加納弥生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加納 弥生(かのう やよい、1963年 - 2019年5月28日 )は、日本の元体操選手國學院大學人間開発学部准教授。國學院高等学校日本体育大学卒業。1970年代末期から1980年代初期に日本女子体操界で頂点に君臨した。元体操コーチ。現姓名は笹田弥生。

来歴・人物[編集]

東京都出身。國學院高等学校を経て、日本体育大学卒業。1979年から1982年まで、NHK杯で4連覇。1980年モスクワオリンピック代表選手(日本は参加ボイコット)。元日体大体操コーチ、解説者。実娘は女子体操選手の笹田夏実(OSTC大泉スワロー体育クラブ所属。帝京高等学校→日本体育大学)。

2019年5月28日に死去した事が日本体操協会のサイトで公表された。56歳没[1]

主な成績[編集]

  • 1978年 全日本選手権:個人総合優勝、床優勝
  • 1979年 全日本選手権:段違い平行棒優勝
  • 1980年 全日本選手権:個人総合優勝、跳馬優勝、段違い平行棒優勝、床優勝
  • 1980年 全国高校総体:個人総合優勝
  • 1981年 全日本選手権:個人総合優勝、段違い平行棒優勝、平均台優勝、床優勝
  • 1981年 全日本学生選手権:個人総合優勝
  • 1982年 全日本学生選手権:個人総合優勝
  • 1983年 全日本学生選手権:個人総合優勝
  • 1984年 全日本学生選手権:個人総合優勝

脚注[編集]

  1. ^ 訃報、笹田弥生氏”. 公益財団法人日本体操協会. 2019年5月28日閲覧。

外部リンク[編集]