岡崎聡子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
岡崎 聡子 Gymnastics (artistic) pictogram.svg
選手情報
フルネーム おかざき さとこ
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1961-01-13) 1961年1月13日(57歳)
生誕地 東京都
種目 体操
実績 第21回モントリオールオリンピック
代表 1976年
引退 1979年
テンプレートを表示

岡崎 聡子(おかざき さとこ、1961年1月13日 - )は、東京都出身の日本の元体操選手、元タレント

経歴・人物[編集]

國學院高等学校在学中の1976年の全日本体操競技選手権大会[1]NHK杯体操選手権で優勝する[2][3]オリンピック代表に選ばれモントリオールオリンピックの体操競技に15歳で出場を果たした。

モントリオールオリンピックでは団体8位、個人総合30位の成績であった。同世代のナディア・コマネチにあやかり、「和製コマネチ」の愛称で親しまれた。

高校卒業後の1979年、岡崎は某体育大学の短期大学部に進学したがすぐに中退しタレントに転向、エアロビクスの普及に貢献。その後、最初の結婚をして1984年には雑誌『平凡パンチ』で妊婦ヌードを披露した。出産とともにタレント活動を引退、2児を出産した。

度重なる違法薬物使用逮捕[編集]

1995年自動車を運転中に受けた職務質問にて大麻所持が発覚し逮捕され、執行猶予付きの有罪判決を受けた。しかし執行猶予期間中に覚醒剤所持でまたしても逮捕され、執行猶予も取り消され懲役1年6ヶ月の実刑判決を受け服役した。岡崎はこの頃に初婚の夫と離婚し、この服役中に獄中結婚をしたが夫とは死別している。後に3回目の結婚をしたが覚せい剤取締法容疑にて1999年に同容疑で逮捕、1年8ヶ月の実刑判決を受け服役した。その後も2005年2009年に逮捕され、それぞれ実刑判決を受け服役している。2013年2月15日未明、新宿区の路上において覚醒剤使用容疑にて逮捕された[4]。同容疑では今回が6度目の逮捕となった。この事件は後に不起訴になるも、後に情報提供があり[5]同年9月6日、家宅捜索の結果、自宅アパートから覚醒剤反応陽性のストローが発見され、覚醒剤所持容疑にて同居中の暴力団関係者男性と共に逮捕された。同容疑では7度目の逮捕となり、岡崎は容疑を否認している[6]。実は岡崎はこれらの逮捕歴の他に6回の逮捕歴があり、それぞれ証拠不十分で釈放されており、9月の逮捕は実際には13回目の逮捕であるという報道も存在する[7]

主な成績[編集]

著書など[編集]

  • 「エアロビクス効果の方法―7日間で別のあなたに変わり始める」- (青春出版社、1982年12月)ISBN 978-4413013048
  • 「サトコの青春ウルトラC」 - (講談社、1983年1月)ISBN 978-4062005234
  • 「-水中ヌード- トロピカルぽえむ Milky Noon 岡崎聡子」(LEO PACK VIDEO)
  • 」 2009年11月号『役立たぬ女子刑務所の薬物教育』(獄中から寄稿した手記[8])(創出版

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]