1976年モントリオールオリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1976年モントリオールオリンピック
第21回オリンピック競技大会
Jeux de la XXIe olympiade
Games of the XXI Olympiad
Olympiastadion Montreal.jpg
開催都市 カナダの旗 カナダ モントリオール
参加国・地域数 92
参加人数 6,028人(男子4,781人、女子1,247人)
競技種目数 21競技195種目
開会式 1976年7月17日
閉会式 1976年8月1日
開会宣言 エリザベス2世 女王
選手宣誓 ピエール・サン・ジュアン
審判宣誓 モーリス・フォジェ
最終聖火ランナー ステファン・プレフォンテーヌ
サンドラ・ヘンダーソン
主競技場 モントリオール・オリンピック・スタジアム
夏季
冬季
オリンピックの旗 Portal:オリンピック
テンプレートを表示

1976年モントリオールオリンピック(1976ねんモントリオールオリンピック)は、1976年7月17日から8月1日までの16日間、カナダケベック州モントリオールで開催されたオリンピック競技大会である。一般的にモントリオールオリンピックと呼称される。モントリオールは、フランス語圏ではパリに次いで2番目に夏季大会を開催した都市である。

本大会は、IOC(国際オリンピック委員会)1974年の第75回総会オリンピック憲章からアマチュア条項を削除してから[1]初めて開催された夏季オリンピックであった。

なお、モントリオール市は本大会開催により巨額の債務(当時の日本円で1兆)を背負い、30年後の2006年にようやく完済を果たした[2]

大会開催までの経緯[編集]

モントリオールオリンピックの開催は1970年5月12日オランダアムステルダムで開かれた第69回国際オリンピック委員会総会で決定された。

1976年夏季オリンピック 開催地投票
都市 1回目 2回目
モントリオール カナダの旗 カナダ 25 41
モスクワ ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 28 28
ロサンゼルス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 17 -

ハイライト[編集]

大会をボイコットした国[編集]

  1976年 モントリオールオリンピックをボイコットした国
  1980年モスクワオリンピックをボイコットした国
  1984年ロサンゼルスオリンピックをボイコットした国
  上記3大会とも参加した国

大会マスコット[編集]

  • アミック (Amik) - ビーバーをモチーフにしたマスコット。

開会宣言[編集]

開会宣言はエリザベス2世カナダ女王として行なった。本大会の後、カナダでは2回オリンピックが開催されているが、女王が開会宣言を行なったのはこの大会のみで、以後の2回はいずれも総督が開会宣言を行っている。

宣言は開催国の言語で行われるのが慣例であるが、今大会はフランス語→英語の順に宣言された。2カ国で宣言されるのは唯一である[3]

メインスタジアム建設の経緯と大会の膨大な赤字[編集]

メインスタジアムの建設は当時世界初とうたわれた開閉式屋根の巨大競技場として計画され、当初予算3億2000万カナダドルでスタートしたが、第一次オイルショックが発端になった物価高騰で建設費は膨れ上がり、工事も遅れ、未完成のままオリンピックの開催に至った。 開催までに見積もりの2倍の2億6400万カナダドルが投入され、その後の建設・改修・修復費用に金利を加えると最終的には16億1000万カナダドルに上った。そのため、大会は膨大な赤字を計上した。モントリオール市と同市が所在するケベック州政府は共同でこれらの負担を弁済し終わったのは、オリンピック開催から30年後の2006年11月であった。その財源は増税という形で住民から調達し、モントリオール市は不動産税などを、ケベック州はたばこ税などをそれぞれ増税することによって補填した[4]

以降、社会主義国であったソ連で行われた1980年開催のモスクワオリンピックを挟み、1984年開催のロサンゼルスオリンピックで商業化が著しくなってゆく端緒となった大会ともいえる。


メインスタジアムの現状[編集]

競技の結果[編集]

  • 女子体操に出場したルーマニアナディア・コマネチが、史上初の10点満点を連発し脚光を浴びた。
  • 競泳では、アメリカ東ドイツが圧倒的な強さを発揮してメダルを独占した。
  • 開催国カナダは金メダルなしに終わった。なお、開催国が金メダルを1個も獲得できなかったのは冬季では今大会以前に、シャモニーオリンピックサンモリッツオリンピックがあるが、夏季では今大会が初めてで、これ以降を含めてもサラエボオリンピックカルガリーオリンピックの3回のみであるが、下記2大会とも冬季のため夏季では2021年現在唯一である。
  • 大会のメイン競技である陸上競技と競泳で、アメリカの不振が目立った。特にお家芸である陸上競技、競泳の女子個人種目で金メダルなしの惨敗であった。アメリカに代わり台頭したのが東ドイツであり、中でも女子競泳では個人種目において11種目中10種目で金メダルを獲得する大躍進だった。
  • 東ドイツは、夏季オリンピック大会としては初めてアメリカを抜いて、ソ連に次いで2番目の金メダルを獲得した。その他、金メダル獲得数上位10ヵ国のうち共産圏の国が7ヵ国を占めた。近代オリンピックの第1回大会から参加しているアメリカが夏季大会の金メダル獲得数で3位に転落するのは初のことであった。
  • 日本はメダル総合順位では5位だったものの、メイン競技である陸上競技と競泳でアントワープオリンピック以来の入賞者なしに終わった。また体操においても、大会直前にエースの笠松茂が病気で欠場したこともあって獲得した金メダル数でソ連に劣り、柔道においても軽量級や重量級で取りこぼした結果、ローマオリンピック以来の金メダル数ヒト桁台に落ち込んだ。

主な競技会場[編集]

実施競技と日程表[編集]

競技名 / 日付 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1
開会式 / 閉会式
陸上競技
ボート
バスケットボール
ボクシング
カヌー
自転車競技
フェンシング
サッカー
体操
ウエイトリフティング
ハンドボール
ホッケー
柔道
レスリング
競泳
飛び込み
水球
近代五種
馬術
射撃
アーチェリー
バレーボール
ヨット

各国の獲得メダル[編集]

国・地域
1 ソビエト連邦 ソビエト連邦 49 41 35 125
2 東ドイツ 東ドイツ 40 25 25 90
3 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 34 35 25 94
4 西ドイツ 西ドイツ 10 12 17 39
5 日本 日本 9 6 10 25
6 ポーランド ポーランド 7 6 13 26
7 ブルガリア ブルガリア 6 9 7 22
8 キューバ キューバ 6 4 3 13
9 ルーマニア ルーマニア 4 9 14 27
10 ハンガリー ハンガリー 4 5 13 22
27 カナダ カナダ(開催国) 0 5 6 11

主なメダリスト[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]