村西良太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
村西 良太
オリックス・バファローズ #22
Ryota Muranishi 20210610.jpg
京セラドーム大阪にて(2021年6月10日)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県淡路市
生年月日 (1997-06-06) 1997年6月6日(24歳)
身長
体重
174 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2019年 ドラフト3位
初出場 2020年6月25日
年俸 1300万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

村西 良太(むらにし りょうた、1997年6月6日 - )は、兵庫県淡路市出身のプロ野球選手投手)。右投左打。オリックス・バファローズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校3年生より野球を始めた[2]。当初は足の速さを活かして、中堅手であったが、小学校4年からは遊撃手を務めていた[2]淡路市立津名中学校時代はクラブチームのアイランドホークスへ所属していたが、主なポジションは外野であった[2]

高校は兵庫県立津名高等学校へ進学し、1年秋からベンチ入りを果たしていたものの、控え投手として高校野球を終える[3]。最高成績は2年秋の兵庫県大会3位[4]。近畿大会では和歌山県1位の箕島と対戦し、3回よりリリーフ登板し、失点0の好投を見せた[5]。甲子園出場経験はなし[4]

大学は近畿大学監督の田中秀昌の強いラブコールにより同大学へ進学[6]。3年秋には10試合に登板し関西学生リーグの制覇に貢献した[7]。大学時代は10球団から調査書が届いていた[8]

2019年のドラフト会議オリックス・バファローズから3位指名を受け、11月15日に契約金5500万円・年俸1000万円(いずれも金額は推定)で仮契約を結んだ[9]。背番号は22。担当スカウトは内匠政博[10]

オリックス時代[編集]

2020年は新型コロナウイルスの影響で120試合制の短縮シーズンとなり、開幕も6月に延期されたものの、開幕ローテーション入りを果たした[11]。6月25日の千葉ロッテマリーンズ戦でプロ初登板初先発となったが、初回に満塁本塁打を打たれるなど、3回5失点で敗戦投手となった[12]。翌26日に出場選手登録を抹消され[13]、8月9日に中継ぎとして一軍再昇格[14]。同16日の福岡ソフトバンクホークス戦でプロ初のリリーフ登板を果たすも[15]、8月28日に再び登録抹消となり[16]、その後10月1日に右肘の手術(鏡視下右肘頭骨棘切除術・骨接合術)を受け[17]、残りのシーズンはリハビリに費やした。ルーキーイヤーは4試合(1先発)の登板で0勝1敗・防御率9.00という成績に終わり、オフに130万円減となる推定年俸870万円で契約を更改した[18]

2021年は5月4日に一軍へ昇格し[19]、同日の埼玉西武ライオンズ戦でプロ初ホールドを記録[20]。さらに5月18日のロッテ戦でプロ初セーブ[21]、6月3日の阪神タイガース戦ではプロ初勝利を挙げた[22]。東京五輪による中断期間に伴って7月15日に登録を抹消されると[23]、後半戦の開幕を二軍で迎え、その後2度一軍へ昇格したものの[24][25]後半戦の一軍登板は1試合(9月29日のロッテ戦[26])のみにとどまった。この年は18試合のリリーフ登板で1勝0敗5ホールド1セーブ・防御率3.75を記録し、12月6日の契約更改交渉では球団からアップ提示を受けるも保留[27]。同15日に行われた2度目の契約更改交渉にて前回と同額(430万円増)となる推定年俸1300万円でサインをした[28]

選手としての特徴[編集]

中学校1年からサイドスローに転向した[2]ストレートの最速は152km/h[29]スライダーカーブスプリットを投じる[30]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2020 オリックス 4 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 39 8.0 6 2 10 0 0 5 0 0 8 8 9.00 2.00
2021 18 0 0 0 0 1 0 1 5 1.000 62 12.0 15 1 9 0 2 7 0 0 7 5 3.75 2.00
通算:2年 22 1 0 0 0 1 1 1 5 .500 101 20.0 21 3 19 0 2 12 0 0 15 13 5.85 2.00
  • 2021年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2020 オリックス 4 0 1 0 0 1.000
2021 18 0 3 0 0 1.000
通算 22 0 4 0 0 1.000
  • 2021年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 22(2020年 - )

登場曲[編集]

  • 『淡路サンセットライン』Shurkn Pap(2020年 - )

脚注[編集]

  1. ^ オリックス - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年12月16日閲覧。
  2. ^ a b c d “子どもの頃はエースじゃなかった オリックス3位・村西投手に聞く”. 神戸新聞NEXT (神戸新聞). (2020年1月30日). https://www.kobe-np.co.jp/news/awaji/202001/0013072972.shtml 2020年2月22日閲覧。 
  3. ^ “【関西学生のキーマン】剛腕でいざ連覇 近大・村西良太投手”. スポーツニッポン (スポーツニッポン). (2019年4月2日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/yomimono/kansaiuniv/kiji/20190402s00001406196000c.html 2020年2月22日閲覧。 
  4. ^ a b “淡路市出身、近大・村西 オリックスから3巡目指名”. ラジオ関西. (2019年10月18日). https://jocr.jp/raditopi/2019/10/18/4149/ 2020年2月29日閲覧。 
  5. ^ “エースになれなかった中・高時代 転機となったサイドスロー 近畿大の152キロ右腕・村西良太”. 高校野球ドットコム. (2019年9月29日). https://www.hb-nippon.com/interview/1935-intvw2019/7770-20190926no1031 2020年2月28日閲覧。 
  6. ^ オリックス3位指名 近大エース村西良太、田中秀昌監督と二人三脚の4years.”. 4years. (2019年10月30日). 2021年6月27日閲覧。
  7. ^ “阪神OBが大学生指導 プロ注目の奈良学園大・菅田、下柳氏助言に「分かりやすかった」”. スポーツニッポン (スポーツニッポン). (2019年2月8日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/02/08/kiji/20190208s00001089273000c.html 2020年2月22日閲覧。 
  8. ^ “今秋ドラフト候補の立命大・坂本が6安打完封、自己最速に並ぶ148キロ計測”. スポーツニッポン (スポーツニッポン). (2019年10月6日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/10/06/kiji/20191006s00001089318000c.html 2020年2月22日閲覧。 
  9. ^ オリックス3位村西が仮契約「開幕1軍を目指して」”. 日刊スポーツ (2019年11月26日). 2021年6月27日閲覧。
  10. ^ オリックス、ドラフト3位・村西良太が仮契約!「持ち味はストレート」”. リアルライブ (2019年11月26日). 2021年6月27日閲覧。
  11. ^ オリックス・ドラ3村西 球団21年ぶり!新人開幕ローテ入り決定的”. Sponichi Annex (2020年6月9日). 2022年1月10日閲覧。
  12. ^ オリックス村西プロの洗礼「悔しいという思いしか」”. 日刊スポーツ (2020年6月25日). 2021年6月27日閲覧。
  13. ^ 広島松山ら登録 小窪ら抹消/26日公示”. 日刊スポーツ (2020年6月26日). 2022年1月10日閲覧。
  14. ^ 【セパ公示】(9日)中日がロドリゲス、オリックスが村西良太とアルバースを登録”. スポーツ報知 (2020年8月9日). 2022年1月10日閲覧。
  15. ^ 2020年8月16日 【公式戦】 試合結果 (福岡ソフトバンクvsオリックス)”. 日本野球機構. 2022年1月10日閲覧。
  16. ^ オリックス・西野が一軍昇格!手術明けで出遅れもファームで打率.355 28日のプロ野球公示”. BASEBALL KING (2020年8月28日). 2022年1月10日閲覧。
  17. ^ オリックスのドラ3・村西が右肘手術 一軍4試合に登板、ここ1カ月二軍登板なし”. BASEBALL KING (2020年10月1日). 2021年6月27日閲覧。
  18. ^ オリックス・村西 “悪夢のデビュー戦”で130万円減 先発での雪辱に意欲「いい思いできるように」”. スポニチ Sponichi Annex (2020年12月2日). 2021年6月27日閲覧。
  19. ^ 【パ・リーグ公示】5月4日 西武・小川が登録、増田が抹消”. サンスポ (2021年5月4日). 2022年1月10日閲覧。
  20. ^ 2021年5月4日 【公式戦】 試合結果 (埼玉西武vsオリックス)”. 日本野球機構. 2022年1月10日閲覧。
  21. ^ オリックス村西良太プロ初セーブ 後輩阪神佐藤輝明に「負けないように」”. 日刊スポーツ (2021年5月18日). 2022年1月10日閲覧。
  22. ^ オリックス村西プロ初勝利 近大の後輩・輝に先輩の意地見せた「記念球は親に贈るか、自分で保管」”. Sponichi Annex (2021年6月4日). 2022年1月10日閲覧。
  23. ^ 【15日の公示】五輪期間中断に伴い、全選手の登録を抹消”. Sponichi Annex (2021年7月15日). 2022年1月10日閲覧。
  24. ^ 阪神佐藤輝明、ロッテ佐々木朗希ら登録、楽天和田恋が抹消/23日公示”. 日刊スポーツ (2021年9月23日). 2022年1月10日閲覧。
  25. ^ 【パ・リーグ公示】10月8日 オリックス・村西が登録、日本ハム・今川は抹消”. サンスポ (2021年10月8日). 2022年1月10日閲覧。
  26. ^ 2021年9月29日 【公式戦】 試合結果 (千葉ロッテvsオリックス)”. 日本野球機構. 2022年1月10日閲覧。
  27. ^ オリックス・村西が保留第1号「もう一度話し合いたい」”. サンスポ (2021年12月6日). 2022年1月10日閲覧。
  28. ^ オリックス村西2度目交渉でサイン「納得できた」前回と同額430万円増”. 日刊スポーツ (2021年12月15日). 2021年12月19日閲覧。
  29. ^ “オリ3位指名の近大・村西、淡路島出身の先輩・近本に続く!「1年目から頑張りたい」”. スポーツニッポン (スポーツニッポン). (2019年10月17日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/10/17/kiji/20191017s00001728292000c.html 2020年2月22日閲覧。 
  30. ^ “Max152キロ右腕の近大・村西 リーグ戦初先発し5回1安打1失点で初勝利”. スポーツニッポン (スポーツニッポン). (2019年4月7日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/04/07/kiji/20190407s00001089349000c.html 2020年2月22日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]