監物永三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル
男子 体操競技
オリンピック
1968 メキシコシティ 男子団体
1972 ミュンヘン 男子団体
1976 モントリオール 男子団体
1972 ミュンヘン 男子個人総合
1976 モントリオール 男子鉄棒
1976 モントリオール 男子あん馬
1968 メキシコシティ 男子鉄棒
1972 ミュンヘン 男子あん馬
1972 ミュンヘン 男子平行棒

監物 永三(けんもつ えいぞう、1948年2月13日 - )は、岡山県出身の元体操選手で現在は日本体育大学教授、日本体操協会副会長。1968年メキシコオリンピック、1972年ミュンヘンオリンピック、1976年モントリオールオリンピック男子団体金メダリスト。清風高等学校日本体育大学卒。

世界体操選手権とオリンピックでは種目別のあん馬で合計4個のメダルを獲得。日本の男子体操黄金時代に「夢のタイトル」と呼ばれたあん馬で、もっとも金メダルに近いと言われた選手であった。オリンピックと世界体操選手権で獲得したメダルは23個、うち金メダルが10個、銀メダルが7個、銅メダルが6個であった。1970年には世界選手権男子個人総合で日本人初の優勝を果たしている。引退後は日本体育大学や徳洲会体操クラブなどで指導者として水鳥寿思らを育て上げた。2004年のアテネオリンピックに金メダルを獲得した男子団体メンバーと共に紫綬褒章を受章した。[1]2006年に国際体操殿堂入りを果たした。

脚注[編集]

  1. ^ 日本の体操で過去の紫綬褒章を受章しているのは、竹本正男(1980年)、小野喬(1988年)、遠藤幸雄(1996年)、相原信行(1997年)、松田治廣(1999年)、早田卓次(2002年)、中山彰規(2003年)、鹿島丈博(2003年)、加藤澤男(2004年)。

外部リンク[編集]