塚原千恵子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

塚原 千恵子(つかはら ちえこ、1947年8月12日 - )は長崎県出身の元オリンピック女子体操選手・指導者である。旧姓は小田。長崎県立長崎西高等学校日本体育大学。 夫はメキシコオリンピックミュンヘンオリンピックモントリオールオリンピックで金メダルを取った元体操選手の塚原光男、息子はアテネオリンピックの体操団体で金メダルを取った体操選手の塚原直也

人物[編集]

1967年の全日本学生体操競技選手権大会で個人総合優勝し[1]、全日本選手権でも5位に入賞した。同年の1967年夏季ユニバーシアード東京)女子団体で金メダルを獲得した[2]

1968年メキシコオリンピックに出場。女子個人総合は19位、女子団体では4位入賞を果たした。 1969年には第23回全日本体操競技選手権大会全日本学生体操競技選手権大会NHK杯体操選手権で優勝、1970年の第17回世界体操競技選手権では団体4位入賞メンバーとなった[3]

1972年現役引退し塚原光男と結婚、体操指導者としてオリンピック体操チームのコーチなどを歴任(1976年モントリオールオリンピック、1984年ロサンゼルスオリンピック、1988年ソウルオリンピック体操女子チームリーダー、2008年北京オリンピック体操女子監督)するとともに、 塚原体操センター副校長、朝日生命体操クラブ女子チーム監督として後進の指導育成に当たっている。

著書[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]