笠松茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル

笠松茂
男子 体操競技
オリンピック
1972 ミュンヘン 男子団体
1972 ミュンヘン 男子平行棒
1972 ミュンヘン 男子床
1972 ミュンヘン 男子鉄棒

笠松 茂(かさまつ しげる、1947年7月16日 - )は、三重県熊野市出身の元体操選手で現在はコーチ。

三重県立木本高等学校中京大学体育学部卒。大卒後、東海テレビ放送に入社(アナウンサーではない)。同社が運営する体操クラブチーム「東海テレビレッツ体操クラブ」(現・笠松体操クラブ)に所属していた。

1972年ミュンヘンオリンピック、体操男子団体金メダリスト、妻は同じく体操のミュンヘンオリンピック日本代表選手だった羽生和永、同じく体操選手だった笠松昭宏は息子(アナハイム世界体操選手権大会団体銅メダリスト)。カサマツ跳びで知られた。

1970年世界選手権(リュブリャナ)では補欠だったが、その後次第に頭角を現し1972年のミュンヘンオリンピックで個人総合5位、1974年の世界選手権(ヴァルナ)で個人総合優勝して「日本のエース」と呼ばれるようになった。1976年モントリオールオリンピックでも個人総合優勝候補の筆頭にあげられていたが、競技本番直前に盲腸炎を発症し無念の欠場となった(補欠の五十嵐久人が出場した。)。残った日本選手団はこの逆境を跳ね返し、団体の金メダルを獲得した。

2005年紫綬褒章を受章、2007年に国際体操殿堂入りを果たした。現在は笠松体操クラブ代表を務めつつ、東海テレビ社会人フェローの会登録講師を務めている。

成績[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]