産経デジタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社産経デジタル
SANKEI DIGITAL INC.
産経デジタルロゴ.png
Tokyo Sankei Building 140427.JPG
本社のある産経新聞東京本社(東京サンケイビル
種類 株式会社
略称 産経デジタル
本社所在地 日本の旗 日本
100-8077
東京都千代田区大手町一丁目7番2号
(東京サンケイビル)
北緯35度41分13秒 東経139度45分56秒 / 北緯35.68697度 東経139.76553度 / 35.68697; 139.76553座標: 北緯35度41分13秒 東経139度45分56秒 / 北緯35.68697度 東経139.76553度 / 35.68697; 139.76553
設立 2005年平成17年11月1日
業種 情報・通信業
法人番号 5010001096197
事業内容 ニュースサイトの運営
代表者 宇田川尊志(代表取締役社長
資本金 2億円
従業員数 118人(2022年6月1日現在)
決算期 3月31日
関係する人物 近藤哲司(取締役会長兼産経新聞社代表取締役社長)
鳥居洋介(元代表取締役社長)
外部リンク 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

株式会社産経デジタル(さんけいデジタル、: SANKEI DIGITAL INC.)は日本のインターネットメディアの会社。

産経新聞社東京本社デジタルメディア局を前身とし[1]、産経新聞グループに属する[2]。産経新聞社、日本工業新聞社チームラボビジネスディベロップメントが出資し[3]、2005年に準備会社として設立[1]

産経ニュース、zakzak(=夕刊フジ)、サンスポ(旧SANSPO.COM)(=サンケイスポーツ)、SankeiBiz、iza(イザ!)、Cyclist(2012年開始2021年終了[4])、IGN JapanなどWebサイトの他、産経新聞・サンスポ・夕刊フジの有料電子版を運営する[5][6]

所在地は東京都千代田区大手町一丁目7番2号(東京サンケイビル)[7]

人物[編集]

事業[編集]

産経電子版[編集]

産経新聞、サンケイスポーツ、夕刊フジ有料電子版を国内のみならず全世界向けに販売する。紙版とのセット売りが行われている地域もある。

iza[編集]

iza(イザ!)はニュース記事とブログ記事を連動させるウェブサイトとして、2006年6月にベータ版を開始した[12]

産経ニュース[編集]

産経ニュースは日本マイクロソフトと産経新聞グループが共同で運営した「MSN産経ニュース」を前身とする。 2014年10月1日、マイクロソフト社が「MSN産経ニュース」を終了し、複数紙の記事を配信するようになった[13]。これに伴い、独立サイトとして「産経ニュース」が 同日にオープンした[14][15]。なお、MSN産経ニュースの前身には、産経新聞が直接運営したウェブサイト「Sankei Web」がある。

Sankei Web時代(2007年まで)のドメイン名はsankei.co.jp[16]、MSN産経ニュース(2007年から)はsankei.jp.msn.com[17]、産経ニュース(2014年から)はsankei.com[18]

産経netshop[編集]

産経新聞紙版を宅配購読している世帯を主な対象とする総合通販。紙面広告とダイレクトメール、Webサイトにより営業する。フジサンケイグループ内では、DINOS CORPORATION(旧:ディノス・セシール)のディノスと競合する。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b INC, SANKEI DIGITAL (2019年11月8日). “沿革 産経デジタルの歩み | 産経デジタル” (日本語). www.sankei-digital.co.jp. 2022年7月14日閲覧。
  2. ^ 産経新聞グループ” (日本語). 産経新聞社. 2022年7月14日閲覧。
  3. ^ 「マイクロソフトと産経新聞など、10月に「MSN産経ニュース」を共同開設」2007/09/25 12:45 日経速報ニュースアーカイブ
  4. ^ Cyclist”. Cyclist. 産経デジタル (2021年). 2021年4月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年9月20日閲覧。
  5. ^ 「産経ジャーナリズム」と「エンタメ」の2本柱で本格化する産経新聞社のデジタルトランスフォーメーション | Media Innovation
  6. ^ 運営メディア”. 産経デジタル. 2022年8月30日閲覧。
  7. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年11月8日). “地図・アクセス | 産経デジタル” (日本語). www.sankei-digital.co.jp. 2022年7月14日閲覧。
  8. ^ 鳥居 洋介”. NewsPicks. 2022年7月14日閲覧。
  9. ^ a b INC, SANKEI DIGITAL (2018年6月25日). “役員人事決定のお知らせ 代表取締役社長に植野伸治が就任 | 産経デジタル” (日本語). www.sankei-digital.co.jp. 2022年7月14日閲覧。
  10. ^ a b INC, SANKEI DIGITAL (2019年5月29日). “【人事】産経デジタル役員” (日本語). 産経ニュース. 2022年7月14日閲覧。
  11. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年6月21日). “役員人事決定のお知らせ 代表取締役社長に宇田川尊志が就任 | 産経デジタル” (日本語). www.sankei-digital.co.jp. 2022年7月14日閲覧。
  12. ^ https://xtech.nikkei.com/dm/article/NEWS/20060705/118864/
  13. ^ 「MSN」リニューアル、マルチデバイス対応強化、ニュースは複数社からの提供に -INTERNET Watch”. 株式会社インプレス (2014年9月8日). 2023年1月30日閲覧。
  14. ^ MSNが「20年で最大」のリニューアル 全世界でデザイン統一、マルチデバイス対応 パーソナライズ機能も強化”. IT media NEWS (2014年9月8日). 2023年1月29日閲覧。
  15. ^ 「MSN産経」終了へ、日本MS、ポータル一本化」2014/09/09 日経産業新聞
  16. ^ ブロードバンド(BB)による訪問比率が高いサイトは「フジテレビ」「産経」「トヨタ」 | ニュースリリース | ニールセン デジタル株式会社” (日本語). www.netratings.co.jp. 2022年7月14日閲覧。
  17. ^ 産経新聞の新ニュースサイト「MSN産経ニュース」、紙面とWebの体制を統合”. internet.watch.impress.co.jp. 2022年7月14日閲覧。
  18. ^ 株式会社インプレス (2014年9月8日). “「MSN産経ニュース」終了へ、10月1日より「産経ニュース」として全面刷新 オピニオンサイトも開始、マイクロソフトはMSNをリニューアル” (日本語). INTERNET Watch. 2022年7月14日閲覧。

外部リンク[編集]