011年12月03日)
  • 3月1日 - 成瀬映山、日本の書家。東京都渋谷生まれ共同通信報道では、愛知県名古屋市出身(+ 2007年07月16日)
  • 3月1日 - 柳生直行、英文学者、キリスト教学者(+ 1986年09月03日)
  • 3月2日 - 加賀淳子、日本の作家(!+ 年 月 日)
  • 3月3日 - 中田ラケット漫才師(+ 1997年)
  • 3月4日 - 荒金天倫、臨済宗方広寺派第九代管長(+ 1990年
  • 3月4日 - 関俊治、昭和時代に活躍した日本の詩人・文芸評論家。萩原朔太郎研究の第一人者として知られる(!+ 年 月 日)
  • 3月5日 - 伊丹三樹彦、俳人、写真家。写俳亭。(!+ 年 月 日)
  • 3月5日 - 小堀阿吉雄、日本の俳優。本名は堀江 計作(ほりえ けいさく)(!+ 年 月 日)
  • 3月5日 - 森下節、日本の作家(+ 1984年08月11日)
  • 3月5日 - 羅生門綱五郎、台湾出身で花籠部屋所属の元大相撲力士、日本プロレス所属の元プロレスラー、元俳優。本名は、卓 詒約(たく いやく、、)(!+ 年 月 日)
  • 3月6日 - 村松幸雄プロ野球選手(+ 1944年
  • 3月6日 - 新田伸三、九州芸術工科大学名誉教授。九州芸術工科大学学生部長、日本造園学会理事、同学会副会長、日本緑化工学会会長他を歴任する(+ 1997年07月??日)
  • 3月6日 - 村松幸雄、プロ野球選手(+ 1944年??月??日)
  • 3月7日 - 小野才八郎、日本の小説家である(+ 2014年08月11日)
  • 3月8日 - ラインホルト・バルヒェットヴァイオリニスト(+ 1962年
  • 3月10日 - ボリス・ヴィアン、フランスの作家、詩人である。セミプロのジャズ・トランペット奏者としても名をはせ、余技として歌手活動も行った(+ 1959年06月23日)
  • 3月10日 - 大橋鎭子、編集者、エッセイスト(+ 2013年)
  • 3月10日 - 佐藤敬治、日本の元政治家。衆議院議員(6期)(+ 2009年09月16日)
  • 3月11日 - 高橋勇夫、日蓮宗の僧、仏教学者(+ 1998年??月??日)
  • 3月11日 - 中川幸次、日本のエコノミスト。元野村総合研究所社長(+ 2015年12月28日)
  • 3月12日 - ロバート・M・フリン、宗教家・教育者(+ 2009年02月07日)
  • 3月14日 - ドロシー・オーダム、イギリスの陸上競技選手。女子走高跳でベルリンオリンピックとロンドンオリンピック(+ 2014年09月25日)
  • 3月14日 - 豊田穣小説家(+ 1994年
  • 3月15日 - 玉腰忠義、プロ野球選手(+ 1957年
  • 3月15日 - エドワード・ドナル・トーマス、アメリカ合衆国の内科医。シアトルのワシントン大学元教授(+ 2012年10月20日)
  • 3月15日 - 岡田重精、日本の宗教学者。元学校法人皇學館大学理事長、皇學館大学名誉教授(+ 2013年08月11日)
  • 3月15日 - 岸田綱太郎、ラブレ乳酸菌の発見、インターフェロンの研究、医学博士。ヒトインターフェロン人工生成、肝炎や白血病の患者らに投与(+ 2006年09月13日)
  • 3月15日 - 金相沃、大韓民国の時調詩人。慶尚南道出身(+ 2004年10月31日)
  • 3月15日 - 西郷竹彦、文芸学者、児童文学研究者、ロシア文学翻訳家(+ 年 月 日)
  • 3月15日 - 東郷晴子、日本の女優。元宝塚歌劇団雪組組長。東京都出身(+ 2011年03月03日)
  • 3月16日 - ゲルトラウト・ユンゲ、アドルフ・ヒトラーの秘書。(+ 2002年02月10日)
  • 3月16日 - ド・フライシュマン、アメリカ合衆国の小説家、児童文学作家。『ペテン師山』(+ 2010年03月17日)
  • 3月17日 - 宇治家彦、元皇族
  • 3月17日 - シェイク・ムジブル・ラフマン、東パキスタン ベンガル人政治指導者。バングラデシュ大統領(初・4代)、首相を歴任(+ 1975年08月15日)
  • 3月17日 - 土居健郎、日本の精神科医、精神分析家。東京大学名誉教授、聖路加国際病院診療顧問。(+ 2009年07月05日)
  • 3月18日 - 内村剛介、日本のロシア文学者、評論家。文芸誌『同時代』同人(+ 2009年01月30日)
  • 3月20日 - 樋笠一夫、プロ野球選手(+ 2007年
  • 3月20日 - ローズマリー・ティンパリー、イギリスの女性作家である(+ 1988年11月09日)
  • 3月20日 - 佐藤あつ子、日本の洋画家。大調和会員として活躍(!+ 年 月 日)
  • 3月20日 - 寺西春雄、日本の音楽評論家である(+ 2003年06月22日)
  • 3月20日 - 北廉太郎、昭和期の歌手(+ 1940年09月15日)
  • 3月21日 - 永山光幹、日本の刀剣研師。人間国宝(重要無形文化財保持者)(+ 2010年03月22日)
  • 3月22日 - ジェームズ・ブラウン (James Brown)、元俳優(+ 1992年

年]])

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

死去[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

ノーベル賞[編集]

フィクションのできごと[編集]

誕生[編集]

出来事[編集]

脚注[編集]

注釈

出典

[ヘルプ]
  1. ^ ピッツバーグ・パイレーツVSシンシナティ・レッズ(第1戦:レッズ 13 - 4 パイレーツ 、第2戦:レッズ 7 - 3 パイレーツ 、第3戦:パイレーツ 6 - 0 レッズ)

関連項目[編集]