福岡県立修猷館高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福岡県立修猷館高等学校
福岡県立修猷館高等学校正門
過去の名称 東学問所修猷館
福岡県立英語専修修猷館
福岡県立尋常中学修猷館
福岡県中学修猷館
福岡県立中学修猷館
福岡県立高等学校修猷館
国公私立の別 公立学校
設置者 福岡県の旗 福岡県
学区 福岡県第六学区(旧第七学区)
設立年月日 (藩校)
1784年
(福岡県立英語専修修猷館)
1885年
創立記念日 5月30日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 40142A
所在地 814-8510
福岡県福岡市早良区西新六丁目1番10号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
福岡県立修猷館高等学校の位置(福岡県内)
福岡県立修猷館高等学校

福岡県立修猷館高等学校(ふくおかけんりつしゅうゆうかんこうとうがっこう、英称:Fukuoka Prefectural Shuyukan High School)は、福岡県福岡市早良区西新六丁目1番10号にある男女共学の公立高等学校である。略称「修猷館(しゅうゆうかん)」、「修猷(しゅうゆう)」。

概観[編集]

修猷館の名は尚書(書経)「微子之命」の章句、「踐脩厥猷」(湯王(天乙)の道を踏み修む)から取られた。藩校設立以来230余年、校名に一貫して"修猷館"を掲げている。

自由な校風で知られ、生徒に学校運営をほぼ委ねる自治を認めている。生徒を「館生」、校長を「館長」、校歌を「館歌」、校旗を「館旗」と称する。

アイザック・ニュートンリンゴの木の子孫や太宰府天満宮の飛梅が敷地内に植えられている。

福岡県立福岡高等学校とは、その前身である旧制福岡中学が1917年に修猷館の寄宿舎の一部を借りて開校したことや、1927年の火災で福岡中学校舎が全焼した際、福中復興支援を全校で行ったこともあり両校の関係は特別に深い。

また武士の町・福岡の代表としての修猷館高校と、対する商人の町・博多の代表としての福岡高校という良きライバル関係を互いに受け継いでいる。ラグビー部では毎年天皇誕生日に福高定期戦を行っている他、バスケット部、バレーボール部、剣道部も福岡高校と現役選手及びOBを交えた定期戦を行っている。

さらに東京修猷会の周年行事、ラグビー部・野球部などの長い伝統を持つ部の周年行事には良きライバル校として福岡高校の関係者も招待することが慣行である。[1]。福岡高校100周年の春には、春日公園にて記念試合を行い、両校とも雨の中全校で応援に向かった。

制服は、男子は一般的な黒学ラン(標準型学生服)、女子は紺のセーラー服で、共通の校章を襟につける。食券制の学食も設置している。

沿革[編集]

  • 1783年天明3年)6月24日(旧暦) - 福岡藩第9代藩主黒田斉隆江戸幕府第11代将軍徳川家斉の実弟)が藩儒竹田定良、儒医亀井南冥藩校創建を命じる
  • 1784年(天明4年)2月1日(旧暦) - 福岡藩の藩校として甘棠館西学問稽古所)開館[2] 初代館長は亀井南冥
  • 1784年(天明4年)2月6日(旧暦) - 同じく福岡藩の藩校として修猷館東学問稽古所)開館。初代館長は竹田定良
  • 1798年寛政10年)1月29日(旧暦) - 唐人町より発した大火により甘棠館焼失。生徒は皆修猷館に編入し以後福岡藩の藩校は修猷館のみとなる。
  • 1871年明治4年)10月25日 -廃藩置県により、福岡県が成立。後の1874年 福岡県はこの地に診療所を設置、これが九州大学の起源となる
  • 1879年(明治12年)1月5日 - 向陽社(後の玄洋社)により向陽義塾設立
  • 1881年(明治14年)1月7日 - 向陽義塾閉塾
  • 1881年(明治14年)1月7日 - 向陽義塾を引き継ぎ、旧福岡藩主黒田家により藤雲館設立
  • 1885年(明治18年)侯爵黒田長溥金子堅太郎と福岡の旧藩士の尽力により、廃止から十四年振りに修猷館を再興することが決定[3][4][5]
  • 1885年(明治18年)5月30日 - 福岡県令より、英語専修学校である福岡県立修猷館[6]の設置が告示される(同日を創立記念日としている)
  • 1885年(明治18年)9月10日 - 福岡県立修猷館を開館[7] 開館式を行う 黒田家の寄付により藤雲館の校舎・什器一切を引き継ぐ
  • 1887年(明治20年)3月26日 - 原因不明の出火により全焼。一時的に旧警固小学校跡に移転
  • 1889年(明治22年)3月13日 - 福岡県立尋常中学修猷館と改称
  • 1889年(明治22年)3月15日 - 隈本有尚館長、金子堅太郎栗野慎一郎らの尽力により旧藩校修猷館跡である大名町堀端(現・中央区赤坂1丁目)に再建・移転
  • 1891年(明治24年)3月24日 - 投石事件[8]
  • 1894年(明治27年)12月 - 六光星の徽章を制定
  • 1899年(明治32年)4月1日 - 中学校令改正に伴い、新年度より福岡県中学修猷館と改称
  • 1900年(明治33年)7月17日 - 大名町から西新町(現在の場所)へ移転
  • 1901年(明治34年)5月4日 - 福岡県立中学修猷館と改称
  • 1923年大正12年)3月5日 - 館歌制定
  • 1925年(大正14年)4月1日 - 福岡県中学修猷館と改称
  • 1926年(大正15年)菁莪堂建設[9]
  • 1927年昭和2年)6月22日 - 福岡中学校舎火災に伴い修猷館の一部を仮校舎として貸す
  • 1945年(昭和20年)6月19日 - 福岡大空襲により大きな被害を受ける
  • 1948年(昭和23年)4月1日 - 学制改革に伴い、新年度より福岡県立高等学校修猷館と改称[10]
  • 1949年(昭和24年)4月20日 - 新年度より男女共学となり、初めての男女共同入学式実施
  • 1949年(昭和24年)8月31日 - 福岡県立修猷館高等学校(現校名)と改称
  • 1985年(昭和60年) - 創立200周年記念事業開始( - 1987年) 同年3月26日、新菁莪堂(正しくは菁莪記念館[11])竣工
  • 1998年平成10年)3月 - 新校舎建設事業開始 (卒業式を待ち、まず最初に講堂が解体)
  • 2000年(平成12年) - 第一期工事(教室棟)完成
旧正門
  • 2002年(平成14年)4月 - 文科省よりスーパーサイエンスハイスクール(第一期)の指定を受ける(2006年度を以て終了)
  • 2002年(平成14年) - 第二期工事(管理棟)完成 校舎建て替え・福岡県立博多青松高等学校の開校により定時制課程を閉課
  • 2003年(平成15年) - 第三期工事(新体育館)完成
  • 2005年(平成17年) - 第四期工事(プール、弓道場、ヨット部艇庫)完成
  • 2008年(平成20年) - 第五期工事(新講堂、新正門)完成 これにより10年に亘る新校舎建設事業完了
  • 2013年3月18日 - 旧正門が福岡市登録文化財に登録される

徽章[編集]

六光星

六光星と呼ばれている。1894年(明治27年)12月、当時の館長隈本有尚によって、日清戦争直後の興隆する国運を背景に制定された。由来は朱舜水の「楠公賛」の冒頭の句「日月麗乎天」によるものであり、日月と輝きを同じくする星の光に将来を荷う若き青年の希望を託したものである。なお、この星の形は北極星をかたどったものであり、永久にゆるがぬ人生の指針をこの星に仰ぐという意味がこめられているとも言われている[12]

隈本は、昭和9年に当時の館長古賀毅への書簡において六光星の由来を記しており、その中でデザインの選定理由を「技術上(下絵製作上)にも等辺三角形を重ねるのであれば職人に於て手落あるまじく」と述べている[13]。このように、上下逆転させた2つの正三角形を重ねたシルエット(各頂点の内角は60°)が正式な形である。

なお、一部の古い旗や制帽では星型の各頂点の角度が60°より小さく、鋭くなっているものがある。このようなデザインは校内のデザインやステッカー、刊行物にも見られ、第二のスタンダードとなっている。

館歌[編集]

ShuyukanKanka.ogg 館歌[ヘルプ/ファイル] (指揮:荒谷俊治 管弦楽:九州交響楽団

応援歌等[編集]

  • 長い歴史の中で数々の応援歌等が受け継がれている。代表的なものに、“彼の群小”、“玄南の海”、“輿望は重し”、“夫れ北筑”など。

組織[編集]

  • かつては定時制通信制も存在したが、現在は全日制普通科のみ。
  • かつては修猷学館という補習科(福岡県立校におかれた既卒生のためのクラス)由来の予備校(他校卒も入学可)が存在した。学校裏にあり、教員はこの学校の教員であり模試も高校と共通であった。九大や国立大医学部へ多数輩出した。1995年に閉校となった。
  • 2年次から文系理系のクラスに分かれる。文系・理系普通クラスのほかに、文系英数クラス・理系英数クラス・理系医学部進学クラス(通称医進)が存在する。

学校生活[編集]

特に校訓・校則を定めず、自由闊達な校風が醸成され、自主独立の精神を受け継ついできていることを背景として、生徒による大幅な自治が認められている。そのため校則は存在しないが、生徒心得という明文化されたルールが存在する。

風紀検査は行われない。生徒手帳は存在していないが、同等の効力を有するものとして在学証明書が発行されている。

校内での携帯電話の所持・使用が認められていることなど規則は緩やかであるが、私服登校やオートバイ通学は認められていない(1985年頃まではオートバイの通学は許可されていたが、PTAによるオートバイの三ない運動の影響によって廃止)。

部活動への入部率が高く、多くの文化部で兼部が可能である。

時制[編集]

  • 朝課外 - 7:35-8:25
  • 朝読書 - 8:40-8:50
  • HR - 8:50-9:00
  • 1限目 - 9:00-9:50
  • 2限目 - 10:00-10:50
  • 3限目 - 11:00-11:50
  • 第Ⅰ昼休み - 11:50-12:30
  • 4限目 - 12:30-13:20
  • 第Ⅱ昼休み - 13:20-13:40
  • 5限目 - 13:40-14:30
  • 6限目 - 14:40-15:30
  • (HR)
  • 7限目 - 15:40-16:30(火・木のみ)
  • (HR)

掃除は時制に組み込まれていないが、各クラスに割り振られた場所を放課後に掃除することになっている。

二つの昼休みを通称Ⅰ昼・Ⅱ昼と呼ぶ。 生徒総会などがあるときにはその準備などのためにⅠ昼とⅡ昼の時間が入れ替わる。

多くの生徒が普段は40分間の1昼で昼食を済ませるが、Ⅰ昼・Ⅱ昼入れ替え時制の日には20分間で昼飯を済ませなければならなくなる。 そのため売店では第Ⅰ昼休みと第Ⅱ昼休みが入れ替わる日のみテイクアウトの弁当を販売していた。2019年現在ではランチボックスと称して通年販売中である。

3年生になると選択科目に準じて放課後補修が実施される。早朝・放課後・休日に自習をする生徒も多くなり、部活動引退後はその傾向がさらに顕著になる。

学校行事[編集]

修猷2大行事[編集]

外部に広く公開される大規模な学校行事は年に2回存在する。いずれも企画立案段階から各行事における生徒運営委員会が設置され、生徒主体の運営が行われる。またこれらの行事の直前期には、授業時制が大幅に短縮されて50分授業×6限から40分授業×4限になり、午後は作業・練習の時間となる。

修猷大文化祭
毎年6月上旬頃の土曜・日曜の連日に開催されていたが、平成20年度からは3月中旬ごろの土曜・日曜に移行された。また、3年生は参加しない。例年、一般公開されている。内容を大別すると、各クラスが一体となって展示や劇を行うクラス企画、文化部が部活動の内容や成果を紹介したり部活動に関連した内容の展示や劇を行ったりする文化部企画、バンド・歌・ダンスなど有志が中心となっておこなわれる文化祭有志、という3形態がある。
秀逸だったクラス企画には「館長賞」、「六光賞」が与えられる。
2008年度から、6月に文化部を中心とした文化祭『春のフェスト』(クラス展示なし)という行事が開催されることになったが、2009年度から『春のフェスト』は廃止され、代わりに『文化部発表会』となった。
修猷大運動会
毎年9月上旬の日曜日に単日開催。例年、一般公開されている。全校生徒が赤・青・白・黄の4ブロックに分かれて競う。各競技毎と全体での優勝が発表される。
1964年東京オリンピックにおいて国立競技場織田ポールに翻っていた五輪旗は、その見事な大会運営に感動したアベリー・ブランデージIOC会長から同校出身の組織委員会会長の安川第五郎に寄贈され、その後安川から母校である修猷館高校に寄贈された。この五輪旗は長らくこの運動会の入場行進に使用されていたが、現在は劣化したためレプリカを使用し、実物は額に入れられ同校の資料館に展示されている。

その他[編集]

  • 部活動オリエンテーション - 一年生の入学直後、6限・7限で行われる。2週間ほどの体験入部期間の初日となる。
  • 一学年創志研修 - 以前は近郊での宿泊研修だったが、自然災害の影響で平成29年度からは日帰りの自然レクリエーション、校内でのクラス討議などに変更されている。
  • 二・三年学年遠足 - 4月末に行われる学年遠足。二年生は志賀島方面、三年生は能古島へフェリーで遠足に行く。クラスや学年での団結を強める行事である。
  • 創立記念行事 - 5月30日の創立記念日に合わせて様々な文化行事が一日かけて催される。午前中は政財界の要人や科学者、文人などを一人招いて講演会を行う。午後は各方面で活躍する卒業生が出前授業をする卒業生キャリアセミナーが行われる。
  • 二年芸術鑑賞 - 6月中旬、二年生のみ実施する。集団で地下鉄に乗り観劇に向かう。平成30年度は博多座での歌舞伎観劇だった。
  • 小学生ふれあい教室 - 6月中旬、前述の文化部発表会と同日開催。土曜半日授業のあと、近隣の小学生を招いて学校案内を行う。
  • 海外研修 - 7月中旬の一週間で開催。校内から選抜された派遣団が米国西海岸・東海岸の諸都市を隔年で訪問する。同窓会組織からの手厚い補助が不可欠の行事である。
  • クラスマッチ - いわゆる球技大会である。夏休み直前に2日間行われる。大運動会に向けてクラスの団結を高めるプレ大会といった側面をもち、六つの競技部門とクラス総合の両方で成績が発表される。
  • 二年東京研修 - 夏季休業中の8月上旬開催。東京近辺への進学を考える二年生が参加する。大学や企業を訪問する。
  • 東北研修 - 9月末から10月初旬の秋季休業中に開催。2011年度の修学旅行で最初に東北地方を訪れたことから、2018年度まで7年続いた研修旅行。東北の復興に鑑みてここで停止となる。
  • 修猷フェスト - 10月下旬から11月上旬頃に開催。中学生に向けた学校説明会で、部活動の紹介や体験授業などを行う。土曜の午後に開催。午前は卒業生による出前授業。
  • 二年研修旅行 - 10月末から11月初旬にかけて開催。いわゆる修学旅行。学年全体で国内の同じ地方を訪れるが、その中でいくつかのコースに別れて研修をする。行き先は近年では長野県、沖縄県、関西地方と3年毎に変遷している。
  • 菁莪祭 - 校内での図書館祭。読書週間の11月中旬に長期間行われる。期間中は一人あたりの貸出冊数が増えたり、教員による講演会や他校との交流もある。
  • 十里踏破遠足 - 十里行軍とも呼ばれた。糸島半島十里(約40km)を歩き抜く行事(強歩大会)である。毎年2月上旬ごろに開催されていたが、2008年度から12月中旬に引き上げられた。
  • 予餞会- 毎年1月31日に開催。下級生と上級生が対面形式で学校生活や生徒個人の理想、信念を語り合う場となっている。

部活動[編集]

事業部[編集]

  • 執行部 校内雑務・行事運営を担う。
  • 新聞部 修猷新聞・NEO、EXTRAを発行。全国大会出場、全国高文祭優良賞受賞。
  • 応援部 学校行事や試合にて活動。
  • 議長団 生徒会の議事録等を作成。

運動部[編集]

  • 野球部 2009年県大会ベスト4
  • ラグビー部 第4回国体優勝, 2014年福岡県大会優勝(前年全国制覇の東福岡高等学校を下しての優勝)。
  • 陸上部 2009年インターハイ出場。
  • 山岳部 2011年インターハイ出場。
  • 卓球部
  • 水泳部
  • バスケットボール部
  • バレーボール部
  • ヨット部
  • サッカー部
  • 硬式テニス部
  • 軟式テニス部
  • 柔道部 金鷲旗9回優勝
  • 剣道部 玉竜旗6回優勝
  • 弓道部
  • バドミントン部

文化部[編集]

  • ディベート部 ディベート甲子園で2001年に優勝。現在,初出場から18年連続出場中。
  • JRC部 Junior Red Crossの略、ボランティア活動を行う。
  • 吹奏楽部
  • 生物研究部
  • 化学部
  • 物理部
  • 数学研究部
  • 茶道部
  • 華道部 2017年度全国大会出場。
  • 演劇部
  • 美術部
  • 文芸部 部誌「北斗」「七星」を発行。
  • 書道部
  • パソコン部
  • コーラス部
  • 映画制作部
  • 写真部
  • 放送部 2017年度全国大会出場。
  • ESS部

愛好団体[編集]

諸事情あって同好会や部活動としてまだ認可されていないが、有志生徒が集まり大会等に出場したり、学校行事に参加したりしている団体。

  • かるた愛好会
  • クイズ研究会

制服[編集]

男子の冬服は一般的な黒色の学生服に学生ズボン。襟に校章をつける。学生服を脱いで中間服にする場合はカッターシャツ着用。

夏服は半袖のカッターシャツに学生ズボン。シャツのポケットに校章をつける。ベルトの色や形、インナー等は自由。

女子の冬服は紺色のセーラー服で、襟に白い3本線の縁取りがあり、左右の角には六光星の白い刺繍が入っている。襟かポケットに校章をつける。スカートは紺色のジャンパースカート

タイ(スカーフ)は冬服・夏服のどちらも紺色。

夏服のトップスは白のセーラー服で、3本線の縁取りと六光星が青で刺繍されている。襟かポケットに校章をつける。スカートは紺色の吊りスカート

男女とも靴、カバン、靴下は自由。また、体操服の指定はない(名字の記入は必要)。

アクセス[編集]

高校関係者一覧[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2012年5月27日、西新駅1番出口に程近い修猷館高校東側からシーサイドももち福岡タワー先の博多湾岸までS字形に延びる市道約1.6kmが、「サザエさん通り」と名付けられた。漫画『サザエさん』の作者である長谷川町子が、1944年から2年間この近くに住んでいた際、通りの一部にある旧海岸線(現在は埋め立てにより海岸からは離れている)において、『サザエさん』の登場人物であるサザエ、カツオなどの海にちなんだ名前を思い付いたことに由来する。

出典[編集]

  1. ^ 2007年の月刊現代9月号より新連載の名門高校ライバル物語の第一回に、修猷館高校&福岡高校として紹介された。
  2. ^ 藩校修猷館が上級武士を対象に幕藩体制を支える理論重視の朱子学を講じたのに対し、藩校甘棠館は下級武士や町人等を対象に朱子学に批判的な実践重視の徂徠学を講じており、前者の系譜は東学、後者の系譜は西学と呼ばれた。1790年(寛政2年)、江戸幕府老中松平定信寛政の改革で行った学問の統制(寛政異学の禁)による、朱子学以外の学問に対する厳しい圧迫が地方にも及び、藩の上層部は1792年(寛政4年)に亀井南冥を甘棠館館長から罷免し、長男の亀井昭陽が家督を継ぐも、1798年(寛政10年)、唐人町の商家から発した大火の中に甘棠館校舎が焼失し、遂には甘棠館の再興もならず閉校が決定された。その後、西学は亀井昭陽が開いた私塾「亀井塾」としてその命脈を保ち、日田広瀬淡窓秋月原古処、そして博多興志塾を開いた高場乱などを輩出した。興志塾は後に玄洋社を興す頭山満箱田六輔などを輩出している。
  3. ^ 『福岡県教育史』 福岡県教育委員会、1957年、237頁。
  4. ^ 『修猷館二百年史』 修猷館200年記念事業委員会、1985年、75頁。
  5. ^ 近藤典二 『教師の誕生: 草創期の福岡県教育史』、1995年8月、90頁。ISBN 978-4874151242
  6. ^ 再興に際し、文部大臣から、「旧藩校時代の校名は不適切」との理由で校名の変更を迫られたが、旧福岡藩主黒田長溥が、「学校経費はすべて黒田家で出すから館名を残せ」とまで決意し反対したことにより館名は守られた。実際に館の財政は1893年まで黒田家が全額負担しており、黒田家の援助から離れ完全に県費負担となるのは1900年のことである(青木秀『修猷山脈』西日本新聞社、1971年、4,29,30頁より引用)。
  7. ^ 再興された修猷館の初代館長である隈本有尚は、夏目漱石の小説「坊つちやん」に出てくる数学教師・山嵐(堀田)のモデルとされており、1897年(明治30年)には、当時旧制第五高等学校教授であった漱石が英語授業の視察で修猷館を訪れ隈本館長に面会している。
  8. ^ 修猷館の校庭から何者かによって投げられた瓦の破片が、通りを進んでいた福岡歩兵二十四連隊の隊列の兵士の小銃に当たったことに端を発し、ついには陸軍省文部省の対立にまで発展した事件。当時の尾崎臻館長が辞任、佐藤正連隊長が更迭されるに至った。
  9. ^ 修猷館同窓会 » 沿革” (日本語). 2019年2月11日閲覧。
  10. ^ GHQから「修猷館」という名が封建的であるとして改名を示唆されたが、修猷館OBの粘り強い努力によって館名は守られた。修猷館の正門および南門(以前の正門)の門柱にある「福岡縣立修猷館髙等學校」の文字は、緒方竹虎の揮毫によるものである。
  11. ^ 菁莪記念館3階を菁莪堂と呼ぶが、菁莪堂はあまり使用されないため区別は曖昧である。
  12. ^ 六光星の由来 修猷館高等学校ホームページ
  13. ^ 『修猷館二百年史』 修猷館200年記念事業委員会、1985年、111-112頁。

参考文献[編集]

  • 大塚覚『修猷館物語』(修猷通信、1962年(昭和37年))
  • 青木秀『修猷山脈』(西日本新聞社1971年(昭和46年))
  • 修猷館二百年史編集委員会『修猷館二百年史』(修猷館200年記念事業委員会、1985年(昭和60年))

関連項目[編集]

外部リンク[編集]