竹本正男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
獲得メダル
男子 体操競技
オリンピック
1960 ローマ 団体総合
1952 ヘルシンキ 個人跳馬
1956 メルボルン 団体総合
1960 ローマ 個人鉄棒
1956 メルボルン 個人つり輪
1956 メルボルン 個人平行棒
1956 メルボルン 個人鉄棒

竹本 正男(たけもと まさお、1919年9月29日 - 2007年2月2日)は、日本の体操選手。元日本体育大学副学長、日本体育大学名誉教授。ヘルシンキオリンピック銀メダリスト、メルボルンオリンピック銀メダリスト、ローマオリンピック金メダリスト。島根県浜田市出身。旧制浜田中(島根県立浜田高等学校)、日本体育会体操学校高等師範科(現在の日本体育大学)卒業。「体操の神様」とも言われていた。浜田市名誉市民でもあった。

来歴[編集]

選手時代[編集]

  • 1947年:第1回全日本体操競技選手権に出場し個人総合で優勝。以後個人総合で5連覇。通算7回の優勝を果たす。
  • 1952年:ヘルシンキオリンピックに出場。個人跳馬で銀メダルを獲得。
  • 1954年:ローマ世界選手権に出場し、徒手で金メダルを獲得。
  • 1956年:メルボルンオリンピックに出場、選手団主将を務める。団体総合で銀メダル、個人つり輪と個人平行棒と個人鉄棒で銅メダルを獲得。
  • 1958年:モスクワ世界選手権に出場し、徒手で優勝。世界選手権2連覇を達成した。
  • 1960年:ローマオリンピックで男子団体金メダル、個人鉄棒銀メダルに輝く。

引退後[編集]

ローマ五輪を最後に引退。日本体育大学教授として後進の指導、研究に従事した。

ほかに、日本体操協会副会長、日本体操協会顧問、日本体育大学理事、日本体育大学女子短期大学副学長などの要職を歴任した。 月面宙返りのネーミングを考案した人物としても著名である。

主な出演[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]