コンピュータソフトウェア著作権協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

一般社団法人 コンピュータソフトウェア著作権協会(いっぱんしゃだんほうじん コンピュータソフトウェアちょさくけんきょうかい、英文名称:Association of Copyright for Computer Software、略称:ACCS)は、1985年10月に社団法人日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会(JPSA、現コンピュータソフトウェア協会)内に設立されたソフトウェア法的保護監視機構を祖とするコンピュータソフトウェア、コンテンツなどの著作権者で構成する業界団体。デジタル著作物の著作権者の権利を保護、著作権の普及活動及び情報モラルの普及を目的とする。

概要[編集]

代表者は辻本憲三・株式会社カプコン代表取締役社長(1997年7月 - )。久保田裕が、社団法人化以来事務局長、1996年より理事、1999年より専務理事を兼任。

沿革[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]