日本銀行金融研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本銀行金融研究所(にっぽんぎんこうきんゆうけんきゅうじょ)は、日本銀行の内部組織の一で、金融経済の理論、制度、歴史に関する基礎的研究を行う研究所である。所在地は日本銀行本店と同じ、東京都中央区日本橋本石町

沿革[編集]

1982年昭和57年)10月、日本銀行創立百周年を記念して設立された。同年に設置(1985年(昭和60年)11月に開館)された貨幣博物館の運営も担当し、貴重な貨幣の収集研究と公開も行っている。

また、1999年平成11年)9月に、金融研究所内にアーカイブを設置し、目録掲載が可能となった歴史的文書を公開している。2005年(平成17年)4月には、情報技術研究センター(CITECS、サイテックス)を設置して、金融業界の国際標準化の推進、金融業界内の情報共有体制の整備、新しい情報セキュリティ技術の研究開発などを行っている。

顧問一覧[編集]

特別顧問
国内顧問
海外顧問
  • Bennett T. McCallum(H. J. Heinz Professor of Economics, Carnegie-Mellon University, U.S.A.)
  • Maurice Obstfeld(Class of 1958 Professor of Economics, University of California, Berkeley, U.S.A.)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]