近畿大学体育会硬式野球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

近畿大学体育会硬式野球部(きんきだいがくたいいくかいこうしきやきゅうぶ)は、関西学生野球連盟に所属する大学野球チーム。近畿大学の学生によって構成されている。

ユニフォームの表記は、2015年度までは赤文字で「KINKI」であったが、2016年度からは赤文字で「KINDAI」に変更された(2016年4月1日より、同学の英文名称が「KINKI UNIVERSITY」から「KINDAI UNIVERSITY」に変更されたため)。野球帽にも赤色の「K」の一文字が記されている。

なお、広島県東広島市にキャンパスを置く同大学工学部広島六大学野球連盟に所属)、および福岡県飯塚市にキャンパスを置く同大学産業理工学部(九州地区大学野球連盟に所属)も、それぞれ独自に硬式野球部を設けている(いずれも、ユニフォーム・野球帽のデザインは本部のものと同じ)。

歴史[編集]

1949年(昭和24年)創部。

2013年、春季リーグ戦で8季ぶり44度目の優勝となったが[1]8月2日に近畿大学は野球部員が5月8日に窃盗を行った容疑で7月25日に奈良県警に逮捕されたことを明らかにし、この部員の無期限停学処分と、野球部の秋季リーグへの参加辞退、および3カ月の活動停止処分とする事を発表した。また監督の榎本保と部長の浦崎直浩は大学に辞任を申し出ている[2]


本拠地[編集]

記録[編集]

主な出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 近大が8季ぶり44度目V/関西学生野球リーグスポーツニッポン2013年5月18日配信
  2. ^ 近大が秋季リーグ辞退へ 窃盗容疑で野球部員逮捕スポーツニッポン2013年8月2日配信

外部リンク[編集]