福田慎一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

福田 慎一(ふくだ しんいち、1960年 - )は日本の経済学者。東京大学大学院経済学研究科教授。専門は金融論、国際金融論、マクロ経済学。主として複雑系経済学

人物[編集]

石川県金沢市出身。金沢大学附属高等学校東京大学経済学部を経てイエール大学Ph.D(経済学博士)。東京大学時代の指導教官は浜田宏一現イエール大教授、イエール大での指導教官はノリエル・ルビーニニューヨーク大学教授。 東京大学の経済学部では、長年にわたり「金融」という学部生向けの基礎的な講義を受け持っている。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 照山博司)『マクロ経済学・入門』(有斐閣, 1996年/第2版, 2001年/第3版, 2005年/第4版, 2011年)
  • 照山博司)『演習式 マクロ経済学・入門 補訂版』(有斐閣, 2013年)


編著[編集]

  • 『日本の長期金融』(有斐閣, 2003年)

共編著[編集]

  • 浅子和美吉野直行)『現代マクロ経済分析――転換期の日本経済』(東京大学出版会, 1997年)
  • 堀内昭義岩田一政)『マクロ経済と金融システム』(東京大学出版会, 2000年)
  • (浅子和美)『景気循環と景気予測』(東京大学出版会, 2003年)
  • 粕谷宗久)『日本経済の構造変化と経済予測――経済変動のダイナミズムを読む』(東京大学出版会, 2004年)
  • 西村和雄)『非線形均衡動学――不決定性と複雑性』(東京大学出版会, 2004年)
  • 小川英治)『国際金融システムの制度設計――通貨危機後の東アジアへの教訓』(東京大学出版会, 2006年)
  • 寺西重郎奥田英信三重野文晴)『アジアの経済発展と金融システム』(東洋経済新報社, 2007年)

受賞[編集]