塚原光男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
塚原 光男 Gymnastics (artistic) pictogram.svg
Mitsuo Tsukahara.jpg
国籍 日本
生年月日 (1947-12-22) 1947年12月22日(74歳)
生誕地 日本の旗 日本 東京都北区
種目 男子体操競技
技名 ツカハラ(跳馬)
ツカハラ(鉄棒)
獲得メダル
オリンピック
1968 メキシコシティ 男子 団体総合
1972 ミュンヘン 男子 鉄棒
1972 ミュンヘン 男子 団体総合
1976 モントリオール 男子 鉄棒
1976 モントリオール 男子 団体総合
1976 モントリオール 男子 跳馬
1972 ミュンヘン 男子 つり輪
1976 モントリオール 男子 個人総合
1976 モントリオール 男子 平行棒
テンプレートを表示

塚原 光男(つかはら みつお、1947年12月22日[1] - )は、日本の元体操選手

オリンピック3大会で金メダルを獲得した。鉄棒では「月面宙返り(ムーンサルト)」を編み出した。現在は、さまざまな体操競技団体において後進を指導する立場に就いている。現在も東京都在住。

人物[編集]

東京都北区出身。1966年に國學院高等学校を、1970年に日本体育大学体育学部卒業。 大学在学中の1968年メキシコオリンピックに出場した。

1970年、大学卒業後に河合楽器に入社。社会人となってからもミュンヘンオリンピック1972年)とモントリオールオリンピック1976年)に出場、男子種目別の鉄棒で2大会連続で金メダルを獲得。

1970年に跳馬で「ツカハラ跳び」、1972年に鉄棒で「月面宙返り(ムーンサルト)」の新技を開発した。特に月面宙返りの開発に当たってはトランポリンのハーフ・イン・ハーフという技を見て、「これを鉄棒に使えないだろうか」と思ったことから深夜、人がいなくなった練習場で数ヶ月かけて1人練習を重ねて技を完成させたことを後に語っている[2]

妻は元メキシコオリンピック女子体操日本代表の塚原千恵子(旧姓:小田)、長男は同じく体操選手の塚原直也の体操一家。長男は2004年アテネオリンピック体操男子団体メンバーとして金メダルを獲得しており、日本五輪史上初の父子金メダリストとなった。

引退後には指導者となり、2002年には「朝日生命体操教室」と「朝日生命体操クラブ」を運営する「塚原体操センター」を設立した。2009年秋の褒章で紫綬褒章を受章[3]。2004年に受章した息子・直也と共に親子での紫綬褒章受章者となった。2012年にはロンドンオリンピック日本選手団の総監督を務めた。

2013年7月に執行された第23回参議院議員通常選挙自由民主党の公認を得て比例代表候補として出馬するも、26位で落選した。

2014年には講道館評議員に就任した[4]

成績[編集]

役職[編集]

パワハラ騒動[編集]

2018年(平成30年)8月29日、リオデジャネイロ五輪代表の宮川紗江速見佑斗コーチが暴力(体罰)を振るったとして体操協会が同コーチを無期限登録抹消処分にした事に関連して、宮川は記者会見を開き同コーチからの時に体罰を伴う指導を自分自身と家族が肯定的にとらえていたことを認めるとともに、塚原光男と塚原千恵子からパワハラや朝日生命への引き抜き行為を受けていたと告発した。会見の中で、宮川は塚原夫妻から「あのコーチはダメ。だからあなたは伸びない。私なら速見の100倍教えられる」などと言われて、恐怖を感じたと述べた[6]

8月30日、取材に対して光男は宮川の発言は「全部うそ」と発言した[7]。この発言については、同日に行われた日本体操協会の会見で副会長の具志堅幸司は「(塚原夫妻によるパワハラが事実であれば)体操関係者として非常に残念」として、第三者委員会の調査にゆだねる旨を示した[8][9]

8月31日、夫婦で代理人弁護士を通じ「私たちにも責任があることは確か。私たちの言動で深く傷つけたことを本当に申し訳なく思っております」と文書で謝罪している[10]。しかしこの謝罪文のなかに宮川への反論も含まれていたことが批判されたため、そのことについて9月2日に再び謝罪文を発表した[11]

  • なお、一連の件に関連して、1991年の全日本選手権で参加選手91人中55人が出場をボイコットしたことも併せて報道された。全審判が朝日生命OBで構成され、朝日生命所属選手に有利な点数が出ているとして、他チーム指導者たちは「ムダである」と選手に演技をやめさせる形をとった。そして協会に「協会女子競技本部から派遣された主任審判員4人を外すこと」を求める要望書が提出される事態となり、混乱の責任を取って塚原は女子競技委員長を辞任している[12][13][14]

9月7日、この件で協会は第三者委員会を設置、10日には塚原夫妻の職務一時停止を決定した。そして12月10日、第三者委員会は夫妻による宮川へのパワハラを認定しないとして、同時に協会は夫妻の職務停止処分解除を決定した[15]

関連項目[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 塚原 光男Profile
  2. ^ 114の金物語 産経新聞 2008年7月20日閲覧
  3. ^ “秋の褒章、中島みゆきさんら受章 678人、24団体”. 共同通信社. 47NEWS. (2009年11月2日). http://www.47news.jp/CN/200911/CN2009110101000509.html 2013年1月27日閲覧。 
  4. ^ 体操の塚原氏が柔道講道館の評議員に
  5. ^ 東京都世田谷区の朝日生命体操教室・朝日生命体操クラブ・塚原体操センター” (日本語). www.tsukahara-taisou.com. 2018年8月31日閲覧。
  6. ^ 宮川紗江は協会幹部からのパワハラ主張 コーチからの暴力問題に反論 - ライブドアニュース
  7. ^ “宮川紗江のパワハラ発言は「全部ウソ」体操協会の副会長が断言 - ライブドアニュース” (日本語). ライブドアニュース. http://news.livedoor.com/article/detail/15231031/ 2018年8月30日閲覧。 
  8. ^ “体操協会が第三者委設置へ 宮川選手へのパワハラ問題:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. https://www.asahi.com/articles/ASL8Z5WBJL8ZUTQP01W.html 2018年8月30日閲覧。 
  9. ^ “【一問一答】具志堅副会長、塚原女子強化本部長はコーチとして失格「決定権はお持ち」” (日本語). サンスポ. https://www.sanspo.com/sports/news/20180830/gym18083021360012-n1.html 2018年8月31日閲覧。 
  10. ^ “「宮川選手傷つけた」と塚原夫妻謝罪 - 共同通信” (日本語). https://this.kiji.is/408117073350034529 2018年8月31日閲覧。 
  11. ^ “塚原光男・千恵子夫妻「私たちの落ち度が大きな原因」…謝罪コメント全文” (日本語). スポーツ報知. (2018年9月2日). https://www.hochi.co.jp/sports/etc/20180902-OHT1T50209.html 2018年9月2日閲覧。 
  12. ^ “体操協会が手のひら返し “強権”塚原夫妻「2度目の不信任」|ニフティニュース” (日本語). ニフティニュース. https://news.nifty.com/article/sports/gendai/12136-080367/ 2018年8月31日閲覧。 
  13. ^ “森末慎二氏、27年前の女子体操ボイコット事件を告白…「全部上が朝日生命の選手になった」” (日本語). スポーツ報知. (2018年8月30日). https://www.hochi.co.jp/sports/etc/20180830-OHT1T50073.html 2018年8月31日閲覧。 
  14. ^ “全日本体操で55選手ボイコット…27年前も女子猛反発で塚原光男氏辞職” (日本語). スポーツ報知. (2018年8月31日). https://www.hochi.co.jp/sports/etc/20180831-OHT1T50069.html 2018年8月31日閲覧。 
  15. ^ “体操宮川問題 第三者委員会は塚原夫妻のパワハラ認めず 職務停止処分を解除” (日本語). スポーツ報知. (2018年12月10日20時38分). https://www.hochi.co.jp/sports/etc/20181210-OHT1T50162.html 2018年12月10日閲覧。 

外部リンク[編集]