植田和男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
植田 和男
生誕 (1951-09-20) 1951年9月20日(67歳)
静岡県牧之原市相良区
国籍 日本の旗 日本
研究機関 (機関)東京大学
研究分野 マクロ経済学金融論
母校 東京大学
マサチューセッツ工科大学Ph.D.
博士課程
指導教員
スタンレー・フィッシャー
受賞 第5回サントリー学芸賞
第26回日経・経済図書文化賞
テンプレートを表示

植田 和男(うえだ かずお、1951年9月20日 - )は、日本経済学者。専門はマクロ経済学金融論東京大学名誉教授日本銀行政策委員会審議委員、東京大学大学院経済学研究科長などを歴任。静岡県出身。

人物[編集]

長きに渡り東京大学で教鞭を執った一方で、政策当局への所属経験も多い。1985年1987年には大蔵省財政金融研究所主任研究官を務める。1998年には日本銀行政策委員会審議委員に就任し、政策委員会の理論的支柱としてゼロ金利政策量的緩和政策の導入に立ち会った。妻は日本女子大学教授の植田敬子[1]

略歴[編集]

学歴[編集]

教職[編集]

学外における役職[編集]

  • 1985年 - 1987年 大蔵省財政金融研究所主任研究官
  • 1998年 - 2005年 日本銀行政策委員会審議委員
  • 2005年 - サントリー学芸賞政治・経済部門選考委員
  • 2008年 - 日本政策投資銀行社外取締役
  • 2011年4月 - 2012年6月 日本経済学会会長

その他、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)運用委員長、日本銀行金融研究所特別顧問を務める。

受賞[編集]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

編著[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ (人間発見)東京大学教授 植田和男さん 理論と政策を行き来する(4)- (日本経済新聞)2011年10月20日