近畿大学附属広島高等学校・中学校福山校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
近畿大学附属広島高等学校・中学校福山校
過去の名称 福山電波工業専門学校
福山電波工業高等学校[1]
近畿大学附属福山高等学校・中学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人近畿大学
校訓 人に愛される人、信頼される人、尊敬される人、になろう[2]
設立年月日 1960年2月1日[1]
創立記念日 11月5日[3]
創立者 藤井正男
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース (中学校)[4][5]
難関進学クラス
文理進学クラス
(高等学校)[6][7]
中高一貫コース
特別進学コース
体育進学コース
学期 3学期制
高校コード 34529G
所在地 720-0835
広島県福山市佐波町389番地[8]
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

近畿大学附属広島高等学校・中学校福山校(きんきだいがくふぞくひろしまこうとうがっこう・ちゅうがっこうふくやまこう)は、広島県福山市佐波町に立地する近畿大学附属私立高等学校中学校である。

通称は「近大(きんだい)」、「近福(きんぷく)」、「近大福山」など。設置者は学校法人近畿大学で、系列校ではあるが内部進学者は3~4割程度であり、他大学への進学等の実績もある。校歌は学校法人近畿大学に移管時から近畿大学と同じであったが、発足30周年を機に独自の校歌へ変更した。

沿革[編集]

  • 1960年 - 元衆議院議員、元福山市長の藤井正男により、現在地において学校法人藤井学園を創立する。
  • 1961年 - 福山電波工業高等学校(電気通信科、電子工業科)を設置。
  • 1962年 - 電気科、工業経営科を増設。
  • 1966年 - 普通科を増設。
  • 1972年 - 学校法人近畿大学に移管し、近畿大学附属福山高等学校として発足。
  • 1979年 - 電気通信科、電子工業科、電気科、工業経営科を廃止。
  • 1986年 - 男女共学化。
  • 1994年 - 近畿大学附属福山中学校を併設。
  • 1996年 - 近畿大学附属福山高等学校東広島校舎を開設する。
  • 1999年 - 近畿大学附属福山高等学校東広島校舎が独立し近畿大学附属東広島中学校・高等学校となる。
  • 2001年 - 新校歌制定。
  • 2009年 - 高校新校舎設置。
  • 2011年 - 二号館・本館を解体、その跡地に新校舎およびサブグラウンドを建設開始。
  • 2013年 - 校名を「近畿大学附属広島高等学校・中学校福山校」に変更[9]

部活動[編集]

  • 軟式野球部 - 過去に1回・1回の甲子園出場(ともに初戦敗退)。
  • 柔道部 - 金鷲旗全国高等学校柔道大会で優勝の経験もある。
  • 卓球部 - 男女ともに全国大会に出場する。
  • 陸上競技部 - 高校駅伝女子部に出場する。

著名な卒業生[編集]

福山電波工業高等学校時卒業生
近畿大学附属福山高等学校卒業生

関連校[編集]

最寄駅[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 沿革”. 近畿大学附属福山高等学校・中学校. 2013年1月7日閲覧。
  2. ^ 学校紹介”. 近畿大学附属福山高等学校・中学校. 2013年1月7日閲覧。
  3. ^ 創立記念日(11/5(月))による学園休業日のお知らせ”. 近畿大学附属福山高等学校・中学校. 2013年1月7日閲覧。
  4. ^ 平成25年度募集要項 (中学校) (PDF)”. 近畿大学附属福山高等学校・中学校. 2013年1月7日閲覧。
  5. ^ 中高一貫コース”. 近畿大学附属福山高等学校・中学校. 2013年1月7日閲覧。
  6. ^ 平成25年度募集要項 (高等学校) (PDF)”. 近畿大学附属福山高等学校・中学校. 2013年1月7日閲覧。
  7. ^ 教育課程”. 近畿大学附属福山高等学校・中学校. 2013年1月7日閲覧。
  8. ^ a b 施設案内”. 近畿大学附属福山高等学校・中学校. 2013年1月7日閲覧。
  9. ^ 平成25年4月1日から「近畿大学附属広島高等学校・中学校福山校」に校名を変更しました”. 近畿大学附属広島高等学校・中学校福山校. 2013年4月1日閲覧。
  10. ^ 尾道線”. 鞆鉄道株式会社. 2013年1月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]