日本データ通信協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本データ通信協会
Japan Data Communications Association
団体種類 一般財団法人
設立 1973年12月
所在地 東京都豊島区巣鴨2丁目11番1号
巣鴨室町ビル7階
北緯35度44分7.3秒東経139度44分12.6秒座標: 北緯35度44分7.3秒 東経139度44分12.6秒
主要人物 理事長 酒井 善則
活動地域 日本の旗 日本
主眼 安心・安全なデータ通信を実現するための諸事業を実施することにより、国民生活の向上と日本経済社会の発展に寄与すること
活動内容 電気通信主任技術者及び工事担任者に関する試験事務の実施 他
ウェブサイト http://www.dekyo.or.jp/
テンプレートを表示

一般財団法人日本データ通信協会(にほんデータつうしんきょうかい)は、電気通信主任技術者、ネットワーク接続技術者の電気通信国家試験の実施、情報通信セキュリティ事業を行う。元総務省所管。

概要[編集]

役員

理事長:酒井 善則

専務理事:井手 康彦

沿革[編集]

昭和48年(1973年)

  • 12月 設立

昭和58年(1983年)

  • 1月 情報通信ネットワークの登録審査事務代行機関の業務開始

昭和60年(1985年)

昭和62年(1987年)

  • 2月 情報通信ネットワーク安全・信頼性対策実施登録審査業務開始

平成10年(1998年)

  • 3月 情報通信ネットワーク安全・信頼性対策実施登録審査事務終了
  • 4月 個人情報保護登録センター業務開始
  • 6月 ウィルスコンサルティングセンター業務開始

平成12年(2000年)

  • 7月 電子署名・認証センター業務開始

平成14年(2002年)

  • 7月 迷惑メール相談センター業務開始

平成17年(2005年)

  • 1月 Telecom-ISAC Japan(テレコム・アイザック推進会議)を編入
  • 2月 タイムビジネス認定センター業務開始
  • 4月 電気通信個人情報保護推進センター業務開始
  • 10月 個人情報保護登録センター業務終了
  • 12月 ウィルスコンサルティングセンター業務をセキュリティ対策推進協議会(SPREAD)へ移管
  • 同月 情報通信エンジニア資格制度の創設

平成18年(2006年)

  • 2月 工事担任者養成講座(eLPIT)業務開始
  • 5月 タイムビジネス推進部業務開始
  • 6月 プライバシーマーク指定機関認定業務開始

平成19年(2007年)

  • 2月 eLPITの科目受講制度創設
  • 10月 工事担任者試験等インターネット申請受付システム(コンビニ支払)運用開始

平成20年(2008年)

  • 10月 個人情報保護マネジメントシステム構築

平成21年(2009年)

  • 6月 シンボルマーク制定

平成24年(2012年)

  • 4月 一般財団法人へ移行

平成27年(2015年)

  • 3月 電気通信主任技術者定期講習機関として業務開始

平成28年(2016年)

  • 7月 テレコム・アイザック部を(一社)ICT-ISACへ業務移管

事業[編集]

情報通信人材育成本部

  • 電気通信国家試験センター:電気通信主任技術者試験および工事担任者試験の実施
  • 人材研修部:eLPITの実施

情報通信セキュリティ本部

その他[編集]

平成20年(2008年) 3月9日、「事業仕分け (行政刷新会議)第2弾」において、仕分け対象枠の公益法人に選定された。歴代の理事長職は長年旧郵政省、総務省官僚出身者が務めていたが、同年4月より学術研究者が就任するに至っている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]