松野春樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松野 春樹(まつの はるき、1937年1月24日 - 2008年7月3日)は、山梨県出身の元郵政官僚、元郵政事務次官

来歴・人物[編集]

山梨県立甲府第一高等学校を経て、東京大学法学部第2類(公法コース)卒業後、1960年郵政省に入省。1977年郵政局輸送課長[1]1979年人事局管理課長、1981年大臣官房経理部主計課長、1983年大臣官房秘書課長1985年6月電気通信局電気通信事業部長[1]1988年6月大臣官房長、1989年6月簡易保険局長、1990年6月貯金局長、1992年7月通信政策局長、1993年7月電気通信局長、1994年7月より郵政事務次官を務めた。叙位叙勲は、従三位瑞宝中綬章

郵政省退官後は、財団法人日本データ通信協会理事長、郵便貯金振興会理事長などを務め、2000年よりNTT代表取締役副社長。日本放送協会経営委員会委員も務める[2]

2008年7月3日、死去。71歳没。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『人事興信録 第38巻、第2号』1995年2月発行、153頁
  2. ^ NHK INFORMATION「 業務報告書(10年度)-第8章 業務組織の概要及び職員の状況-」”. 日本放送協会. 2021年7月10日閲覧。
先代
白井太
第27代:郵政事務次官
1994年 - 1996年
次代
五十嵐三津雄