全日本体操競技選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
全日本体操競技選手権大会
開始年 1947
主催 日本体操協会
加盟国 日本の旗 日本
テンプレートを表示

全日本体操競技選手権大会日本体操協会が主催する体操競技日本一を競う日本の体操競技大会の1つ。第1回大会は1947年に開かれた。男女の個人総合優勝・団体・個人種目別で競技を競う。現在は個人総合を「全日本体操競技個人総合選手権大会」、団体・個人種目別を「全日本体操競技団体・種目別選手権大会」として開催している。

概要[編集]

第1回は1947年に石川国体体操競技大会を兼ねて行われた。

開催地は翌年の国民体育大会のリハーサル大会と兼ねて開催されることが多い。男子の個人総合優勝者に天皇杯が贈られる。

全日本選手権はおおむね11月に開催されていたが、2009年からは団体・個人種目別を「全日本体操競技団体・種目別選手権大会」として分離。残る個人総合を開催時期も春に移行した上で国際大会(オリンピック・世界選手権・アジア競技大会等)の第2次選考会と統合、2010年からは大会名も「全日本体操競技個人総合選手権大会」に改称された。なお、回数などについてはともに旧全日本体操競技選手権大会より引き継いでいる。

2013年よりさらに団体・種目別も分離され、種目別選手権はトランポリンの世界選手権代表決定競技会も併せて6月に開催される[1]

大会方式[編集]

個人総合選手権[編集]

男女とも1日目に予選、2日目に決勝を行う。男子はゆか・あん馬・つり輪・跳馬・平行棒・鉄棒の6種目、女子は跳馬・段違い平行棒・平均台・ゆかの4種目の合計得点で争う。男子は予選上位36名、女子は同24名が決勝へ進出する。決勝上位は国際大会の最終選考会を兼ねるNHK杯に進出する。

団体選手権[編集]

男女とも1チーム6名(人数不足の場合はこの限りでない)とする。種目は個人総合選手権と同じであるが、各種目で1チーム3名が演技を行い、チーム合計得点を争う。

個人種目別選手権[編集]

男女とも1日目に予選、3日目に決勝を行う。個人総合選手権の各種目で予選上位8名が決勝に進出する。

大会結果[編集]

個人総合選手権[編集]

開催地 男子優勝 女子優勝
1 1947年 金沢 竹本正男 鈴木登美子
2 1948年 東京 竹本正男 鈴木登美子
3 1949年 横浜 竹本正男 若林房子
4 1950年 神奈川 竹本正男 鈴木登美子
5 1951年 水戸 竹本正男 池田弘子
6 1952年 大阪 小野喬 池田弘子
7 1953年 東京 小野喬 田中敬子
8 1954年 東京 竹本正男 沢村恭子
9 1955年 秋田 竹本正男 田中敬子
10 1956年 東京 小野喬 池田弘子
11 1957年 神奈川 小野喬 田中敬子
12 1958年 熊本 小野喬 田中敬子
13 1959年 岡山 小野喬 池田敬子
14 1960年 東京 小野喬 池田敬子
15 1961年 長崎 相原信行 池田敬子
16 1962年 新潟 遠藤幸雄 虻川吟子
17 1963年 東京 遠藤幸雄 虻川吟子
18 1964年 秋田 遠藤幸雄 池田敬子
19 1965年 京都 遠藤幸雄 池田敬子
20 1966年 千葉 加藤武司 渋谷多喜
21 1967年 愛知 中山彰規 池田敬子
22 1968年 盛岡 中山彰規 香取光子
23 1969年 山口 加藤澤男 小田千恵子
24 1970年 神戸 中山彰規 松久みゆき
25 1971年 甲府 中山彰規 松久みゆき
26 1972年 米子 監物永三 長谷川たか子
27 1973年 札幌 塚原光男 松久みゆき
28 1974年 岡山 監物永三 松久みゆき
29 1975年 長野 塚原光男
梶山広司
広中みゆき
30 1976年 水戸 監物永三 岡崎聡子
31 1977年 静岡 笠松茂 赤羽綾子
32 1978年 北九州 三上肇 加納弥生
33 1979年 八王子 錦井利臣 赤羽綾子
34 1980年 伊勢崎 具志堅幸司 加納弥生
35 1981年 唐津 具志堅幸司 加納弥生
36 1982年 前橋 具志堅幸司 森尾麻衣子
37 1983年 橿原 山脇恭二 森尾麻衣子
38 1984年 神戸 具志堅幸司 望月のり子
39 1985年 甲府 山脇恭二 望月のり子
40 1986年 佐世保 水島宏一 信田美帆
41 1987年 日向 水島宏一 信田美帆
42 1988年 仙台 佐藤寿治 小菅麻里
43 1989年 北九州 佐藤寿治 小菅麻里
44 1990年 小松 西川大輔 小菅麻里
45 1991年 山形 西川大輔 小菅麻里
46 1992年 高松 相原豊 小菅麻里
47 1993年 名古屋 畠田好章 三浦華子
48 1994年 郡山 田中光 菅原リサ
49 1995年 広島 畠田好章 橋口美穂
50 1996年 大阪 塚原直也 菅原リサ
大畠佑紀
51 1997年 神奈川 塚原直也 菅原リサ
52 1998年 熊本 塚原直也 菅原リサ
53 1999年 富山 塚原直也 菅原リサ
54 2000年 仙台 塚原直也 竹中美穂
55 2001年 高知 冨田洋之 溝口絵里加
56 2002年 静岡 冨田洋之 石坂真奈美
57 2003年 熊谷 米田功 石坂真奈美
58 2004年 東京 冨田洋之 市川千尋
59 2005年 尼崎 冨田洋之 上村美揮
60 2006年 東京 冨田洋之 鶴見虹子
上村美揮
61 2007年 東京 冨田洋之 鶴見虹子
62 2008年 上越 内村航平 鶴見虹子
63 2009年 東京 内村航平 鶴見虹子
64 2010年 東京 内村航平 鶴見虹子
65 2011年 東京 内村航平 鶴見虹子
66 2012年 東京 内村航平 田中理恵
67 2013年 東京 内村航平 笹田夏実

団体選手権[編集]

開催地 男子優勝 女子優勝
1 1947年 金沢 スワロークラブA
2 1948年 東京 スワロークラブA
3 1949年 横浜 スワロークラブA
4 1950年 神奈川 スワロークラブA 群馬チーム
5 1951年 水戸 スワロークラブA スワロークラブ
6 1952年 大阪 大塚クラブA 東京女子体育大学短大
7 1953年 東京 大塚クラブA 音体クラブ
8 1954年 東京 スワロークラブA 音体クラブA
9 1955年 秋田 日本体育大学 音体クラブA
10 1956年 東京 スワロークラブA 東京教育大学
11 1957年 神奈川 大塚クラブ 東京教育大学
12 1958年 熊本 日体スワロークラブ 大塚クラブ
13 1959年 岡山 日体スワロークラブ 大塚クラブ
14 1960年 東京 日体スワロークラブ 日体スワロークラブ
15 1961年 長崎 日体スワロークラブ 日本体育大学
16 1962年 新潟 日体スワロークラブ 日本体育大学
17 1963年 東京 大塚クラブ 日体スワロークラブ
18 1964年 秋田 日体スワロークラブ 日体スワロークラブ
19 1965年 京都 日体スワロークラブ 日本体育大学
20 1966年 千葉 日体スワロークラブ 日体スワロークラブ
21 1967年 愛知 日体スワロークラブ 日本体育大学
22 1968年 盛岡 日体スワロークラブ 日本体育大学
23 1969年 山口 日本体育大学 日本体育大学
24 1970年 神戸 大塚クラブ 日本体育大学
25 1971年 甲府 大塚クラブ 日本体育大学
26 1972年 米子 大塚クラブ 日本体育大学
27 1973年 札幌 日本体育大学 日本体育大学
28 1974年 岡山 紀陽銀行 日本体育大学
29 1975年 長野 紀陽銀行 日本体育大学
30 1976年 水戸 河合楽器 日本体育大学
31 1977年 静岡 紀陽銀行 日本体育大学
32 1978年 北九州 紀陽銀行 国学院高校
33 1979年 八王子 河合楽器 国学院高校
34 1980年 伊勢崎 紀陽銀行 国学院高校
35 1981年 唐津 大和銀行 筑波大学
36 1982年 前橋 紀陽銀行 日本体育大学
37 1983年 橿原 大和銀行 日本体育大学
38 1984年 神戸 紀陽銀行 朝日生命体操クラブ
39 1985年 甲府 大和銀行 朝日生命体操クラブ
40 1986年 佐世保 大和銀行 朝日生命体操クラブ
41 1987年 日向 大和銀行 朝日生命体操クラブ
42 1988年 仙台 日本体育大学 朝日生命体操クラブ
43 1989年 北九州 日本体育大学 朝日生命体操クラブ
44 1990年 小松 日本大学 朝日生命体操クラブ
45 1991年 山形 大和銀行 朝日生命体操クラブ
46 1992年 高松 日本体育大学 朝日生命体操クラブ
47 1993年 名古屋 大和銀行 朝日生命体操クラブ
48 1994年 郡山 大和銀行 朝日生命体操クラブ
49 1995年 広島 紀陽銀行 朝日生命体操クラブ
50 1996年 大阪 大和銀行 朝日生命体操クラブ
51 1997年 神奈川 日本大学 日本体育大学
52 1998年 熊本 順天堂大学 朝日生命体操クラブ
53 1999年 富山 大和銀行 朝日生命体操クラブ
54 2000年 仙台 徳洲会体操クラブ 朝日生命体操クラブ
55 2001年 高知 大翔会体操クラブ 朝日生命体操クラブ
56 2002年 静岡 順天堂大学 朝日生命体操クラブ
57 2003年 熊谷 徳洲会体操クラブ 朝日生命体操クラブ
58 2004年 東京 徳洲会体操クラブ 朝日生命体操クラブ
59 2005年 尼崎 徳洲会体操クラブ 戸田市スポーツセンター
60 2006年 東京 徳洲会体操クラブ 日本体育大学
61 2007年 東京 徳洲会体操クラブ 朝日生命体操クラブ
62 2008年 上越 日本体育大学 朝日生命体操クラブ
63 2009年 東京 KONAMI 朝日生命体操クラブ
64 2010年 山口 日本体育大学 日本体育大学
65 2011年 東京 KONAMI 日本体育大学
66 2012年 東京 順天堂大学 日本体育大学

放送について[編集]

個人総合選手権は決勝の模様をNHK総合テレビで生中継する。

個人種目別選手権は日本テレビ(関東ローカル)にてディレード中継した後、深夜で完全版を放送。後日日テレG+でも放送。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]