近藤哲司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
近藤 哲司
(こんどう てつじ)
生誕 1960年????
日本の旗 日本長野県松本市
職業 ジャーナリスト
活動期間 1987年 - 現在
代表経歴 産経デジタル会長

近藤 哲司(こんどう てつじ、1960年 - )は、日本の新聞記者ジャーナリスト産経デジタル会長

来歴[編集]

長野県松本市出身[1]1987年産経新聞社入社。1997年から約2年間、米スタンフォード大学に留学。同社編集局、東京本社の経済部、営業局開発部長、デジタルメディアセンター長、米スタンフォード大学アジア太平洋研究センター客員研究員などを経て、2009年から産経デジタル代表取締役社長2013年から同社取締役デジタル担当を兼務し、2015年からは代表権のない取締役会長となる[1][2][3]

人物[編集]

2005年11月1日に設立された産経デジタルの取締役に就任し、2006年6月に情報サイトIza!(イザ!)を、同年10月1日には日本マイクロソフトと提携したMSN産経ニュースを開設。産経新聞社社長(当時)の住田良能とともに、「スクープがあれば、新聞より先にウェブに出す」という、当時の新聞業界のタブーに踏み込む改革を行った[4][5][6]

2008年12月12日には産経新聞の朝刊を無料で読めるiPhone/iPod touchアプリを公開し(その後Android版、iPad版も公開)、予想以上の反響を得た[7]

参照[編集]

  1. ^ a b TOKYO PLANNING COLLECTION 2013 supported by MUSEE PLATINUM|トーキョー プランニング コレクション 2013 supported by ミュゼプラチナム”. 2016年1月31日閲覧。
  2. ^ NEWS Hack「知るのではなく、感じるニュース」|大阪発、イノベーションのエコシステム Osaka Innovation Hub”. 2016年1月31日閲覧。
  3. ^ 【人事】産経デジタル役員 - 産経ニュース” (2015年5月27日). 2016年1月31日閲覧。
  4. ^ ASCII.jp:「新聞の自殺」とまで言われたタブーに挑む産経グループ(前編) (1/2)|【短期集中連載】新聞はネットに飲み込まれるか?” (2007年10月18日). 2016年1月31日閲覧。
  5. ^ ASCII.jp:「新聞の自殺」とまで言われたタブーに挑む産経グループ(後編) (1/2)|【短期集中連載】新聞はネットに飲み込まれるか?” (2007年10月23日). 2016年1月31日閲覧。
  6. ^ 関連記事”. 2016年1月31日閲覧。
  7. ^ 産経新聞、なぜ無料でiPhoneに 「失敗続き」の電子新聞チャレンジに手応え - ITmedia ニュース” (2008年12月19日). 2016年1月31日閲覧。

関連項目[編集]