荒木尚志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荒木 尚志(あらき たかし、1959年5月 - )は、日本の法学者。専門は労働法東京大学大学院法学政治学研究科教授学位博士(法学)

熊本県出身。弟子に神吉知郁子(東京大学准教授)、桑村裕美子(東北大学准教授)、富永晃一(上智大学教授)、石崎由希子(横浜国立大学准教授)、池田悠北海道大学准教授)、河野奈月(明治学院大学准教授)、土岐将仁(岡山大学准教授)らがいる。

経歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『労働時間の法的構造』(有斐閣1991年
  • 『雇用システムと労働条件変更法理』(有斐閣、2001年
  • 『労働法』(有斐閣、第3版、2016年

共著[編集]

脚注[編集]