岡崎聡子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡崎 聡子 Gymnastics (artistic) pictogram.svg
選手情報
フルネーム おかざき さとこ
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1961-01-13) 1961年1月13日(58歳)
生誕地 東京都
種目 体操
実績 第21回モントリオールオリンピック
代表 1976年
引退 1979年
テンプレートを表示

岡崎 聡子(おかざき さとこ、1961年1月13日 - )は、東京都出身の日本の元体操選手、元タレント

経歴・人物[編集]

國學院高等学校在学中の1975年、全日本体操競技選手権大会の種目別跳馬競技で優勝を飾り[1]、翌1976年には同大会で総合優勝[2]NHK杯体操選手権でも優勝した[3][4]オリンピック代表に選ばれモントリオールオリンピックの体操競技に15歳で出場を果たした。

モントリオールオリンピックでは団体8位、個人総合30位の成績であった。同世代のナディア・コマネチにあやかり、「和製コマネチ」[5]の愛称で親しまれた。

高校卒業後の1979年、岡崎は日本体育大学の短期大学部[6]に進学したが、1979年、ケガで体操界を引退、すぐに中退してタレントに転向し[6]エアロビクスの普及に貢献した。その後、1981年、当時同棲していた元恋人から「婚約不履行」で1000万円の慰謝料を請求される。このとき相手側から「中絶体験」、「大麻疑惑」を暴露され、騒動になる。1984年にデザイナー関係の仕事をしている人と最初の結婚をして雑誌で、「妊婦9カ月ヌード」を披露[6]、2児をもうけてタレント活動からは引退した[6]

度重なる違法薬物使用逮捕[編集]

薬物を最初に使用したのは、アメリカ・ロサンゼルスに、エアロビクスの勉強に行っていた時と、2009年11月号の「月刊」で語っている[7]

1995年4月29日に、オウム事件関連での検問で、自動車を運転中に受けた職務質問にて大麻所持が発覚し、大麻取締法違反で夫と逮捕された[6]。検査により覚醒剤の使用も判明し、同年5月10日に覚醒剤取締法違反で再逮捕された[6]。この時は懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の判決を受けた[8]が、執行猶予期間中の1995年8月3日に覚醒剤所持でまたしても逮捕され[9]、改めて懲役1年6ヶ月の実刑判決を受けて服役した。その後も2000年[10]2005年[5][10]2009年[10]にも覚醒剤所持で逮捕され、それぞれ実刑判決を受け服役している[10][7]

2013年2月15日未明、新宿区の路上において覚醒剤使用容疑にて逮捕された[11]。この時は不起訴になったが、後に情報提供があり[12]、同年9月6日に自宅アパートの家宅捜索を受けて覚醒剤反応のあるストローが発見されたため、同居中の暴力団関係者男性と共に覚醒剤所持容疑で逮捕された[12]。薬物所持容疑で7度目の逮捕とされる[13]が、一部報道によれば、岡崎にはこれら逮捕歴の他に6回の逮捕歴(それぞれ証拠不十分で釈放)があり、2013年9月の逮捕は通算で13回目であるともいう[13]。公判では無罪を主張して争ったが、2014年9月5日に懲役3年6ヶ月の実刑判決を受けた[14]
2019年4月下旬、「物をなくした」と東京都杉並区内の交番を訪れた際、様子がおかしかったため尿検査したところ覚醒剤反応があり、覚醒剤取締法違反(使用)容疑で逮捕され、同年5月に同罪で起訴された[15]。薬物事件での逮捕はこれで通算14回目となる[16]

主な成績[編集]

著書など[編集]

  • 「エアロビクス効果の方法―7日間で別のあなたに変わり始める」- (青春出版社、1982年12月)ISBN 978-4413013048
  • 「サトコの青春ウルトラC」 - (講談社、1983年1月)ISBN 978-4062005234
  • 「-水中ヌード- トロピカルぽえむ Milky Noon 岡崎聡子」(LEO PACK VIDEO)
  • 」 2009年11月号『役立たぬ女子刑務所の薬物教育』(獄中から寄稿した手記[7])(創出版

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 全日本体操競技選手権歴代種目別優勝選手 (PDF)”. 体操データベース. 日本体操協会 (2018年7月1日). 2018年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月20日閲覧。
  2. ^ a b 全日本体操競技選手権歴代優勝チーム・個人総合選手 (PDF)”. 体操データベース. 日本体操協会 (2019年6月16日). 2019年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月20日閲覧。
  3. ^ a b NHK杯歴代優勝者一覧 (PDF)”. 体操データベース. 日本体操協会 (2019年6月16日). 2019年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月20日閲覧。
  4. ^ 高校生としては初めての優勝だった。その後、1999年に山脇佳奈が中学生で優勝している。
  5. ^ a b “法廷 ひと模様 薬物で『和製コマネチ』に実刑 『元女王』重圧に負け… 腰痛・失業 歯車狂う”. 東京新聞朝刊: p. 27. (2005年10月8日) 
  6. ^ a b c d e f “岡崎聡子(衛藤聡子)容疑者 麻薬取締法違反、覚せい剤所持で逮捕”. 日刊スポーツ: p. 27. (1995年5月19日) 
  7. ^ a b c 岡崎聡子. “【岡崎聡子獄中手記】薬物で服役して一番辛かったこと”. iRONNA(産経デジタル). 産経新聞社. 2018年9月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年9月29日閲覧。
  8. ^ “覚せい剤違反の元オリンピック選手、岡崎聡子被告に有罪/東京地裁”. 読売新聞東京朝刊: p. 34. (1995年7月15日) 
  9. ^ “体操元オリンピック選手の岡崎聡子被告に実刑 東京地裁判決”. 朝日新聞東京夕刊: p. 23. (1995年10月16日) 
  10. ^ a b c d “五輪出場の元体操選手逮捕 覚せい剤取締法違反容疑”. 共同通信. (2009年2月16日) 
  11. ^ 元五輪体操選手の岡崎聡子容疑者、覚醒剤でまた逮捕 過去に5度有罪”. MSN産経ニュース (2013年2月18日). 2013年6月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月29日閲覧。
  12. ^ a b 元五輪選手・岡崎聡子容疑者 覚醒剤所持容疑でまた逮捕 「全く知らない」”. MSN産経ニュース (2013年9月13日). 2014年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月29日閲覧。
  13. ^ a b 東堂玄介 (2013年9月20日). “「どっちでもいい」の声も...元五輪選手・岡崎聡子容疑者は7か月ぶり7度目ではなく、13度目の逮捕だった!?”. 日刊ナックルズ. 2013年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月29日閲覧。
  14. ^ “覚醒剤:元五輪選手、6回目有罪判決”. 毎日新聞東京朝刊: p. 26. (2014年9月6日) 
  15. ^ “岡崎聡子被告また覚醒剤使用…交番訪れ不審挙動”. 讀賣新聞オンライン. (2019年6月19日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20190619-OYT1T50217/ 2019年6月19日閲覧。 
  16. ^ 覚醒剤で14回めの逮捕「和製コマネチ」岡崎聡子の転落人生SmartFLASH 2019.6.19(2019.6.20access)

関連項目[編集]