横山小次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
横山 小次郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 高知県土佐市
生年月日 (1942-07-23) 1942年7月23日(75歳)
身長
体重
172 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1965年
初出場 1966年
最終出場 1974年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

横山 小次郎(よこやま こじろう、1942年7月23日- )は、高知県土佐市出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

中学時代はエースで一番を打ち、県大会準優勝。

高知高校では1960年夏の甲子園南四国予選で準決勝に進出するが、徳島商業高校に敗れる。高校卒業後は、近畿大学に進学。関西六大学リーグでは1962年秋季リーグで一部昇格。優勝には届かなかったが、1963年秋季リーグから2シーズン連続2位に貢献した。大学卒業後の1965年東京オリオンズへ入団。

1968年には主に中継ぎとして起用され、34試合に登板した。翌年から低迷し、1970年には一軍戦での登板がなくなる。しかしイースタン・リーグでは10勝7敗という成績で、最多勝利投手となった。1971年6月1日にはイースタン・リーグ史上4人目のノーヒット・ノーランを達成、その後一軍入りして、同年は自己最多の5勝を挙げた。1973年飯塚佳寛内野手との交換トレードで広島東洋カープへ移籍し、1974年オフに引退した。

上手投げからシュート、カーブ、フォークを武器とした。

ノーヒット・ノーラン[編集]

・ロッテの7年生投手、横山が1971年6月1日、イースタン・リーグ史上4人目のノーヒット・ノーランをやってのけた。東映・多摩川グラウンドで行われた対東映2回戦。カーブの切れ、制球力ともよく、7回1死までは完全試合。このあと猿渡に2-3から四球を与え、8回1死から代打・八重沢を遊ゴロ失で出塁させた二人だけ。131球の横山の投球内容は三振5、四球1、内野ゴロ14、内野フライ2、外野フライ5.この快記録で今季5勝目を飾った横山は「記録を意識したのは6回ごろから。カーブがよかった。しばらく登板してなかったので多少バテ気味だったけど、自分のピッチングをしょうと心がけたのがよかった」この横山、43年には一軍で4勝を挙げた実績もあり、体「1メーター72」は小さいがまとまりのある投手と定評がある。やられた東映コーチ陣は、「あんなピッチャーを二軍で登板させるなんて勿体無い。ウチなら一軍でバリバリやってるよ」と羨ましがっていた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1966 東京
ロッテ
6 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 31 7.0 6 0 5 0 1 7 0 0 1 1 1.29 1.57
1967 5 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 52 11.0 13 4 2 0 1 4 0 0 11 7 5.73 1.36
1968 34 4 0 0 0 4 4 -- -- .500 375 89.2 81 8 27 8 4 53 1 1 39 35 3.50 1.20
1969 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 17 3.1 7 1 0 0 0 0 0 0 4 4 12.00 2.10
1971 36 4 0 0 0 5 4 -- -- .556 327 79.2 68 10 25 6 6 41 0 0 32 31 3.49 1.17
1972 42 6 0 0 0 1 6 -- -- .143 396 92.0 100 16 26 7 3 34 2 0 61 57 5.58 1.37
1973 広島 10 0 0 0 0 0 1 -- -- .000 70 17.0 16 3 6 1 1 8 0 0 8 7 3.71 1.29
1974 7 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 40 9.2 11 0 3 1 1 3 0 0 5 5 4.50 1.45
通算:8年 142 14 0 0 0 10 15 0 -- .400 1308 309.1 302 42 94 23 17 150 3 1 161 147 4.28 1.28
  • 東京(東京オリオンズ)は、1969年にロッテ(ロッテオリオンズ)に球団名を変更

背番号[編集]

  • 13 (1965年 - 1972年)
  • 32 (1973年 - 1974年)

関連項目[編集]